2017年11月04日

福臨門 @ 落合

★★★★☆

ここの酢豚かなり好き。外側をサクッと

揚げられた豚肉の酢豚は酸味と甘みが

まろやかに融合していておいしいな

小籠包ももらってビールで晩酌を楽しんだ

ちょっと外観は怪しいが味は◎な町中華

E482DCF7-D197-4E98-BDEC-591E73AEAB5D.jpg


落合で女房と夕飯

サクッと外食して帰ろうと路地裏にあった

怪しい外観の中華料理店に惹かれ、

気乗りしてない女房を口説いて入店

EAF2CC6A-B9CB-4F45-90E0-F6D4EF1258A1.jpg

9F049CF6-6097-4FE2-BB78-9A134593AAE0.jpg


リーマングループが気持ちよさげに酒を呑み

若い男性がひとり夕食を摂っている

テーブル席に座ってメニューを眺め

女房は<高菜チャーハン>を選んだ

C2C79FA6-0569-436E-8D9E-3B60E304DE03.jpg


夕飯に米を食べないことにしている自分は

<ビール(大瓶)>と<酢豚>をもらい

さらに<小籠包>をシェアすることに

先にビールが運ばれて女房と注ぎ合う

293299AF-97A9-426B-A410-FEE4278E67AF.jpg


小籠包が先に供されて箸をつまんでレンゲへ

のせる。皮に箸で穴を開けたが期待ほど

スープが出て来ない。味は悪くないが、

包まれてるスープがもう少し量あるといいな

64D55570-0425-4740-8C16-5A59E08C3998.jpg


何と言ってもおいしかったのが“酢豚”

あのパイナップルが入ってるヤツは

自分は好きでないが、これには入ってない

一度揚げられた豚肉のサクッとした外側の

食感の後、ジューシーに旨みが滲み出る

258BBAB7-E045-4732-8E0E-A7C9F729039A.jpg

901F3178-29A8-480E-BAF6-43F871937167.jpg


酢豚とビールを交互に味わいごちそうさま

男性2,980円、女性2,680円で飲み食べ放題

なんてメニューもあるが、この料理のコスパなら

個人的には、かなり有りだな

DCADFBD8-4982-46A8-9736-6AE8A4E3CE16.jpg

5B43D32D-1B43-4545-BB60-1853351F00DC.jpg


#中華

posted by ノムさん at 08:03| 東京 ☁| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喰場の心 @ 曙橋

★★★★☆

シャンパングラスで心地よい吟醸香を感じ

フルーティで後キレのよい飲み口を愉しむ

お気に入りの“山本”と“赤武”にうっとり

400円前後がコアの価格帯も気軽さがいいね

カジュアルに楽しめる日本酒ダイニング

E86591B2-7EB4-40F5-A132-4B4C6BFB3938.jpg


曙橋で2次会

1次会からの帰り道、日本酒談義に華が咲き

もう1軒寄って行こうと日本酒好き4人で訪問

常連の仲間が直前に電話予約してくれた

DF69B135-3976-467A-8DD4-1CE218102661.jpg

D233963B-199A-47E0-AD0C-76E60DCECFE3.jpg


プレミアムな人気銘柄から、日本酒好き達が

高く評価するニッチな銘柄まで、

充実の品揃えから1杯目に選んだのは、

<山本 純米吟醸 潤黒・90ml 440円>

533707E9-03CD-4995-91D0-D4FCF702E547.jpg

ほのかな吟醸香も味もなんとも清々しい


お通しには、3匹の“ゆでエビ”が供された

0CFFDB07-190A-48E7-BBCF-930A465EABE4.jpg


酒の肴に注文したのは、<いぶりがっこの

マスカルポーネ和え・550円>

0D669B99-65B1-4BE1-8313-61AEC5584903.jpg

8C10626E-900C-4FED-9740-D2A60D46C9AE.jpg

いぶりがっこの食感とマスカルポーネの

潤沢な風味をクラッカーに添えていただく

これは日本酒に合うねぇ


店主との話の流れで旬のひやおろしを

いろいろと紹介していただいて

B21AAA9E-3BD6-4A39-BA1B-E1E517DF9D5B.jpg

3899577C-2D31-45B6-AB18-C82890048D02.jpg


もう1杯注文したのは、

AKABU 純米ひやおろし・410円>

FD556D91-C1B6-4D94-A2E8-777869D5372A.jpg

香り、甘み、酸味とバランスのいい味わい


昨年(2016年)開店したこちら、

まだまだ人気は上昇しそうな日本酒処だ

9ADFDD60-E6F9-41C2-8E11-1094C99F47CC.jpg

手頃な価格での飲み放題付きコースも

あったりするので、今度は、日本酒好きの

仲間達と1次会から来たいな


#日本酒

posted by ノムさん at 07:24| 東京 ☁| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒロミヤ @ 曙橋

★★★★★

見るからに上質な牛タン、ハラミ、ツラミ

刺でも食べられるであろう角の立ったレバー

それを七輪で炭焼きして食らい、飲み放題の

酒を仲間と飲み交わすコスパ沸騰の肉の宴だ

次は2019年に予約をとった超人気焼肉店

CD95EAAD-A965-4F59-9735-92EEF957050B.jpg


曙橋で焼肉オフ会

本店2階の貸切を約1年前に予約し、

仲間を募って満を持して何度目かの訪問

この間に2階の内装はリニューアルされ

店舗や貸切スペースも拡充された

73C794ED-0069-44AC-90F9-F906A622ECF4.jpg


ドリンクも生ビールサーバーが導入され

ジョッキに注いでみんなで乾杯

テーブルには、もやしナムル、キムチ、

韓国のりがセッティングされている

F69D3B07-43C0-4D8C-A6D5-1EE220FCF865.jpg


牛タン、ハラミの盛合せが1階から運ばれて

上質焼肉がスタート

レモンを搾って食す牛タンもタレでいただく

ハラミも食感、素材の旨みと相変わらず◎

6E482B20-9B30-4B9C-8223-34DDA0CF427D.jpg

E465F06E-E020-46BC-95E4-90ABAD0F2002.jpg

DCAD6B52-9ABC-4385-A66D-6CD0BF25C275.jpg


次に供されたレバーは軽く火を通したが

そのまま刺しで食べたくなるくらい鮮度高し

78FD8524-0CF9-4B2F-91AA-83EB94DD9465.jpg


サーロイン、ツラミ、トントロ、タンシタ

まだあったけど記録モレ

7814AFA9-FD7C-40DD-800E-7BAD7F844EC6.jpg

D0327757-AC73-4A2E-B5FA-3FDF18295D2B.jpg


でも素材は間違いないし、呑み友のひとりが

焼き奉行買って出てくれて焼きも絶妙で旨った

BA74AAA5-1A67-4675-8CB9-6C0373DFE51F.jpg

D5DBFBA4-1AF4-453C-9842-7BD4C232320F.jpg


仲間のひとりが持ち込んでくれた新政の

極上の“亜麻猫”、“ラピス”を開栓し

その上品でいて華やかな味わいを愉しんだ

72518839-07EE-4E77-8531-E688FD16BDFF.jpg

038F9FE1-F248-4E83-A5BB-07FBB160764D.jpg

あとは、大好きなキンミヤ焼酎をホッピーで

割って気兼ねのない貸切の宴を堪能


〆にはコシの強い“冷麺”が供され、

サッパリとお腹を満たしてちょうどお時間

会費は16,000円ポッキリなのも嬉しい

32499F1E-9511-406A-8EF5-ACDD61DDF662.jpg

14112FD0-04EF-4898-B16C-BAE9536D588F.jpg


実は、1年後にも予約してあるけど

さらに次の予約をしてみればその翌年

年に1度の貸切の焼肉の宴、次回も楽しみだ

88AF7435-56C5-4911-9909-087CBB00484F.jpg


#焼肉

posted by ノムさん at 07:11| 東京 ☁| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

魚仁 @ 月島

★★★★★

この日、僕らは“箱ウニ”を目指した。

箱に並んだウニを誰にも気兼ねなくたっぷり

食べられる幸せ。それもとてもリーズナブル。

口にトロける“のうてん刺”もまた旨過ぎだ。

鮮度抜群の素材を堪能できる海鮮酒場の名店。

20768133-FB1D-4E62-8315-9AF95270EF65.jpg


月島で肴を食らう。

ちょっと残念なことがあった同僚と自分。

「こんな日は、箱ウニだろう!」と魚仁へ。

待ちの行列に並んだが、早い時間から利用の

主婦らしいグループとすぐに入れ替われた。

5ABCAC5A-E00D-451E-A180-633328B43C13.jpg


<生ビール・400円>で同僚と乾杯。

 7E94BEBF-5FBF-4BD3-8C2F-A450EC50EBE2.jpg


早速、<ウニ(大)・2,000円>を注文。

因みにウニは時価で、前回より安くなった。

外食店でこの値段で鮮度のいい大箱のウニを

食べられるのはとってもコスパいい。

04733163-7251-4F8F-BFB6-EE3AC0C1A30D.jpg

大好物のウニを2人でわさび醤油で

思う存分口に運び、生ビールで流す。

残念なことを一時忘れるリーマン最高の贅沢。


ワイルドに刺身が盛られる人気メニューの

<おまかせ盛り・2,000円>もいいが、

2人にはかなりの量だとわかってるので

これも人気の<のうてん刺身・2,000円>を

注文。とは言ってもこれも量はなかなか。

82DBC6A8-D809-4D75-A0C7-2353C6DC1BAB.jpg

わさびをのせて醤油でいただけば、

抜群の素材の旨みとともに身がトロける。


2品の合間にと<ポテトサラダ・300円>も

注文。ここのポテサラは初めて食べたが

すごくまろやかな味わいのポテサラだった。

56E10FF4-7AD4-4F30-AE96-10BC0D694B2F.jpg


2杯目から<レモンサワー・300円>にする。

肴もコスパいいが、ドリンク類も安い。

6679B41B-9C84-473B-B31B-F6C23CFC4B30.jpg


もうお腹いっぱいだというのに同僚が

ご飯ものを食べたいと〆に注文したのが

<チャーシューチャーハン・800円>。

これも想像以上にボリュームある。

4BC43E3A-8A40-4A2B-BC8C-AF517EA55BA2.jpg


自家製のチャーシューがたっぷり入った

チャーハンは、チャシューの脂の甘みが

インパクトあってメチャ旨だった。

F18A1811-A892-4E38-AB0B-CCEFD59C15D1.jpg

でも量ありすぎて隣のグループに

半分おすそ分け。


何杯かレモンサワーをおかわりして

〆てひとり4,400円。結構、呑んだな。

それでもコスパいいと思うけど。

9DB82781-854B-4DD2-83E1-D0CE583A2C72.jpg

毎回思うのは、“ここは4人単位で来る店”。

程よい量をコスパよく食せる最適値だと思う。

月島で海鮮を食べるのも買って帰るのも

やっぱり魚仁だなぁと改めて思った。

posted by ノムさん at 10:53| 東京 ☁| Comment(0) | 新橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

やきとり 渓 @ 亀有

★★★★★

情熱とたこ焼きとコロッケの間といった

アツアツで素材の風味がいい“渓ポテト”に

バリエーションを楽しめる“豚巻き”などなど

店主のセンスが光る一工夫凝らした料理が◎

店主の人柄と料理が客を呼ぶ評判の大衆酒場

B16B86C7-91C0-4208-9E75-5B60B10C2CAC.jpg


亀有でひとり酒

この地で仕事を終え、一杯呑って帰ろうと

思い立ったのが、酒場放浪記で紹介されてた

こちらのお店。“渓”の文字の赤提灯と

アサヒビールの連吊り提灯がいい感じ

AFAB69D5-F53B-4438-BA8C-2177F3DEFDED.jpg


カウンターに腰を下ろして

<焼酎ハイボール・350円>を店主にお願い

キンミヤのボトルがキープされてるが、

ナカ焼酎は、宝焼酎の“純”だとのこと

BFF5A2A4-ACE6-4B03-9F32-23BDF7FE217B.jpg

D200E9AB-1266-4107-863A-214D823C3722.jpg


<お通し>は、おでんで

ちくわ、厚揚げ、さつま揚げが供された

3A70D255-7D11-4270-B943-D0C9270E1279.jpg

人柄の良さが滲み出てる店主はワンオペで

とっても忙しそうだが、接客も素晴らしい


カラフルでポップなデザインの文字で

書かれたメニューを見回して選んだのは、

タレが効いた<ピーマン肉詰・180円>と

<みそつくね・120円>

CDDFDC19-46D3-4BB8-88D9-CF1A81F6AE02.jpg


味付けされた“みそつくね”は、

味噌味ががっつりするわけではなく、

ほのかに味噌のいい風味が滲んでくる

A14C8C7F-3EA8-4E02-A855-F3D58C1CC96B.jpg

数種類のバリエーションのある

<肉巻き・各200円>もいただこう

“豚うづら巻き”、“豚山芋巻き”がヤマで

“豚ニラ巻き”にありつけた

ニラの風味と豚肉の甘みがよく馴染む


“焼酎ハイボール”をおかわりして

気になった<渓ポテト・450円>を追加

0855383C-DC8F-41A1-A321-2EDA4BF37636.jpg


見た目“たこ焼き”の様な一品は、

店名を冠するだけあってこれは楽しい旨さ

4509C844-E1EF-400E-956A-910D42D08BCD.jpg


口に運べばアツアツで

実際にタコも入っているが、身は山芋

たこ焼きと山芋コロッケの中庸な味わいだ

224BE749-5C26-4079-B452-1B3F8C210D9C.jpg


<もつ煮込み・400円>までいただいて

〆て2,350円は大満足なひとり呑みだった

6F95B57F-B363-4233-84F8-D1109B731FA3.jpg

C92BCB41-51AA-495C-A551-F76230285316.jpg


後ろのテーブルの女子グループがたのんだ

“山芋ステーキ”がまたメチャおいしそうで

次は、呑み友たちと再訪して一工夫された

極上の料理をいろいろ食べたくなった

FDCC0623-10E5-4B0D-9B3F-61DB54B58FC3.jpg


#大衆酒場 #居酒屋 #類さん酒場

posted by ノムさん at 08:59| 東京 ☀| Comment(0) | 北千住・綾瀬・金町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする