2017年11月09日

4ヴァンテオ @ 新橋

★★★★☆

ガレットはALL500円というお手頃感が◎。

比較的少し小さめで蕎麦の風味は弱いけれど

気軽にガレットで白ワインってのもいいね。

名物“フォアグラ茶碗蒸し”も濃厚なおいしさ。

気軽に手頃に楽しむガレット主体のビストロ。

C47D62E4-AD6C-466F-A436-CEA73E50186A.png


新橋で女房と軽い食事がてらの一杯。

“蕎麦と卵”、好物が2つ入った“ガレット”が

自分は好きだという話から「安くガレットを

食べられる店がある」と言ったら、女房が

行ってみたいというので新橋まで出向いた。

F3D94233-C86B-4500-964F-853428B3F7BA.jpg


新橋は水曜でもリーマン、OLたちが結構

繰り出していて入れるか少し心配だったが、

20:30までならたいう条件付きで

なんとか最後の1卓に座ることができた。

D9518D83-1B2A-47E0-9B73-8FFF5839AC33.jpg


<グラスワイン(白)・500円>をたのむ。

ワインは赤白共に2種類が用意されていて

日によって違う銘柄から選ぶかたち。

D5D3C68A-E1B2-4FCD-89B6-AC0B0C31F0E0.jpg


自分はイタリアの“トッロ”、女房はチリの

“バルコ・ヴィエホ”というワインを選んだ。

“トッロ”は、スッキリとしたタイプで

“バルコ・ヴィエホ”は、芳醇な風味がある。

6A708D9E-68C7-46D6-96F4-A0E3E722FEE1.jpg


<お通し・200円>は“くるみパン”。

しっとりとしたパンでなかなかいい。

454F45D1-D0DB-4EAC-81D9-6D7A6B519FE4.jpg


お目当の“どれでも500円のガレット”は、

2つ注文してシェアすることにした。

小さなキッチンでガレットが焼かれ供される。

CF7756E1-FFA4-44E6-A143-1C8B9E54A505.jpg


一つは、カキのスモーク、ほうれん草、卵、

グリュイエールチーズの<ユイットル>。

BB60964E-522D-49CA-8101-C467502BAB96.jpg

カキのスモークの風味の主張を

卵がまろやかにコーティングしてる。

蕎麦の風味がもっとあるとさらに嬉しいな。


もう一つは、ラタトゥイユ、ベーコン、卵、

グリュイエールチーズの<プロヴァンサル>。

A77BE461-7B7C-4AE2-B2A4-ED00F73E74E2.jpg

ラタトゥイユの野菜がガレットにとっても

合ってる。本格的ではないけれど値段を

考えればコスパのいいガレットだ。


どちらのガレットも白ワインが合って

自分も女房も同じ白をおかわり。

48BE314F-9D40-4B68-B3B3-65AAAE5BA6AE.jpg

せっかく来たから、女房に食べさせたいのが

もう一つのこの店の名物メニュー

<小鬼盛りフォアグラ茶碗蒸し・500円>。

以前の方がフォアグラが多かったが

相変わらずグッと濃厚な旨みの一品だった。


消費税が付いて〆て12,000円ちょっと。

手頃な価格で大好きなガレットを

いただけるのはホントに嬉しい。

専業主婦の女房も新橋面白かったみたい。


#ガレットはALL500

#名物“フォアグラ茶碗蒸し”も500

#消費税は別

posted by ノムさん at 08:08| 東京 ☀| Comment(0) | 新橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

LION'S DEN @ 銀座

★★★☆☆

イヤな臭みやモッタリした脂感が全くない

“もち豚”は、モチっとした歯ごたえの後、

スッと歯が入る食感もまた心地いい。

銀座木村屋のパンとの掛け合わせも素敵。

絶品“カツサンド”も評判のシックなバー。

1A44F5F5-93F9-4D3D-9152-C80D4CFE90A6.jpg


銀座でオフ会。

銀座界隈に詳しい方にお誘いいただき

重厚感のあるオーセンティックバーを訪問。

97ECFD5C-74ED-41B4-8A88-DD39C77B6508.jpg


お店は、7階と8階の2フロアで

8階は貸切スペースとなっている。

お連れいただいた方が

行きつけということもあり8階を貸し切る。

なんという贅沢。

0FA70B15-B9FF-45AC-9BA9-B385ED77DB72.jpg


ドリンクは、グラスワインの赤をいただく。

ボルドーの“クラレンドル ルージュ 2012”。

5大シャトーのひとつ、オー・ブリオンの

醸造スタッフが手がけるワインなのだそう。

288E34A9-F3D6-4D2B-9973-43198E64807F.jpg


ドリンクと併せてチャームには、

ドライフルーツやスナック類が供された。

イチヂクのドライフルーツ大好き。

9963B3F8-9031-4EAD-B27F-022F9F815455.jpg

E9717738-4C49-4FCC-B12F-5125E51B7232.jpg


注文した<さくら肉のカルパッチョ>は、

ミョウガや大葉がプレーンな風味によく合う。

A9694073-7137-40F5-9310-B13CE2AB9E87.jpg


こちらのお店は、<カツサンド>が評判の

“カフェバー ケー”の系列店で、

こちらでもそれをいただけるとのこと。

この“カツサンド”がホントおいしかった。

F5E2D46A-9384-4E23-B127-C16BA6C326D6.jpg


素材についてお店の方に話を伺うと

豚肉は大きなブロックで仕入れるという

宮城県大河原町のブランド豚の“もち豚”。

パンは毎日、銀座木村屋から仕入れられる。

ソースもお店でブレンドしてるのだそう。

43189112-4A5B-4ADF-8CFD-3B14A780B1BA.jpg

しっとりしたパンの風味を介して

カツにモチっ、サクッと歯を入れる。

豚肉特有の臭みがなく、滲む脂はサッパリ。

やさしい甘みがある絶品カツサンドだ。

2切れずつ食べたが、11人で食べられるぞ。


そしてもう1品最後にもらったのが、

濃厚な旨みのトマトソースがたっぷり

かかった<ナポリタン>。

9CEAE8B8-02E5-496E-862A-C86904D91BE9.jpg

5D496B1E-7FBD-4D29-BA81-8EFD3E171DFE.jpg

このバー、フードメニューもいいなぁ。


ワインを2度ほどおかわりしながら

夜の銀座でひととき楽しんだ。

F55E76DD-8402-4659-9903-659F617E5BBC.jpg


#絶品カツサンドが食べられる銀座のバー

#バー #カツサンド

posted by ノムさん at 07:28| 東京 ☀| Comment(0) | 銀座・有楽町・築地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

まかべ @ 祖師ヶ谷大蔵

★★★★☆

カウンターに並ぶ大皿料理から目を引かれた

“自家製ベーコン”を所望しビールを傾けたら

八海山を燗してもらって大衆酒場らしく

“煮込み”をアテ、温かく老舗のひと時を過ごす

家族経営もあたたかな露地にある類さん酒場

24637F70-DB7C-4D5D-936A-9F886E210A23.jpg


祖師ヶ谷大蔵でひとり呑み

いい感じに寂れた大衆酒場を露地に見つけ

コの字カウンターの店内にお邪魔してみれば

吉田類さんや万波さんのサインが飾られた

『酒場放浪記』登場のいい空気感の酒場だ

433CB242-E11A-424B-AAAC-2AE56C5B6426.jpg


とりあえず<生ビール(中)・580円>と

カウンターの大皿料理から魅力的に写った

<自家製ベーコン・値段不明>をもらう

FE74F4A1-06B4-4009-BF95-3CE3B7ACD618.jpg

63CFD4E0-ADEB-47E1-B4A5-CD9C5052C79B.jpg


<お通し>には、かっぱえびせんが6

3CFCD618-CE38-44DE-BE63-EE8E7E1FFFBE.jpg


“自家製ベーコン”を口に入れ咀嚼すれば

肉の旨みと共に脂身の甘みが滲む

63A51A2C-45A8-4DA5-976B-52A2261A682F.jpg


ちょっと寒くなって来たこの日、

ビールの後には、<八海山・1合410円>を

熱燗でもらいチビチビ

B2060532-E1D7-4816-9885-7757963E79F6.jpg


もう1品、壁の短冊メニューから

<煮込み・480円>を追加

9D865C4C-F882-43C5-82A1-4FD2748B46A9.jpg


ジャガイモ、ダイコン、モツ、コンニャク、

ネギが具の煮込みで酒と合わせて温まる

77AD8330-D0A4-4002-8D5E-C7C075562454.jpg


しっとりとした大衆酒場の空気と酒と料理に

心地よく酔ったところで家路に着くことに

〆て1,990円のお代も軽いひとり呑みには

ピタッとハマった

C8AD78DE-4B7B-429C-85B9-DFE345389520.jpg

E91B7E96-7609-449A-9316-DA3281523CE1.jpg

EA67C8E5-1062-4F38-A4A9-24894ACA8B5B.jpg

#大衆酒場 #類さん酒場 #居酒屋

posted by ノムさん at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | 成城学園前 ・ 経堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワインの酒場。 ディプント 飯田橋店 @ 飯田橋

★★☆☆☆

“生ハム”や“ムール貝”や“ペンネ”なんかを

つまみながら飲み放題のワインをガブ飲み。

なんとなぁく小洒落た雰囲気の中、

大人数でワイワイ宴を楽しむのにはいいか。

宴会向きなダイニング・ワイン酒場。

DCC2E498-39A7-4E65-A84D-31A7A323ABC6.jpg


飯田橋で飲み会。

職場の仲間の送別会に貸し切られたのが

こちらのお店。関東から関西にかけて

30店以上を展開しているチェーン店の様。

B3489376-D707-48A8-B552-9D3A62988263.jpg


幹事が設定したのは、

2.5H飲み放題付きコース・4,980円>。

まずはプレモルの生ビールで乾杯。

B705483D-65FC-4735-82FA-55DE0B344ED2.jpg


最初から1人に1つずつ置いてあるのが、

<ベジブーケ(花束風の野菜スティック)>。

9E3B4306-F025-4615-BEB9-B3C72DFF74F3.jpg

添えられたバーニャカウダソースを付けて

いただく。味はどうってことないが

ちょっと洒落た演出ではあるかな。


そしてもう一つ最初からテーブルに置かれて

いるのが、<生ハム&サラミ盛り>。

これも味はともかく軽いインパクトはある。

8C6138A8-3EDC-4C29-B7E1-ED10C9B791DA.jpg


ビールの後は、あっさりした飲み口の

赤ワインを何杯もおかわり。

次々に供される料理をつまみながら

同僚たちとの話を楽しむ。

A1369034-AE28-40D2-A6C6-FC968D20715D.jpg


ここから見映えのいい料理たちが登場。

<挽肉とマッシュポテトのチーズ焼き>、

04037F4E-359B-4E71-8F0B-23B46DE4B67D.jpg


<ムール貝の蒸し焼き>、

90081919-4194-4A75-BFE5-5120D4550D8F.jpg


<三元豚のロースト>、

3086F7BD-CDC9-42F7-A118-5BE931ACC4F6.jpg


<カニの濃厚トマトクリーム 焼きペンネ>。

01C7BAF2-8AFB-4F35-93E0-EC31D435B65D.jpg


どれも味については特筆することはないが

とにかくゴージャス感はあるのかな。

<バケット>と<オリーブ>は

普通においしかった。

E5884CB3-D308-4D9B-9412-E4C2E0608853.jpg

298C8449-0761-4E95-B4D7-9E244590C5A4.jpg


最後にデザートには、

<ワインで作ったシャーベット>が供されて

宴も中締め。接客もタンパクな感じかな。

お洒落に料理や店内は演出されてる。

39C9E3AA-7D15-4D02-B0F0-51D8073D7BE8.jpg


posted by ノムさん at 06:57| 東京 ☀| Comment(0) | 水道橋・飯田橋・神楽坂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

文福 武蔵小杉店 @ 武蔵小杉

★★★★☆

名物の“カレー煮込み”は、“カレー風味の

煮込み“というより“モツ煮風のカレー”。

やわらかく煮込まれたモツが入った、コクと

ほどよい辛さの一品を生ホッピーで流す。

酒場街の一角を3階まで上がる人気串焼き。

073595CC-103E-40AB-B846-8673C6D4BF27.jpg


武蔵小杉でひとり酒。

“玉や”に行ったら“当分の間お休み”の貼り紙。

それなら“文福”と駅近な支店の方を訪問。

本店は『酒場放浪記』に登場の名店。

支店もかなりの人気で予約席がいっぱい。

193E26AA-EED2-4A2D-8A14-BDBAE1530866.jpg


1人だったこともあり運よくカウンター席に

座れて<生ホッピー・490円>を注文。

FB0F5914-BA19-49DD-BBCB-F323CB958A79.jpg

店のロゴ入りジョッキの生ホッピーは、

ビールみたいな色味と泡立ち。


食べてみたかったのが名物メニューの

<元祖カレー煮込み・450円>。

217B8511-0C08-41E0-B75B-BEE3D9514094.jpg

DF6CAAA3-6E07-414B-AA87-BA2D8B31150F.jpg

思いの外、カレーに寄った煮込みの具は、

よく煮込まれたモツの他、豆腐も入ってる。

これがかなり“生ホッピー”とよく合った。


次のドリンクの思案中、ショコタン似の

三角巾をかぶった店員さんに同じ値段の

“レモンサワー”と“パンチレモンサワー”の

違いを訊いてみた。返答は「パンチレモン

サワーの方が果汁感が強い」とのこと。

163E20F1-0F82-45FA-B975-4DF999C7DEB2.jpg

そんなやり取りを経て注文した

<パンチレモンサワー・340円>は、

果汁感はともかく普通にサッパリとした

レモンサワーだった。


看板の串焼ももらおう。高座豚を使用の

やきとんから<かしら、レバー・各110円>、

<牛串焼・200円>と<バラ串・150円>も

さらにもらった。

838C3E3D-4D0C-4CA3-8133-929357329AB3.jpg

CB255D49-4076-4CA0-8C08-74129C213228.jpg


どれもおいしかったが、ジューシーな甘みの

“バラ串”やおろしニンニクの風味でいただく

“牛肉串”が生ホッピーと相性がよかった。

9491D5C2-BD2B-4477-B6B6-8A0BDD5DE652.jpg


<お通し>の梅風味の“大根おろし”もまた

サッパリと串焼によく合う。

7B622080-A657-47D2-B628-B74097D0AA76.jpg


日曜の18時くらいの訪問だったが、その後は

予約のない客は次々に断られてる。

ひとり呑みの俺らはサクッと席を開けよう。

お通し代と消費税が付いてお代は2,000円強。

C44E15D9-7657-4F60-A01E-976676400B50.jpg

0E2FDD7C-7037-443B-BD13-A86B1F980DEB.jpg

メニューは他にもいろいろあるから、

何人かで再訪してみたいし、類さんが行った

本店にも改めて訪問してみたい。


#居酒屋  #類さん酒場

#串焼  #カレー煮込み

posted by ノムさん at 08:17| 東京 ☀| Comment(0) | 川崎市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする