2017年07月15日

グリルド エイジングビーフ TOKYO @ 新宿三丁目

★★★★☆

40日間熟成させるという一頭買いの和牛肉を

部位を選んでその肉の旨みで腹を満たす幸せ

赤身のウチモモ、霜降りのサーロイン、

イチボを選んでワインと共に楽しんだ

コスパもいい熟成和牛のステーキレストラン

D461CA51-7AD2-4C03-A6C2-60385DE6CDD9.jpg


新宿三丁目で家族ディナー

母の日に入院していた息子が、父の日も

併せてステーキをご馳走してくれるという

店は自分が選ぶことになったが、

あまり値が張り過ぎないこちらを選んだ

C5EF7697-9350-4BC4-895E-F8AEB6836E83.jpg


当日予約をしてこちらのお店は初訪問

新宿三丁目駅から直結のビルの7階、

エレベーターを降りるとショーウィンドウの

肉塊たちがお出迎えしてくれる

56108C86-ADA6-40BA-AE6F-071815628402.jpg


よく教育されているという感じの

フロア担当のイケメンが諸々説明してくれる

一頭買いの肉は基本的に200gから部位で選ぶ

それ以下の小さな塊肉もあるらしい

肉を焼くのに30分ほど時間がかかるとのこと

45D59150-6478-4A19-83B0-CF4556CFCD80.jpg


30種類の部位が示されたメニューから

<ウチモモ・1,500/100g>、

<イチボ・1,900/100g>、

<サーロイン・2,300/100g>を

200gずつもらって家族でシェアすることに

A325B981-F10C-4074-9DA1-B0D133AB228A.jpg


自分と女房は赤ワイン、息子はウーロン茶を

もらって父の日と母の日に家族で乾杯

スペインワイン好きな自分は、

<イゲルエラ・700円>を選んだ

コクはあるが渋み少なく口当たりがいい

7C6130D4-36F9-466E-831C-E27FE94C6F28.jpg

97DAFA08-B317-491C-97D2-1EFCAF0B553D.jpg


サラダは<グリーンサラダ 焼きレモン風味の

トリュフドレッシング・790円>を注文

08A39CCB-437D-452E-97A1-8684E2BBBB39.jpg


ドレッシングをかけ、焼きレモンを搾って

食すとまろやかな酸味でサッパリおいしい

3136C3F4-8276-4A49-8A57-DFD759FF0088.jpg


ワインのアテに先にもらったのは、

野菜のピクルスとマヨネーズが添えられた

<パテ・ド・カンパーニュ・850円>

FA424005-5967-4F0F-ADB6-F5C5969A6028.jpg


個人的にパテカン自体が結構好き

軽い口あたりのワインによく合った

962F4EDC-DE62-41AA-8821-F781241C30E7.jpg


そして肉の付け合わせに注文した

<玉ねぎの丸ごと岩塩ロースト・490円>と

<マッシュドポテト・490円>と共に

網焼きされた3つの部位の肉が運ばれてきた

2FDE057F-8A81-4921-A2D1-C9BAD2BB7F7F.jpg

4EEAF2EA-F6B7-40EF-948C-219611B70951.jpg


サーロインのやわらかジューシーで甘み豊か

イチボも赤身と脂のバランスのいい肉の旨み

赤身のウチモモは、思いの外やわらかく

しつこくないサッパリと肉の旨みを楽しめる

それぞれ熟成されて旨みが増してるのかな

06B67D1C-A00B-4B6F-8A87-DC0862FD1E5A.jpg

10B63A84-FC68-4F5E-8C3E-66260944486F.jpg

F6519B71-33A2-4626-8762-9AC0D4A4C0DB.jpg

D8079C5E-16F8-47E1-9BA9-B94C1176EC31.jpg


付け合わせについても特に塩釜焼きされた

玉ねぎが岩塩がほどよく沁み入って気に入った

E9E544F3-2DAC-4161-BA52-E5DBB081097A.jpg


家族で楽しい食事を過ごせて息子に感謝

〆て3人で17,000円くらいだったかな

予算は115,000円くらいと言ってた息子も

少しは助かっただろう

気持ちだけで嬉しいね

4F3D58C4-A05E-4052-AECF-9347A3FE5D6A.jpg

D7F3A2B5-25B2-446D-ACD3-EDA73A683914.jpg

posted by ノムさん at 08:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大衆酒場 つちや @ 稲荷町

★★★★★

ネギが一緒に溶かれた“玉子焼”がメッチャ旨

その一口一口の旨みを大切に味わいながら

キンミヤのタンサン割りをサッパリいただく

酒も料理もいたって大衆価格で雰囲気も◎

今は亡き吞み友が愛した大衆酒場

36EE00F5-B6B3-419D-85F6-C0E5DF90B2B6.jpg


稲荷町で故人を偲ぶ

亡くなってしまった吞み友のお通夜の後、

居合わせた仲間と故人がよく通っていた

こちらの酒場で一杯呑ることにした

C46D19A9-C9CB-49B9-A41F-AE7763D6D8F3.jpg


<金宮焼酎・280円>を連れ立った吞み友と

2人でもらい、<タンサン・80円>をシェア

換算すると濃いキンミヤソーダが320

亡き吞み友を偲んで安すぎる献杯

E817CBCE-1BBA-45A3-B670-44AAA41BC1DE.jpg

179E19DB-9946-4DA2-8270-57A39D91EFFA.jpg


よく彼が食べてた<玉子焼・350円>を注文

これがネギの風味と玉子と出汁の風味が

豊かに重なり合ってとってもおいしい

67110A52-1107-44F0-9453-90EBFC7D32F6.jpg

AA6CC3DD-6AD3-47B3-9F48-50665B542BEB.jpg


5つの部位がある<もつ焼・180円>から

レバー、ハラミ、ナンコツを2人で1本ずつ

まぁこれについては普通かな

21503717-3149-4CFF-8FED-9F1DDB78AA07.jpg


赤提灯には“おでん”の文字があるから

値段不明の<おでん>を玉子を1個ずつと

後は適当に店主に見繕ってもらっていただく

よぉく煮込まれたおでん沁みるねぇ

それを何杯目かのキンミヤタンサン割で流す

507EEABB-D477-47D6-86D1-CC9C902091A1.jpg


〆たお代は確か11,500円くらいだったかな

腰の曲がった店主もこの酒場に合っていて

ホントここはいい大衆酒場だな

096CC9B5-0B7A-43A9-8300-AB72B8E6DE08.jpg

気がつけば最初2人だけだった店内には

亡き友のお通夜帰りの仲間達で貸し借り状態

改めてみんなに好かれてたんだなと彼を偲ぶ

posted by ノムさん at 08:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 上野・浅草・日暮里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

Woodz @ 飯田橋

★★★☆☆

8階テラス席のペアシートで素敵な彼女と

六本木から新宿の夜景を肴にカクテルで乾杯

エロティックな雰囲気に親密度が増していく

そんなエロいお店でおじさん2人で呑んだ

特別な女性と行きたい口説ける?Cafe&Bar

BACCA1E1-9C30-4656-99A9-10F1A81B6549.png


飯田橋で〆の一杯

同僚とやきとんで呑んだ後、

神楽坂に知り合いのバーがあるというので

もう一杯だけ飲んで帰ることにした

039E8EE3-F658-426D-A12E-9C3835CA15E4.jpg


神楽坂の丁度中腹あたりのビルの

78階にそのバーはある

7階は赤が基調のムーディな雰囲気で

カウンターもあるがソファ席に通された

62CFBEE8-2B8C-45A6-BDD6-CBF7E66AD20D.jpg


一番好きかもしれないカクテル、

<マルガリータ>をもらう

18C3FB10-36A8-4499-8495-5C03D9CCC18E.jpg


スノースタイルのカクテルグラスに

シェーカーからカクテルが注がれた

E943C0AE-1C15-407B-82A9-7C26B924B392.jpg


ミックスナッツなんかをツマミに

くだらない話で同僚と楽しむが

おじさん2人にこのシックな雰囲気は場違い

336020ED-5044-4709-BB2F-354D5E018147.jpg

0F0F60E2-1FB1-4B01-9803-5480BE364780.jpg

EC00EE9E-6401-4A03-A572-7D3ADAEEC54E.jpg


2杯目は、<ジンリッキー>をもらう

ジンは、昔からビフィーターで

お願いすることにしている

417F46B4-1F80-4AD6-A64B-595BF471A913.jpg


帰り際に8階のフロアがまたいいというので

覗かせてもらうとそこには

カウンター席とテラス席が用意されている

テラス席から見渡す六本木、新宿のビルの

灯りがロマンティックだ

54C1F03E-86F4-43D8-B179-DDFB64E2F0FB.jpg


お洒落なバーを知ることができたが

やっぱりおじさん2人で来るとこじゃないな

posted by ノムさん at 07:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道橋・飯田橋・神楽坂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅人 @ 新橋

★★★★☆

選んだ酒は“幻舞”、“磯自慢”、“雁木”の

純米吟醸3つ。それぞれに深みがあり

その後のキレイなキレが自分好みだ

ママが用意してくれたアテと共に楽しむ

キュートな韓流ママの立呑み日本酒バル

AB27EF7B-C526-455E-BC01-708B004F5D65.jpg

新橋で二次会

たんまり日本酒を呑み放題で楽しんだ後だと

いうのにまだ味わい足りないのか

こちらの日本酒の立呑みへやってきた

久々に韓流ママの顔を見たかったのもある


いつもの様にクーラーから好みの酒を

3つ選んでトータルから100円引きの

3杯飲み比べセット>にしよう


・幻舞 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町

・磯自慢 純米吟醸 山田錦

・雁木 純米吟醸 無濾過生原酒 山田錦

長野、静岡、山口と産地の違う好きな銘柄の

純米吟醸を雄町と山田錦で選ぶ

51968188-9894-4287-8E47-75DC43F1DB36.jpg

胡瓜の酢味噌和え、冷奴、サキイカの

<お通し3品・300円>も自動的に供され

キレイな飲み口の酒のアテにした


酔っていて仲間やママとどんな話をしたか

あまり覚えてないが、ママも仲のよかった

亡くなった呑み友のことを自分では言えず

仲間に報告してもらったのは覚えてる

DC94683E-18AA-489E-BA8C-9C844D8463ED.jpg

posted by ノムさん at 07:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 新橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

かねまん @ 大井町

★★★★★

蕎麦の実がかけられたサラダから始まり

既食の“みそメンチ”や“さくらユッケ”、

そして看板メニューの“うなぎ蒲焼き”から

“イカスミ焼きそば”に至るまで全てが秀逸

知る人ぞ知る大衆呑みできるうなぎ酒場

C555A7BE-039E-4564-B399-738A0FB3EB34.jpg


大井町でオフ会

19人で貸し切って濃い呑み仲間が集まった

3時間飲み放題付きのおまかせコースだ

D79376D2-531D-4A35-9A05-ED5527655859.jpg

キンミヤボトルがテーブルに供されて

まずはホッピーのハーフ&ハーフで乾杯


<そばの実かけ水菜とベーコンサラダ>が

最初に登場。サッパリシャキシャキ水菜に

ベーコンと蕎麦の実の風味が絶妙

1E502A56-D280-484A-B688-8BF65F58F568.jpg


何と言ってもここは“うなぎ”が看板

<うなぎ蒲焼き>が11串ずつ供された

09357B02-E785-4535-AAB0-D2940C19E135.jpg

何度か来てるがうなぎは初見

タレをまとったやわらかな身の

うなぎの蒲焼きは味わい深いな


みそで焼かれた<テッポー>に

<みそかけメンチカツ>、<アボカド焼>、

<さくらユッケ>、<ポテトサラダ>と

次々運ばれてくる

8B2BCD86-0B4F-4FBC-AF9A-6B3DA906E57F.jpg

7BA459D2-CF50-4755-946F-F88FACC851A5.jpg

6715B367-9DAB-4A66-95A9-14A071903824.jpg

C5E6FC8F-009A-405A-AD2A-95BF4D3A9B94.jpg

91C7DFAE-350C-4BE7-93D3-08B895C4E5B9.jpg

この辺りのメニューは、毎回食べていて

そのおいしさは折り紙付きだ


参加者の1人、蔵元の蔵人さんが店主の

味見がてらに持ち込んだ日本酒の封が切られ

オフ会の盛り上がりは最高潮へ

“結”という酒、フルーティでキレイにキレる

B44BB98F-556E-4E53-83B2-209B98C4F113.jpg

204A0C83-C930-45F4-9C33-0BDDD55A78BF.jpg

その流れでお店保有の酒もいただく

<愛宕の松 ひと夏の恋 純米吟醸>は、

やさしい甘みのスッキリとした飲み口

<神の穂 瀧自慢 純米酒>は、辛口ながら

口に含むとふくらみも感じる


<黒毛和牛たたき>

B17C30B6-5045-4B15-9961-0D6041926593.jpg


<ハラミおろしポン酢>

C0B3CE5D-9069-48ED-BAC9-B91C011F8829.jpg


<うなダレの角煮パオ>

AF416C7F-1A8F-41CD-B491-3A9574BB3EAA.jpg

上質素材と店主のセンスが光る料理は続く


食肉市場が近いせいもあってか素材もいいが

お店オリジナルのポン酢といったこだわりや

角煮パオといった発想にもセンスの良さがある

A2EBFED7-08DD-47B2-B218-DED94EDB3ECE.jpg


そして11品目の〆の一品は

<イカスミ焼きそば>

これがまたコクと旨みがすごかった

DD94FF11-4480-4F6A-BD10-1040C103D948.jpg


仲間の多くは酒もまわってハイテンション

おいし楽しい最高のオフ会だった

0CF06EB0-1F14-4422-A223-F00D15EDE063.jpg

posted by ノムさん at 07:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大井町・大森・蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする