2017年11月26日

小判道場 @ 松山(愛媛県)

★★★★☆

気のいいご夫婦が切り盛りする酒場は、

ゆったりとした時間の流れに惹かれ客が集う。

瀬戸の魚介や地産の名物なんかをもらって

愛媛の地酒をコップ酒で合わせた。

類さんも訪問の年季の入った大衆酒場。

8A99D973-4D5B-4342-BE85-8766D7FFA811.jpg


大街道(松山)で夕飯がてらに一杯。

ここはTV番組『酒場放浪記』を観て、

松山に行くことがあったら訪問したかった

大衆酒場だ。前日にカウンター3名で

電話予約して万全の形で訪問した。

D6B6DBBF-43CF-4D9A-8408-FADAD73827A8.jpg


予約時間ぴったりに訪問してみると

カウンターはほぼ満席で3人座れそうもない。

予約である旨、女将さんに伝えると3人と

いうのが記録モレしてたらしい。

10397AFC-244B-4262-BE89-6DF95898F8F3.jpg

結果、一旦、小上がりで呑み始めることに。


気を取り直して<瓶ビール(大)>で乾杯。

お通しには、<茹で小エビ>が供された。

剥いて食べてみるととってもプレーン。

E77E3AD5-93AC-4192-883E-F65DE31E65FB.jpg


ビールの後は、日本酒をもらうことに。

2銘柄からまずは、<小富士 超辛口>。

キリッとした辛口のサラッと入っていく酒だ。

0590F58E-657D-4070-93D2-A2B50F0A0360.jpg


この辺りでカウンター席が空き、大移動。

やっぱりこういう酒場はカウンターだね。

注文していた料理が待っていたかの様に

次々と供される。

D9B0A443-2E62-4334-AC0A-FA8BEABEB764.jpg


短冊メニューの値段は、

600円から800円”とアバウトな時価。

<生タコ一本揚>。

全くクセのないタコ唐は、添えられた塩を

つけていただいた。

83CDEDC8-E04B-44C3-9C1E-180246098A30.jpg

6B876E78-7563-4638-87D6-97E2640F74B5.jpg


<馬刺し・1,000円>。

見た目から旨さが伝わる生の鮮度感。

やわらかかて旨い馬肉をにんにく醤油で堪能。

381791F8-A88E-489D-AEA4-052BEBFDA8AD.jpg


カンパチ、アジ、サバと白身の魚の

<刺身三種盛合せ・1,000円>。

それぞれの素材がネタがよくとっても

おいしかったが、痛恨の写真撮り忘れ。

14755EE0-7E42-430E-AAAB-D94D04E0E531.jpg


日本酒の方はもうひとつの銘柄、

<栄光 越智杜氏 松山三井 純米吟醸>へ。

7CDAF5BC-5BF6-4A63-B7D1-11EE43210351.jpg

C39C3077-F800-4CE2-A1B5-C7EF61E9C295.jpg

愛媛県産米“松山三井”の純吟は、

ほのかに吟醸香が立ち、サクッとキレる。

この後はこの酒をおかわりし続けた。


<トリ唐揚・600円>や

<スペアリーブー・600円>といった

肉料理ももらって仕事仲間との会話も弾む。

7ADFD7D4-D16F-4CC7-B2CB-2FD7FE1F42BD.jpg

DD61BD9D-7D59-44F6-B921-6BC3134414E9.jpg

スペアリーブーの“リーブー”は間違いでなく

メニューにそう書いてあった。


女将さんにオススメされて

<揚げなす・500円>と地産の名物、

<宇和島ジャコ天・400円>も注文。

69520B02-E863-45BE-B537-C7679DD87AA6.jpg

E6FC3C7A-35BB-4946-A3C6-50E3B38A2D82.jpg

店主ご夫婦はどちらも癒されるキャラで

話も楽しく居心地がいい。


〆て3人で14,000円也。

結構呑んで食ったからコスパいいよね。

憧れの松山の大衆酒場、入れてよかった。

posted by ノムさん at 07:10| 東京 ☀| Comment(0) | 愛媛県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

ノラリクラリ @ 江古田

★★★★☆

半熟卵を崩したガレットにローストチキンと

アボカドやアンチョビキャベツをこせて

食せば、素材の味が融合したフレンチ感覚の

洒落たおいしさを愉しめる。

具材を活かしたガレットが食せるカフェ。

C2B303F5-36DC-4FEA-BE60-CADBAC897886.jpg


江古田で女房と夕食。

自分がガレットを好きだと知った女房が、

「江古田にもガレットを中心にしてる

カフェがあるよ」と連れて行ってくれた。

69480D06-42B8-4DBD-B3D8-D7F64B71757A.jpg

1階は喫煙だというので急な階段を上って

禁煙の2階へ。殺風景な感じの内装だな。


とりあえず<生ビール・380円>をもらう。

グラスではあるけどハートランド(生)が

この値段というのは安いよね。

68CE94AC-268A-4086-987D-1138E465ECC5.jpg

6744EA13-842D-42B7-8CEA-F33A85F5CC63.jpg


ガレットは2種類もらってシェア。

選んだのは、<ローストチキンとアボカド

(ハニーマスタード)・900円>と

<アンチョビキャベツとチーズ・850円>。

11BD7CE5-1918-4297-A072-DD15DE353957.jpg

EB20AE3B-3D3C-4567-9DE6-86B5EFDC6F78.jpg


焼かれたガレットの上にそれぞれの具材が

のせられて供された。結構サイズは大きい。

たっぷり具がのったビジュアルはおいしそ。

14AC3511-707A-45D3-BAE2-F392FF994D3C.jpg

C1311DFD-A4CB-47E2-A192-4F90C5222E59.jpg


具は一旦皿に移し、ガレットを4ツに切って

具をのせ直して口へ運ぶ。ちと食べにくいが

素材の味のオーケストレーションを愉しむ。

もっと蕎麦の風味があるとさらにいい。

2C6F974B-6AF9-4E00-9601-87F3700DB7F0.jpg

B3B6BA5F-CBAF-4E9D-8F37-BF6303D44177.jpg


ボリュームのあるガレットを1枚分とビールで

かなりお腹は膨れる。

〆て2,510円は思いの外コスパよかった。

787BD1D0-FC98-44E0-A97C-8EE0FD41445F.jpg

またおいしいガレットを探したくなった。

posted by ノムさん at 05:50| 東京 ☁| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

餃子とワイン屋 @ 大森

★★★★☆

トマト、チーズ、セロリ、イタリアンカラーの

3つの素材が上手に溶け合う個性派餃子は、

濃密でピザチックな風味の一品

イタリアのスプマンテをもらって仲間と乾杯

カジュアルに餃子とワインを楽しむお店

ACC926EB-2F7B-42B0-8B6F-E3150B7214C6.heic


大森で3次会

2次会の“餃子とビール屋”で目にした

姉妹店の貼り紙に興味を惹かれ

呑み仲間たちと540円かけてタクシー移動

階段を降りた店内はラフな感じの空間

47163FFB-6CDA-455F-ADEF-59F7FA30844B.heic


女性陣の希望でスパークリングをボトルで

もらってこの日3度目の乾杯

銘柄は<VALMOLONE BRUT>で

2,000円ちょっとだったかな

7F4B5A90-AB4C-4A6C-85CF-7C98ED8FF034.jpg

ちなみにこの店も生ビールは200円だ


定番の餃子は前のお店で食べてきたから

<イタリアン餃子(5個)・280円>を注文

皮の中の具は、トマトとチーズとセロリなど

その風味は餃子とはまた別の料理みたい

0C842DDF-DDE5-4703-9900-4DFBB09BF753.jpg


サッパリとしたものも欲しいなと

<自家製ピックルス・130円>をいただく

A2131702-0C52-4645-84BA-37DFFADFF296.jpg


クリスピータイプのおつまみピザから

<モッツァレラのマルゲリータ・360円>と

もうひとつ別のピザをもらい、さらに

<ポテトフライ・230円>あたりもいただく

BC5B761F-4859-44D0-9235-2345365726AF.jpg

A0CAC066-8504-44DB-B0AF-42937C89E40A.jpg

C61C6C2C-2D0F-420F-8436-B9B06D5AA9A9.jpg


3軒目のこの辺りになるともう記憶も斑ら

ただまた気軽に仲間と楽しめる店を

知ることができた

804654DF-7C15-4086-BAC1-D8D2CC2E0AF6.jpg

posted by ノムさん at 09:04| 東京 ☔| Comment(0) | 大井町・大森・蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餃子とビール屋 @ 立会川

★★★★☆

10360円の餃子と200円の生ビールを

店名通りにもらって激安酒場で乾杯

安いからって劣悪な餃子なんかではなく

個性も感じるおいしさでコスパの良さ◎

ドリンクもアテも激安な嬉しい餃子酒場

22E7C245-68A1-4781-94E9-3B84343CDDFF.heic


立会川で2次会

呑み仲間5人で鳥勝を満喫した後、

もう1件安呑みしようとこちらへテクテク

かなり混んではいたがカウンターに座れた

3758158A-D264-43FE-B9AE-AD0604B7A15C.heic


<生ビール・200円>をもらい改めて乾杯

安いけれどちゃんとアサヒスーパードライだ

BF59BB62-DC21-49D6-9077-58757D25337C.jpg


もちろん看板メニューの餃子ももらう

<手作り餃子(10個)・360円>を2

80540714-AB35-429D-A946-0DEA904CD20C.jpg


粗挽きな肉の食感が特徴の餃子は

ジューシーに肉の旨みが舌に広がる

383930C0-3D13-4580-9C3B-7AB9A9DA0869.jpg


<シュウマイ(3個)・280円>も注文

これは初めていただいたメニューだが

手作りシュウマイもジュワッと旨みたっぷり

4AB96130-A55C-4DD3-A39E-0FF6846F5137.jpg


店内に貼り出された“姉妹店の案内”を見て

ここにも行ってみようと1人数百円を支払って

姉妹店の“餃子とワイン”へタクシーで向かう

0286CDF3-03F9-47BA-B5F3-CC8395B65B95.jpg

posted by ノムさん at 08:55| 東京 ☔| Comment(0) | 大井町・大森・蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥勝 @ 立会川

★★★★★

旨味ばかりの絶品“煮込豆腐鍋”を仲間と囲み

食せば、「おいしい」の声が口からもれる

鮮度抜群の肉素材を“焼き”、“刺し”、“蒸し”で

品数多く堪能したが、お代は二千円台と爆安

セピアな空気が流れるコスパ最強の名酒場

8BC29010-7417-46A8-87A9-18839895EC2E.heic


立会川でオフ会

今回の目的はテーブル席で“煮込豆腐鍋”

呑み仲間5人でこちらの開店に並ぶことに

早めに並んで奥のテーブル席を確保できた

F19A0E4E-5E22-4969-B8EF-BB621383B3D8.heic


<ホッピー・360円>をたのんで乾杯

5FE27C5E-512B-4471-8581-EC930FCE31CB.heic


まずは野菜からというわけで

マヨネーズと謎のドレッシングが絶妙の

<生野菜ダブル・470円>をいただく

E0F4A4FD-611E-4213-BD98-A53590446DCF.jpg


そして早速、<煮込み豆腐鍋・980円>

2人前でもなかなかのボリュームがあり

取り分けて食せばまろやかな旨味がすごい

あっという間に鍋が空になった

B8044480-1541-41D9-8821-9D47AF41745D.jpg

5075E0A1-7893-44BD-84D4-92D625F0CABA.jpg


肉刺カテゴリーからは、

<ガツ、コブクロ・各240円>と

<ミノ・260円>をもらう

DF2EB7A6-3CD0-4055-89B8-26A33DBD4760.jpg

B135C399-2044-4D02-900E-51FB17F089BF.jpg

口に運べばその鮮度の良さは歴然だ


前回食べて超気に入った

<むし肉・270円>をいただくのは必須

00A89F8A-11B0-481E-B51F-DA80442CAA2C.jpg


<センマイ炒め・240円>も安美味い

7F3AD771-423A-4C72-96B4-8FE07B1557A9.jpg


<ハラミステーキ・450円>

<レバーステーキ・280円>

<牛タンステーキ・350円>

3つのステーキメニューカテゴリーは制覇

シチューのようなミルキーなおいしさが光る

AB64B78B-C375-4A97-925D-3B5163D5810D.jpg

E3693F69-40EC-4C9D-A4C7-391D90D10A7A.jpg


<生姜焼き・320円>までいただいて

おいしいものばかりで腹を満たした

32F31C0B-139E-47D0-B4B0-FB3E33118581.jpg


グループならではな品数を堪能した今回、

締めてみれば1人あたり2,000円台半ば

驚愕のコスパの高さに“鳥勝 総合優勝”

6B4923A3-E773-411D-AA27-039B99D967A9.jpg


参加メンバーも口々に「また来たい」と

再訪を誓い、早い時間だったので次の店へ

9B9F37C6-DAA3-4170-9792-4E5A907CC7DD.heic

posted by ノムさん at 08:38| 東京 ☔| Comment(0) | 大井町・大森・蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする