2017年10月11日

1401㊙︎室 @ 小川町

★★★★☆

豚は東京X、牛は常陸牛や仙台牛のA5

極上の素材をシンプルな調理で味わう

幹事が4度来ると5度目に出会えるという

貴重な肉の宴を思いっきり満喫した

知る人ぞ知る魚と肉の秘密の宴場

2FB13FFF-0795-4426-B545-C4C328932B0D.jpg


小川町でオフ会

一部で密かに話題の隠れ家オフ会に

お誘いいただき初めての訪問

近くで参加メンバー全員で待ち合わせし

幹事の誘導で秘密の会場に到着した

0CBC0420-4F8D-4A30-9506-7C3CC74B5B87.jpg

かつて東京八重洲の密かな人気店“玄界灘”の

オーナーだった方が営ってるお店(?)

通常は魚介類がメインだが、幹事が回目の

予約だとスペシャルな肉のコースになる

というわけで今回はメチャ旨な肉の宴だ


生ビールで乾杯

最初の1品はブランド豚“東京X”の串焼き

“豚バラ”と“豚トロ”が人数分供された

6DD98AAC-B97B-4FE1-AA8B-8C75A02751C8.jpg

01799286-C065-487B-B43F-3C5DCA34E0DC.jpg

B3B25C3C-A58B-45B5-8628-7CE63A551B11.jpg


そして同じ“東京X”と“常陸牛”のしゃぶしゃぶ

出汁の入った湯に通して口に運べば旨っ!

素材のよさがしっかりと伝わってくる

4E50EF7A-1BC7-4D7F-8011-C796A1E4414B.jpg

9CD1B678-1CB3-4652-8324-6BE160391328.jpg


“煮込み””、“牛たたき ”の後に、“焼餃子”も登場

粗挽き肉の焼き餃子がまた素材の旨み濃い

D0C6A82F-3418-44DB-896E-86DCE9EA3D32.jpg

C0D9C724-2E39-4FF2-B744-2DF1C59EC997.jpg

888FCEF9-968E-4637-9D9D-43571D379EA9.jpg


ビールの後、ドリンクは日本酒へ

店主が好みを訊いて銘柄をチョイスする

EMINISHKI Sensation>から始まり

<会津中将>、<七田>、<手取川>、

<玉川 自然仕込純米 やんわり>へ流れた

361C3037-1E7D-4841-A54C-ACC449DD5926.jpg

3B57B8A3-FB01-4044-8430-5EE0033BB65B.jpg

DA691A21-B39B-460C-B142-51CBF405D549.jpg


極上素材の肉料理もまだ続く

ふたつの部位の<牛串>に<スペアリブ>、

メイン(どれがメインだかわからないが)の

<仙台牛(A5)のステーキ>と

どの肉も素材の良さ振り切ってるな

3602E0F9-6C08-4FE8-859A-8E70D396977E.jpg

AFF8BFE4-C288-4EC2-A490-40756BC83368.jpg

60B58A27-2881-4FBA-A412-91C57AD5AACF.jpg

A664A90A-EFB1-4588-BC91-7260096390DB.jpg


さて、そろそろ〆というわけで

<ジャージャー麺>で腹を満たした

E548363A-3D96-4E4D-9704-DA513A136BB9.jpg


この段階で〆て1人5,500円だったが

ご主人の差し出したまたスペシャルな素材を

200円加えて追加することになり

もう一品極上の味を楽しんでごちそうさま

E0E4CD03-9CE9-4569-8E4B-1798C8FE2F63.jpg

〆て今回は、5,700円…コスパのよさ爆発

いきなり肉の宴を体験できたが

鮮魚の宴を経験できていないから

次回分は、自分で予約させていただいた

posted by ノムさん at 17:34| 東京 🌁| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

さわ好 @ 神田

★★★★★

「ここからここまで」とおつまみ全種12品を

太っ腹に大人注文。手羽は11本たのんでも

4人で3,480円なら無問題。日本酒の銘柄も

“作”、“鍋島”と好きなところが揃ってる

いい店見つけた2階は座れる大衆立ち呑み

26AB864A-DFB1-492D-8CA3-DF75C64CD1A2.jpg


神田で友呑み

大衆酒場をはしご酒しながら呑み仲間4人と

訪れたのは、呑み友の1人が入ってみたかった

というこちらの立ち呑み

A93F8199-1EB1-4D67-BB00-649D7EED4CBA.jpg

1階の立ち呑みはいっぱいで2階に通された


2階は座れるのね。それもエスニックな

小さな個店っぽい雰囲気でなかなか落ち着く

B38D63FE-81AF-465C-97FC-7A10CA4E13E8.jpg


ドリンクは最初から日本酒にする

好きな銘柄もある品揃えから選んだのは

<作 恵乃智 純米吟醸・540円>

09CCC55D-FB35-4252-882E-0186B0C60EFF.jpg


フードメニューは200円〜350円くらいが

ボリュームゾーンで魅力的なのが揃ってる

0BFD2DA8-E5F2-4A2B-92A8-2A693B5FFF3C.jpg

そこで冒頭の「こここら、ここまで」の

大人注文発動。いただいたのは


<手羽唐揚げ・1120円>

5A6A2344-B7A7-4184-9777-D6E2D704C10A.jpg


<アジの南蛮漬け・150円>

56D0C3C1-C2F2-4821-80F3-56662E114471.jpg


<厚揚げの煮物・200円>

DF0CFEE9-DCB7-471F-BA79-C87783B073E3.jpg


<もろきゅう・200円>

<厚焼き玉子・200円>

B66DBBD5-CD4F-4669-96ED-4CC6B9D9B0FC.jpg


<いかセロリ・250円>

6F021667-1570-4E48-B6FF-B3EB969E1567.jpg


<とろ〜りオムレツ・250円>

8EAC8DC6-B6DE-4411-9FA3-2981F397D682.jpg


<ウィンナーソテー・300円>

<いか炙り・350円>

BFFFAB75-3603-41C5-8C12-30AECB5806C3.jpg


<もやし炒め・350円>

95279F66-DB1C-4E64-84A0-1D2A5BC4ADC2.jpg


<焼きそば・350円>

3E38890A-2CE6-466C-B154-9B88C6E76A06.jpg


<昭和のナポリタン・400円>

B93DE691-E819-4E98-8DAC-718E7A0D0745.jpg


手羽は11本もらって3,480円也

1人あたり870円でこれだけつまめれば◎

安いだけじゃなく一品一品、いちいち美味い

A4A439DD-8F9F-498C-9380-8DC57D7E67A2.jpg

中でも印象的なのが、酒のアテにぴったりな

“いかセロリ”とホント懐かしいおいしさの

“昭和のナポリタン”。安くてうまい、最高!


日本酒はさらに5年熟成酒の

<ぼん ときしらず 純米吟醸・580円>と

<鍋島 特別純米酒 三十六萬石・580円>を

呑みつないで、さすがに6軒目で酔ったなぁ

D2BFB8C8-D750-499C-91E4-15C5302C2AF9.jpg

1356BC13-51C9-47E4-96C5-BA8AEBA22818.jpg


神田に来たらまたここ寄りたい

9351F822-B519-4E1C-8533-F9AC07209F53.jpg

posted by ノムさん at 12:24| 東京 ☀| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肉の万世 ラジオガァデン直売所 @ 秋葉原

目に留まってしまった立呑みスペースで

缶ビールを買って呑み友とグビッ

17時以降は万世仕込みの“牛すじ”なんかも

あるが、この時間は残念ながら乾き物のみ

肉の万世 本店向かいにある立呑みスペース

09656804-B151-4CDF-9BDB-974BEDF76100.jpg

秋葉原でちょっと一杯

神田まつやで昼呑みして駅に向かう途中、

何やら立呑みスペースらしき一角発見

立呑み魂に火がついてしまい、呑み友と

ビール1本だけ立ち呑んでくことにした


売店で<缶ビール・260円>と

<牛すじ・300円>をお願いしたところ

牛すじは17時からとのこと

仕方ないからビールだけ呑ることにした

232E2125-097D-4807-970F-2DE82C4F7142.jpg

“プレモル”をプシュッと開けて乾杯

モニターにつながれたゲーム“電車でGO!”を

呑み友がトライしてるのを眺めながら呑る


長居する理由もなく、ビール飲み干して退散

機会あったら“牛すじ”をアテにサクッと

やりたいな

posted by ノムさん at 11:03| 東京 ☀| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

ロドリゲス @ 九段下

★★★☆☆

“桃豚”というブランド豚を中心とした

鉄板焼きメニューが豊富。深夜までやってる

店は料理はどうかと思ったが意外とまとも。

同僚たちとの親睦の酒に記憶が薄れていく。

深夜3時まで営業の料理もイケてる居酒屋。

F1987893-8499-46E4-B72B-6F1724C0796B.jpg

九段下で2次会。

職場の宴会の1次会の後、1度オフィスに

戻って残務をこなすと終電過ぎ。近くで

2次会をやってるとの情報で遅れて合流した。

会場は、深夜3時までやってる地下の居酒屋。


着いてみると1次会より多そうな参加者。

すでにテーブルにある<チャンジャ>を

アテにサワーを呑み始めた。

AF6F61EE-3C38-41D8-B47A-4F5F18C922F9.jpg


<油淋鶏>と<豚バラ鉄板焼き>を追加。

メニューは5600円台中心で幅広いが、

特に鉄板焼きメニューが充実している。

0E52D27A-A241-4E44-9F2B-B0BD52D44B5C.jpg

22EB82FA-6E20-47A1-80A2-2BF8E699F076.jpg

3E0E52FF-EE60-46BE-A6AF-84063C5333BA.jpg

“桃豚”というブランド豚を使用していると

いうのがひとつの売りみたい。


お腹もいっぱいになってきたので後半は

<キャンディチーズ>なんかをツマミながら

同僚たちと談笑して楽しく過ごした。

3D32183E-CCFA-4EBB-B811-D0CCE7CD9270.jpg


TKG>の写真がケータイに残っていたが

食べた記憶はない苦笑。

FA31DEDC-5D7F-4A3C-95A8-27D79E524B9D.jpg

posted by ノムさん at 09:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三希房 @ 九段下

★★★★☆

麻婆豆腐もよだれ鶏も激辛で、辛いの苦手な

自分にはどうかと思ったが、ちゃんと旨辛。

ア・ラ・カルト注文で辛くないメニューも

織り交ぜて楽しく同僚たちと宴会呑みした。

本格な激辛メニューが評判の中華料理店。

052760A9-40A6-4456-B858-2550F8D43853.jpg


九段下で宴会参加。

職場の宴席にセッティングされた会場は、

夏になると名物の“冷やし坦々麺”を

食べに行ったりしているこちらのお店。

四川系の“激辛本格中華”として人気の店だ。


参加者の集まりが悪いことが予想されると

いうことで幹事がア・ラ・カルト注文に

していたのは賢明な判断で嬉しい。

テーブルを囲んだ同僚たちとメニューから

食べたい料理を次々にオーダー。

BD9BB504-F8AF-4F59-BF9A-8781ADB04A06.jpg


定番の痺れる激辛の名物料理から

<神田雲林の激辛四川麻婆豆腐>、

<四川名物激辛よだれ鶏>、そして

<皇帝の愛したエンペラースペアリブ>。

97C47B04-6F2C-4483-BD91-42E28CD614B6.jpg

327211C5-C0F4-4307-8F48-C6D218B1E455.jpg

D8B4225D-92B5-4D7C-9693-EAF69296EA9D.jpg

辛いは辛いがただ激辛だというだけではなく

それぞれの料理の奥には、レベルの高い

本格中華なおいしさがちゃんとある。


こちらのお店特製のメニューもたのむ。

<三希房式 パリパリ香港チキン>と

<三希房特製棒餃子>。

E9B8CDF1-1FEC-43A0-832B-9C79AE383BD2.jpg

90B6910F-2550-455F-B98D-76E5DA314809.jpg

この2品どちらも気に入ったが、特に

香港チキンは風味が抜群にいい逸品だ。


辛いのが苦手な自分は、激辛でない料理を

中心に選び、同僚たちと談笑しながら食す。

96AE5BA4-6B3D-4653-BBD9-81D9181A95D4.jpg


<むきエビと卵のふわとろオムレツ>

15912E8E-1321-4076-8F41-50736F2DDC5A.jpg


<釜焼き北京ダック>

F121AE66-0F7C-4CC2-9E74-FC64CCFDC890.jpg


<肉汁たっぷりの小籠包>

33EE5460-F2D4-4CB4-8385-C7BF683CDB9A.jpg


<中国ソーセージの香り焼き 棘椒醤添え>

EEDF815D-5D6E-45C9-B321-9E99805F0565.jpg


<台湾ピータンの強火揚げ ピリ辛ソースかけ>

17399CC9-9F06-4947-B7D2-5C5BEDF740F2.jpg


お腹も膨れた宴席終盤は、つまめるものを。

<大人の“怪味”カシューナッツ>と

<山盛りおつまみ 海老せんべい>。

D9A49C02-A847-46E0-8DCB-CC9ACC8C5308.jpg

C667BCA1-2FCF-42CC-B8E2-2C3186C9263A.jpg

珍しい調理のカシューナッツが印象的。


ご飯ものには、<厚切りチャーシューと

  揚げガーリック炒飯>をもらったが

これがまたメチャ旨。こちらのお店、

激辛の評判が先行するけどそれ以外の

料理もレベル高くておいしいなぁ。

A68FAD93-D395-4820-BE13-42E7FF7BFA02.jpg


幹事の目論見通り(?)宴席への参加者の

集まりは不調で初めから参加した我々の

テーブルはあれこれ食べたいものを平らげて

大満足。ア・ラ・カルトな宴会大好き。

4DDD0C4B-2588-42FA-B422-B6257FC2C3D2.jpg

posted by ノムさん at 09:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする