2017年12月24日

味さと @ 九段下

★★★☆☆

コリっとした食感と甘みがいいツブ貝や

脂が旨い中トロなどなど刺身がイケてる

だだちゃを思わせる風味の濃い枝豆も

気に入ってしまって2度おかわりした

日本酒の揃えもなかなか面白い海鮮居酒屋

A8ADBE2F-0B64-48B1-AA52-B2672E3726AC.jpg


九段下呑み

仕事仲間と4人で夕飯がてらに一杯呑もうと

直前に予約して初訪問。客の入りはよく、

2階のテーブル席へ通された

E8BAA711-DD0B-42C2-BF87-9EE2D3FD33A9.jpg


全員<生ビール(中)・600円>で乾杯

ビールは、個人的に好きなサッポロ

2B6CFFB4-6E3A-4255-B461-0315C6A18C71.jpg

DDD7FA1E-9C3C-4D89-87E3-0FCB66C73992.jpg



ホワイトボードのオススメメニューを中心に

それぞれ食べたいものを注文していく

<カニみそ・500円>

<ポテトサラダ・500円>

<枝豆・500円>

00846403-A911-4F4F-8C47-C9224DB03A77.jpg

77D65358-44EF-4981-8B06-16969F0448CC.jpg

タイミング的にはまだ早いから違うと思うが

“だだちゃ豆”かと思うほど風味の濃い枝豆と

まろやかな味わいのポテサラはついおかわり

枝豆がおいしい季節がやってきたなぁ


海鮮が売りのお店の様なので刺身ももらおう

<マグロ中トロ刺身・980円>

<ツブ貝刺身・890円>

<〆サバ・680円>

991195B2-D5DE-4DA5-A267-B8906CCC06F6.jpg

837A3E7A-2FC5-4747-8ABC-892DC6F9BDFC.jpg

どれも美味で素材の目利きの良さを感じる


<ジンレモンサワー・500円>を挟んだが

刺身には日本酒だろうと選んだのは、

<手取川 大吟醸 吉田蔵・1 800円>

フルーティでやや甘めの飲み口

F5078087-905F-4C9F-95B3-B71C7FDE1592.jpg

117CF98E-0AED-4FB8-BDDE-E5F51405A571.jpg


<活かんぱち刺身・890円>

<真たこ・780円>

さらに海鮮を追加して日本酒に合わせた

09842561-B716-40E8-BD16-67216262D660.jpg


<にごり酒 飛騨のどぶ・1 750円>、

“オススメ今月の日本酒”とあった

<奥播磨 純米吟醸 袋しぼり・880円>

日本酒の揃えにもこだわりを感じる

C60C69A2-ED09-439C-9D94-F4880E9A27A3.jpg

3CB2D80C-0E64-46AB-BA98-E14EB03CC866.jpg


<ソーセージ盛合せ・680円>に

<お新香・500円>ももらって仲間たちと

楽しく語らい結構酔った

BBD10548-51A5-40D7-B475-D14F11A65369.jpg


コスパとしては普通だと思うが、

料理も酒もなかなか楽しめる酒場だった

368E43C4-9980-4AB7-8020-DD26FAC96F98.jpg

8F6570B2-9EFD-446D-A9FA-1C003C558B18.jpg

#居酒屋 #魚介料理

posted by ノムさん at 18:53| 東京 ☀| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

甘太郎 神田南口店 @ 神田

★★★☆☆

まる得コースは飲み放題付きで税抜3,150

味噌バター風味の豚肉に餃子の鍋で

腹を足しながら、飲み放題のドリンクを

タッチパネルで注文して会話を楽しむ

神奈川を起点に全国展開するチェーン居酒屋

193091A2-6A2B-4D76-8B9B-886D688821F8.jpg

神田で懇親会

ある会の親睦会にセッティングされて初訪問

甘太郎自体は横浜あたりで行ったことある

飲み放題ということで“レモンサワー”で乾杯


<豚&餃子の味噌バターちりとり鍋>

1B6F8EF7-F329-4228-9F04-DD2838DD7FB0.jpg


<炙りとろさばのネギまみれ>

5C74640C-F7A5-4CF8-9A59-47269D518336.jpg


<水菜と大根のさっぱりサラダ>

87280A06-1848-49C1-A1C0-88F7B7A8CAE1.jpg


<居酒屋の“かつお節”フライドポテト>

EB2A8A47-EA8D-492A-A03F-F9AF2E081241.jpg

宴会コースの料理は、一つひとつに工夫が

あって、味の方も悪くはない

そんな料理が8品付き、さらに飲み放題で

3,150円はお得感ある


企業努力を感じるなぁ


#居酒屋 #チェーン

posted by ノムさん at 07:18| 東京 ☀| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立ち飲み 大松 @ 神田

★★★★★

いわし料理が看板の老舗酒場の派生を愉しむ

鮮度の高いいわしは刺身でいただいて

そのなめらかな旨みを舌に馴染ませたら

サッパリとレモンサワーで流す

カジュアルにいわし料理で呑る立呑み酒場

1D3D543D-8C01-4D6D-AD28-B9C6257DA262.heic


神田でひとり呑み

2軒ほど仲間と呑んで解散した後だったが

なぜだかもう一杯呑みたくなって

ガード下のこちらへ

6B3EC01A-CDC6-4DA2-B7C5-561CF0B821A6.png


<レモンサワー・350円>を注文

こちらは“いわし料理”が看板の老舗酒場から

派生した立呑みであるので

<いわし刺身・350円>をアテにお願いした

8C762FF6-F6B0-480E-B9CB-0D23E9CB130F.jpg

さすが、いわし料理専門店

素材の旨みが豊かだし下処理も緻密だ

“レモンサワー”をおかわりして

お勘定は、1,000円強


この日は、サクッと立ち寄ったが

次回は、魚好きの飲み友だちと再訪したい

312D5293-FC10-4976-96A4-E5157AFCED65.jpg

#立呑み #いわし料理 #居酒屋 #大衆酒場

posted by ノムさん at 07:09| 東京 ☀| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立ち飲み居酒屋 ドラム缶 神田東口店 @ 神田

★★★★☆

歓楽街の雑居ビルの4

枝豆、うずらの煮卵、どちらも100円の

アテをつまみに250円のトマトハイを傾け

ドラム缶が並ぶ空間でジャンク感を愉しむ

ドラムカンパニーが展開する立呑み居酒屋

DC8ADE87-B9DE-4660-96FA-E0CAD4B59170.jpg

神田で2次会

1次会で気分よく呑んで、そこで知り合った

仲間ともう1軒行くことに

東口の路地に“ドラム缶”の文字を発見して

「ここにもあるのか」と思いながら入店


雑居ビルの4階のドラム缶が並ぶ空間

どこかアングラな空気を醸してるのもいい

ドラム缶の一つに泊まり

<コーヒーハイ・250円>をもらって乾杯

0D6CEA64-93E2-4EE9-AC5F-1E5A37B585F8.jpg

お代はキャッシュオンでお支払い


噂には聞いていたが、ドリンクも安い

なんとチューハイなんて150円と激安だ

EEA9DE33-6A2E-4330-AC98-F33BFC018A8D.png

ドリンクも安いが、フードもまた安い

お腹は減っていなかったこともあり

<うずら煮卵(3個)・100円>と

<枝豆・100円>の100円メニューをもらった


ドリンクのおかわりに

<トマトハイ・250円>をもらい

初対面の仲間との立ち話を楽しんだ

C34836F4-C179-49DC-BF57-918952CD5BBD.jpg

フランチャイズ展開を進める“ドラム缶”

これからあちこちにできていきそうな予感

posted by ノムさん at 06:59| 東京 ☀| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

1401㊙︎室 @ 小川町

★★★★☆

豚は東京X、牛は常陸牛や仙台牛のA5

極上の素材をシンプルな調理で味わう

幹事が4度来ると5度目に出会えるという

貴重な肉の宴を思いっきり満喫した

知る人ぞ知る魚と肉の秘密の宴場

2FB13FFF-0795-4426-B545-C4C328932B0D.jpg


小川町でオフ会

一部で密かに話題の隠れ家オフ会に

お誘いいただき初めての訪問

近くで参加メンバー全員で待ち合わせし

幹事の誘導で秘密の会場に到着した

0CBC0420-4F8D-4A30-9506-7C3CC74B5B87.jpg

かつて東京八重洲の密かな人気店“玄界灘”の

オーナーだった方が営ってるお店(?)

通常は魚介類がメインだが、幹事が回目の

予約だとスペシャルな肉のコースになる

というわけで今回はメチャ旨な肉の宴だ


生ビールで乾杯

最初の1品はブランド豚“東京X”の串焼き

“豚バラ”と“豚トロ”が人数分供された

6DD98AAC-B97B-4FE1-AA8B-8C75A02751C8.jpg

01799286-C065-487B-B43F-3C5DCA34E0DC.jpg

B3B25C3C-A58B-45B5-8628-7CE63A551B11.jpg


そして同じ“東京X”と“常陸牛”のしゃぶしゃぶ

出汁の入った湯に通して口に運べば旨っ!

素材のよさがしっかりと伝わってくる

4E50EF7A-1BC7-4D7F-8011-C796A1E4414B.jpg

9CD1B678-1CB3-4652-8324-6BE160391328.jpg


“煮込み””、“牛たたき ”の後に、“焼餃子”も登場

粗挽き肉の焼き餃子がまた素材の旨み濃い

D0C6A82F-3418-44DB-896E-86DCE9EA3D32.jpg

C0D9C724-2E39-4FF2-B744-2DF1C59EC997.jpg

888FCEF9-968E-4637-9D9D-43571D379EA9.jpg


ビールの後、ドリンクは日本酒へ

店主が好みを訊いて銘柄をチョイスする

EMINISHKI Sensation>から始まり

<会津中将>、<七田>、<手取川>、

<玉川 自然仕込純米 やんわり>へ流れた

361C3037-1E7D-4841-A54C-ACC449DD5926.jpg

3B57B8A3-FB01-4044-8430-5EE0033BB65B.jpg

DA691A21-B39B-460C-B142-51CBF405D549.jpg


極上素材の肉料理もまだ続く

ふたつの部位の<牛串>に<スペアリブ>、

メイン(どれがメインだかわからないが)の

<仙台牛(A5)のステーキ>と

どの肉も素材の良さ振り切ってるな

3602E0F9-6C08-4FE8-859A-8E70D396977E.jpg

AFF8BFE4-C288-4EC2-A490-40756BC83368.jpg

60B58A27-2881-4FBA-A412-91C57AD5AACF.jpg

A664A90A-EFB1-4588-BC91-7260096390DB.jpg


さて、そろそろ〆というわけで

<ジャージャー麺>で腹を満たした

E548363A-3D96-4E4D-9704-DA513A136BB9.jpg


この段階で〆て1人5,500円だったが

ご主人の差し出したまたスペシャルな素材を

200円加えて追加することになり

もう一品極上の味を楽しんでごちそうさま

E0E4CD03-9CE9-4569-8E4B-1798C8FE2F63.jpg

〆て今回は、5,700円…コスパのよさ爆発

いきなり肉の宴を体験できたが

鮮魚の宴を経験できていないから

次回分は、自分で予約させていただいた

posted by ノムさん at 17:34| 東京 🌁| Comment(0) | 神田・秋葉原・御茶ノ水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする