2020年12月29日

溜池 酉玉 @ 溜池山王

★★★★☆

とりあえず酉コース(串7本)を選んで

生ビールから日本酒へと呑みつなぐ

串の後は、酒のアテにピッタリな一品を

探して注文し、鶏そぼろめしで〆た

上質素材と絶妙の焼きをいただくやきとり処

06F5A570-6229-42D7-B968-061B3A660DB7.jpg


溜池山王で仕事仲間と一杯

黒い板塀の外観から店内へ入ると

カウンターだけの落ち着いた空間がある

D3C5AA90-A1AB-42AB-8A4E-2DAE4D8AF115.jpg

BE31EDD6-C6E5-4E73-BC0D-41C930FFDE6C.jpg

L字カウンターの角辺りに腰をおろした


とりあえず生ビールというわけで

<カールスバーグ>で乾杯すると

この先のやきとりに備えてか

野菜スティックおろし卵が供される

349E5A2E-9420-4A7E-99CA-EE620072D897.jpg

D99EC649-3F1F-4AA7-AAF7-C1587E22F3CA.jpg

串焼きは、おまかせ7串の<酉コース>にした

この他に10本の玉コースもある


かしわ、ナンコツ、ぼんじり、つくね、

獅子唐、血肝、手羽先だったかな

E2D61A09-6DF3-4B28-ACF8-4358B9419A8D.jpg

09B1EC50-09FF-4DD9-9D63-A203FB55A432.jpg

DC10CD94-921B-45E3-B10C-772CCCD94E3A.jpg

A9BB00F3-C3A8-4BC9-98FC-539DD664E7C8.jpg

62134643-B663-4F14-BB41-BC9899B8CAB1.jpg

9E37B7A2-589E-4681-A61B-BA850350A385.jpg

BA3949E5-8958-4C1D-93C8-5058F0A667A4.jpg

11本丹精込めて焼かれた串たちは、

素材も焼きも味付けも上質で旨し


ビールの後に1杯、<生レモンサワー>を

もらったが、やっぱり日本酒だろうと

壁に掲げられた銘柄から山本此君

百楽門を順番に味わっていく

609E825E-E1DD-4E5D-84FE-C439A66E247C.jpg

17305C91-BD9A-4619-8FB0-76C00C3F5011.jpg

366B73F7-0EB9-439F-AC96-6389E911AF15.jpg

B104408F-6EC4-4DA7-ADF2-31E74452BBB4.jpg

4DC024B0-638C-4640-83C5-8D8B82C6B86E.jpg


7本の串を軽快に愉しんだ後は、一品料理へ

<とりわさ>、<豆腐の味噌漬け>と

日本酒にピタリとハマる肴に

<冷やしトマト>、<自家製ピクルス>も

添えて合間をサッパリと埋める

299D4BAD-42A3-4563-B905-A771FCB38EAA.jpg

A373D836-8CAF-405F-A1D3-745DFD91ED30.jpg

E9E27E3E-60BB-4D6C-82ED-31BBC6BCDBDD.jpg

5A781188-0573-4428-9460-43C8785F7662.jpg

6AA9844D-AB2D-48DA-957A-D3DCEE33D4E0.jpg


そして、〆の1品に選んだのは、<そぼろ丼>

0CFE2FDA-666B-4051-94ED-6851283C5C2C.jpg


温泉玉子が添えられたそぼろ丼は、

子供の頃から変わらず大好きな味だ

CDFB1A34-737C-4891-9484-8F04D1D088C1.jpg


初めての訪問だったが、店員さんの接客も

自然なホスピタリティがあって居心地よし

機会があれば白金の酉玉にも行ってみたいな

5E887359-7CB9-48CC-BCD8-A6C818EF6777.jpg

#シックな雰囲気の上質やきとり空間

#溜池酉玉 #溜池山王

posted by ノムさん at 16:59| 東京 ☀| Comment(0) | 赤坂・永田町・虎ノ門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

もつ千 @ 赤坂

★★★★★

トッロトロにやわらかく溶けるタンシチュー

サックサクな衣にジューシーさのハムカツ

シャッキシャキ食感にごま油香る春菊ナムル

トゥルントゥルンに旨みが広がるレバテキ

この界隈で個人的に一番好きなもつ焼酒場

3589248A-133A-4778-AAD1-059EA2A97456.jpg


赤坂で一杯

打合せを終えて仕事仲間と食事がてらに

ホント久しぶりにこちらを訪問

赤坂のオフィスの頃は度々来てた店だ

AFFEB181-26DD-49F6-A946-18B37F546CD1.jpg


<ホッピーセット・399円>を2人でもらう

ナカ焼酎は、大容量焼酎…銘柄忘れた

お通しには、“キャベツ”が添えられる

4B6B74A0-34D8-4D87-8483-129CC87A018F.jpg


サラダ替りに<春菊ナムル・299円>

春菊の青い香りにごま油の風味が馴染む

0AF336D4-85E6-46F5-A753-D45D746977B6.jpg


<トロトロタンシチュー・399円>は、

その名の通り、やわらかく煮込まれたタンが

口の中でほぐれ、舌にトロける

5548A304-25C7-489C-95B2-A1A3B1D51F7E.jpg


衣サクサクの<厚切りハムカツ・299円>は

具のハムもやわらかジューシーさが凄い

94ECC6A6-8255-4629-9524-1C463A014412.jpg


<ナカ・199円>を2度おかわりしながら

食べたいメニューをさらに追加していく

B0F11EAE-3C06-477A-A80F-93A25E8BE287.jpg


玉子を豊かに含むまぁるい甘みが印象的な

<手作りポテトサラダ・299円>に

素材のレバーの風味がトゥルンと溶ける

<大山鶏のレバテキ・399円>

10E1F363-DBA5-4E99-B84B-C3581AC62748.jpg

395914E4-5C79-48E3-AC32-8C8ADF9B52A2.jpg


そして、脂の甘みがジュワッと舌に沁みる

<牛マルチョウ焼き・499円>と

バターとレモンの様な風味が重なる

<鶏セセリのバターポン酢・399円>

8F106BE2-1846-4759-8034-01B09D2EFD04.jpg

90C7AA4F-7F33-4B57-857C-66AA42B6D28E.jpg


〆て1人2,700円ちょっと

やっぱり“もつ千”は何食べても秀逸だった

844660B9-F873-4389-AE06-2E7D1C27F4E2.jpg

#もつ焼き #居酒屋 #大衆酒場

posted by ノムさん at 13:43| 東京 ☁| Comment(0) | 赤坂・永田町・虎ノ門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

ガンシップ @ 赤坂見附

★★★

1年に1度の某趣味の組織の集いに利用

安定のクオリティの大皿料理たちをアテに

趣味の仲間と語らいながら、飲み放題の

ワインを傾ければ自然と和む

ニューオータニにあるパーティレストラン


B716301F-7EE6-4116-9029-5D7EEAB4771C.jpg

383D0929-7E38-4477-936F-A1A6E19E5AE2.jpg

3F83FF84-84B7-4B6B-B8F8-2A4D56BC47D9.jpg

D17DC4B7-E484-4CB3-B21C-0451BC0518A0.jpg

DF50142A-6B4E-419E-A4F9-D38BC9EF1316.jpg

10D02BA5-FDED-4A43-8DA8-A42BF7B51B40.jpg

ACD23BD6-8E55-4540-B8D1-2086DFCF2530.jpg

posted by ノムさん at 06:40| 東京 ☁| Comment(0) | 赤坂・永田町・虎ノ門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月25日

伍ばんてお @ 赤坂

★★★★☆

お値段そのままで金宮を濃くしてくれるって

言われちゃったらお願いするしかないよね

5食限定の旨み濃密な“鳥レバ刺”や

混ぜて味わう“明太子ポテサラ”と肴も◎

渋谷、新橋の“ヴァンテオ”系の立呑み最新店

E251242F-7240-4A27-9846-382E8189E089.jpg


赤坂で同僚と一杯

昨夏、新橋“4ヴァンテオ”に次ぐ新たなお店が

赤坂に開店と聞いて行ってみたかったこちら

比較的早い時間に赤坂で仕事が終わり、

ここぞとばかりに同僚を誘って待望の初訪問

6C6274C8-693E-46A4-ADE7-3A6CA1E1CB94.jpg


系列と言ってもそれぞれスタイルが違う

ヴァンテオのお店、こちらの“伍ぱんてお”は

串焼き主体の立呑み酒場だ

D0C83BA1-11E9-40CF-B4AF-0A8563DA0263.jpg


2人用の立呑みテーブルに泊まって注文は、

<ホッピーセット・450円>と

<中・220円>を1つずつもらい外をシェア

これでリーズナブルに12杯飲める

A62B6EA8-DAC7-4575-88AF-24C43A7D44F9.jpg


希望があれば、お値段そのままで焼酎を

増量してくれる“酔っぱらいサワー”なる

素敵なサービスを案内されもちろんそれで

さらに焼酎がキンミヤだから言うことなし

6AC9D0A2-7262-4A7C-BBB2-8FEF7C9BC63B.jpg

7F69B22E-CAD6-4798-B3B1-D735834E6617.jpg


5食限定”の文字にやられて注文したのが、

<甲州地鶏のレバ刺し・580円>

2DB0A620-EF4F-4FCE-832D-D85F83F1122C.jpg

ニンニクを少し添え、塩とごま油のタレに

浸けていただけば臭みなく素材の旨みが

なめらかに舌にからみつく


<酒あて3種盛り・380円>は、

“ホタルイカの沖漬け”、“イカの塩辛”、

“刻みワサビ”の盛合せで酒に合うこと

間違いなしで日本酒欲しくなっちゃう

9AC72944-FCA2-44A1-B1D8-A149182CEFFC.jpg


ホッピーを2杯ずつ飲み切った後にもう1

<キンキン生レモンサワー・380円>を

もちろん“酔っぱらいサワー”で注文

367B34A8-443D-4079-84D4-45F6DFA35C66.jpg

764ADD37-2725-47EB-9815-EC3F0A1165B1.jpg

搾った自然なレモンの風味が活きて

甘みが抑えられたレモンサワー気に入った


<明太子ポテサラ・380円>を追加したら

明太子がたっぷり目にのせられて供された

混ぜてから箸を付けるとポテトと明太子、

それぞれの風味が引き立て合ってる

C45AB2C0-B399-4DD1-AF42-EFBE8C9C6CBB.jpg

D8AF5A61-6E1D-44ED-8F12-8AFD01F74C3D.jpg


サクッと3杯飲んでお会計は11,500円強

ガレット酒場の“4ヴァンテオ”が好きだけど

ミスジ通りの最新の“ヴァンテオ”もいいね

B7427160-87F8-4D0D-B850-A4CEF8D2AF2B.jpg


次回は看板の串焼きをいただいてもみたいが

ランチ限定の“食べるラー油そば”にも興味津々

C7F1BF75-AFFD-4B5B-96EF-BE041DDC72D6.jpg

#立呑み #居酒屋 #やきとり #大衆酒場 

#キンミヤ #赤星

posted by ノムさん at 04:34| 東京 ☀| Comment(0) | 赤坂・永田町・虎ノ門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

ニサシ @ 赤坂

★★★★☆

評判通り絶品のポテトサラダ、まろやかな

肉の旨みがギュッと凝縮したシューマイ、

ホロホロと串から崩れそうな牛スジ煮込み

立呑みながら一品一品の料理に魂を感じる

客単価の高いこの街に貴重な大衆立呑み処

81CA24A5-1871-4635-855A-204B5CFFCFD7.jpg


赤坂で諸用を済ませて一杯

「そうだ!あそこへ」と思い立ったのは、

ポテサラが絶品と評判のこちらお店

立呑みだがカウンターにいくつか椅子もある

F611E780-67FD-43AD-A263-50551BAC14D3.jpg


かなりの混みようだったが先客がスペースを

開けてくれてカウンターの末席に入り込んだ

<レモンサワー・400円>とお目当ての

<ポテトサラダ・350円>をお願いした

EB9E4D10-7465-4614-9B24-4D88BA55EE93.jpg

FDA6925F-A472-41C5-BA83-8010FCEB9552.jpg


“ポテトサラダ”は噂通りのクオリティの高さ

ジャガイモの豊かな旨み、それをまろやかに

引き立てる細かく刻まれたゆで卵絶妙だ

振られたブラックペッパーがまた効いてる

4CD2B0EA-FD78-4D9C-9F91-D1DFC7945885.jpg

スッキリと“レモンサワー”を喉へ通す


<シューマイ・400円>を追加

餡が皮に包まれず剥き出しになった

肉々しいビジュアルのシューマイ2

素材の甘みと旨みがギュッと詰まってる

AE4C5216-0F4F-453C-A1FF-29B49CEB16C9.jpg

辛子と醤油で風味付けしていただいた


“レモンサワー”をおかわりすると同時に

<牛スジ煮込み・450円>も注文

串煮込み1本に豆腐と野菜の煮込みが

添えられた一品。よく煮込まれた牛すじ串は

ホロホロと串から崩れそう

C29A932A-ED39-4126-9B8C-196693820B21.jpg


全体的に料理の味がまぁるくて素晴らしい

刺身や酒の値段設定を考えると大衆立呑みと

しては少し高くつくかもしれないが、

赤坂界隈にこういう店は貴重だ

7E3E4891-BCAB-44F9-881A-48EA6A9EE991.jpg


〆てピッタリ2,000円

気さくでフレンドリーな大将も楽しいし

今度は仲間と連れ立って再訪し、

刺身あたりをアテに一杯呑りたいな

561E8206-D22A-4B71-A5CB-4CE6EA2E65AE.jpg


#立呑み #ポテサラが絶品

posted by ノムさん at 07:23| 東京 ☁| Comment(0) | 赤坂・永田町・虎ノ門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする