2018年01月27日

ささや @ 北千住

★★★☆☆

カウンターの角の大鍋でよぉく煮込まれた

串煮込みや煮玉子は味が沁み入って◎

気の合う呑み友2人と日本酒をすすりながら

老舗が立ち並ぶ飲み屋横丁の夜を愉しんだ

横丁の中程、炭火串焼き、串煮込みの評判店

4168F806-F068-4CDD-B7D6-4D85DDBEFE55.jpg


北千住で2次会

呑み友達と目指したのは、過去2度ほど

満席でフラれたことのあるこちら

1次会後に呑み友が電話予約して初訪問できた

1階カウンターの角の大鍋の前に陣取る

FBCC95BB-4B36-4D1A-A7AA-20DE7F42EC66.jpg


酒は日本酒をもらおうということになり

<出雲富士 純米吟醸 青ラベル>で再度の乾杯

キリッと超辛口な飲み口で料理に合いそう

5A2B4542-C6C6-4F72-A801-B4438FF530E5.jpg

6C1E54FF-A5E3-4F40-9D9C-CA6C2315F3CE.jpg


まずは、目の前の大鍋でよぉく煮込まれた

<串煮込み・13648円>と

<煮玉子・108円>をもらう

CC73B501-705D-43E8-ABBC-0704A8F7F33C.jpg

222D75CC-3D82-4224-AE7C-DEFF3EC33293.jpg


酒のおかわりに選んだのは好きな銘柄の一つ

<陸奥八仙 特別純米 ひやおろし>

スッキリとしたフルーティさが陸奥八仙らしい

3214775E-F633-49F2-84A5-6C11480EA39C.jpg


酒のアテは、串煮込みから串焼きへ

メニューのやきとんのカテゴリーから自分は

<豚ハラミ・216円>と

<テッポー・216円>を焼いてもらった

CC591645-7944-412A-8832-4DE53B45A59D.jpg

CC007737-EB9B-4217-A8FC-6B08AF97FC10.jpg


さらに一品料理から

<自家製レバー・648円>を注文

添えられたバケットにのせていただけば

なめらかな旨みがサクッとしたバケットと

相性よくてとっても気に入った

CF79DE51-8891-4DAB-A99A-99FD24724559.jpg


閉店の時間が近づき、キッチンも片付けが

始まったところでお勘定して退店

次は、1次会からしっかり味わいに再訪したい

4B3DDE38-EBE3-458E-84FB-C26B8F42A7DA.jpg

#居酒屋 #串焼き #串煮込み

posted by ノムさん at 14:24| 東京 ☀| Comment(0) | 北千住・綾瀬・金町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

やきとり 渓 @ 亀有

★★★★★

情熱とたこ焼きとコロッケの間といった

アツアツで素材の風味がいい“渓ポテト”に

バリエーションを楽しめる“豚巻き”などなど

店主のセンスが光る一工夫凝らした料理が◎

店主の人柄と料理が客を呼ぶ評判の大衆酒場

B16B86C7-91C0-4208-9E75-5B60B10C2CAC.jpg


亀有でひとり酒

この地で仕事を終え、一杯呑って帰ろうと

思い立ったのが、酒場放浪記で紹介されてた

こちらのお店。“渓”の文字の赤提灯と

アサヒビールの連吊り提灯がいい感じ

AFAB69D5-F53B-4438-BA8C-2177F3DEFDED.jpg


カウンターに腰を下ろして

<焼酎ハイボール・350円>を店主にお願い

キンミヤのボトルがキープされてるが、

ナカ焼酎は、宝焼酎の“純”だとのこと

BFF5A2A4-ACE6-4B03-9F32-23BDF7FE217B.jpg

D200E9AB-1266-4107-863A-214D823C3722.jpg


<お通し>は、おでんで

ちくわ、厚揚げ、さつま揚げが供された

3A70D255-7D11-4270-B943-D0C9270E1279.jpg

人柄の良さが滲み出てる店主はワンオペで

とっても忙しそうだが、接客も素晴らしい


カラフルでポップなデザインの文字で

書かれたメニューを見回して選んだのは、

タレが効いた<ピーマン肉詰・180円>と

<みそつくね・120円>

CDDFDC19-46D3-4BB8-88D9-CF1A81F6AE02.jpg


味付けされた“みそつくね”は、

味噌味ががっつりするわけではなく、

ほのかに味噌のいい風味が滲んでくる

A14C8C7F-3EA8-4E02-A855-F3D58C1CC96B.jpg

数種類のバリエーションのある

<肉巻き・各200円>もいただこう

“豚うづら巻き”、“豚山芋巻き”がヤマで

“豚ニラ巻き”にありつけた

ニラの風味と豚肉の甘みがよく馴染む


“焼酎ハイボール”をおかわりして

気になった<渓ポテト・450円>を追加

0855383C-DC8F-41A1-A321-2EDA4BF37636.jpg


見た目“たこ焼き”の様な一品は、

店名を冠するだけあってこれは楽しい旨さ

4509C844-E1EF-400E-956A-910D42D08BCD.jpg


口に運べばアツアツで

実際にタコも入っているが、身は山芋

たこ焼きと山芋コロッケの中庸な味わいだ

224BE749-5C26-4079-B452-1B3F8C210D9C.jpg


<もつ煮込み・400円>までいただいて

〆て2,350円は大満足なひとり呑みだった

6F95B57F-B363-4233-84F8-D1109B731FA3.jpg

C92BCB41-51AA-495C-A551-F76230285316.jpg


後ろのテーブルの女子グループがたのんだ

“山芋ステーキ”がまたメチャおいしそうで

次は、呑み友たちと再訪して一工夫された

極上の料理をいろいろ食べたくなった

FDCC0623-10E5-4B0D-9B3F-61DB54B58FC3.jpg


#大衆酒場 #居酒屋 #類さん酒場

posted by ノムさん at 08:59| 東京 ☀| Comment(0) | 北千住・綾瀬・金町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

居酒屋 波 @ 京成立石

★★★★☆

渋い横丁にある店の渋い暖簾をくぐれば

やさしい女将さんの手料理で愉しめる酒場。

L字のカウンターを呑み仲間たちと占拠して

装備されたカラオケで立石の夜を〆た。

歌うのもいいがしっとり呑るも良しな酒場。

B250745B-46ED-4EA6-BC0C-DD23C8E3EACB.jpg


京成立石ではしご酒。

呑んべ横丁8人位でいい感じに呑める店を

探してピピンと来たのがこちらの居酒屋。

女将さんの対応もいいし店の雰囲気もいい。

さらにカラオケだってあって〆に丁度いい。

39273943-4817-416A-AEC4-4899EEDC5D45.jpg

呑み仲間たちを先導してカウンターを占拠。

カウンターには類さんの色紙がある。

意図せず類さん酒場を探り当てた。


ドリンクは芋焼酎をボトルで入れて

デンモクで歌も入れる。

芋は<黒霧島>。歌は<レミオロメン>。

3F85CC90-416A-4A25-AB8C-11BEBBFD7066.jpg

66BF33D5-2395-4E98-B4E7-5B18B2C4E210.jpg

お通しに供されたのは<レンコンの煮物>。

あとは<エイヒレ>を焼いてもらった。


でも楽しすぎたこの店の後半の記憶は

そっとカウンターの下に隠して来たので

自身体感のレビューはここまで。

黒霧2本呑んで、みんなで歌って

12,000円だったらしい。安いなぁ。

posted by ノムさん at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北千住・綾瀬・金町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

串揚げ100円ショップ @ 京成立石

★★☆☆☆

大将が塩接客だとは聞いていたけど

もう7軒目でできあがっちゃってる我らは

案の定その逆鱗に触れた。。。笑

でも串揚げ100円って珍しくないよね。

江戸っ子の向かいにある串揚げ立飲み。

50A07FFC-1207-47E9-ACFB-A32E103456A6.jpg


京成立石ではしご酒。

7軒目は江戸っ子を目指したものの

かなりの待ち客の行列であきらめ

向かいの酒処秀はいっぱいで

その隣にあるこちらへ入店。

64C3A0C7-95AF-4D00-80E0-28517B0C4EF0.jpg

立飲みのカウンターについて

自分は<チューハイ>をもらった。


串揚げをいくつかたのんだっぽいが

味わった記憶がなく、できあがって

声が大きくなった仲間が噂の大将に

叱られたことだけ覚えてる。

8D56699C-3905-4BF8-9C29-479BB6DAB7DA.jpg

なんかその後は空気悪くなっちゃって

おいらは次の店を散策に

呑んべ横丁に出かけていった。


静かに飲まなくちゃね。

posted by ノムさん at 23:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北千住・綾瀬・金町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蘭州 @ 京成立石

★★★★☆

モッチモチ食感の皮の水餃子が最高。

焼餃子も旨くてどちらもおかわりしたが

やっぱり印象的なのは絶品水餃子。

それを摘みながら紹興酒で仲間と乾杯。

大衆呑みの聖地に光を放つ餃子の名店。

040DE831-181E-49B9-A26C-6D42B354EFD7.jpg


京成立石ではしご酒。

6軒目に行き着いたのは食べてみたかった

立石に蘭州ありと名高い餃子の有名店。

開店まで隣の酒場に待機して開店直後に

仲間と入店して奥のテーブル席に着いた。

B845788E-D671-4A86-AB73-291DE03C63FD.jpg


誰がたのんだかドリンクは紹興酒のボトル。

<紹興酒 塔牌 花彫(陳五年)>。

8C9C9FBF-FBE6-4E11-B63D-C0B0DEAABF7A.jpg

久々に紹興酒飲んだ気がするが想定通りの味。


そして待望のご対面の<水餃子>。

モッチモチの皮に包まれた

旨みたっぷりの具がまたジューシー。

5F45528E-EF38-46E4-A137-92728738656E.jpg

7C7D1357-AC13-43DC-9297-CEAD88C48818.jpg

噂には聞いていたが確かにこれは旨い。

ほろ酔いだったが旨さに目が覚める。


さらに<焼餃子>もいただいた上に

水餃子も焼餃子もおかわり。

951C3A9A-65EF-4981-9670-58EAA92D52E9.jpg

B002B7F2-C699-4B5A-ABE1-C05078F50121.jpg


歯ごたえのある<牛すじ>を挟んで

最後には<ワンタンメン>。

少し取り分けてもらったがこれもいい。

7EB32146-DF00-40BB-AC13-651813515445.jpg

2C53E001-0118-46C9-B8F7-67E81C3CF24E.jpg

88887CC4-E5F1-4825-8FBD-FC7781D2196C.jpg


立石ツアーのひとつの目的を満足させて

呑兵衛達の集団は7軒目の酒場を求めて

蘭州を後にした。

64CA9C8E-1B8C-444A-8AED-B3D0008C3EC4.jpg

posted by ノムさん at 23:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北千住・綾瀬・金町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする