2017年12月28日

かねまん @ 大井町

★★★★★

みそメンチ、テッポーみそ焼き、桜ユッケ、

もちろん看板のうなぎとどれも間違いないが

今回のコースで供された刺し盛りがまた美味

丑の日翌日、うなぎに加えフグも楽しめた

知る人ぞ知る隠れたうなぎ大衆酒場の名店

4BDCCEB3-2D57-4F42-95E5-EDAF97921675.jpg


大井町で会社仲間の親睦会

土用の丑の日の翌日ということでうなぎが

食べたい、かつリーズナブルにとの要望で

店選びを託された自分が選んだのがこちら

19C5F8BC-7142-4989-B709-FA0C7300E987.jpg


5,000円でノミホ付き、うなぎ入りの

おまかせコースで7人の予約をお願いした

瓶ビールの銘柄は、サッポロラガー、

いわゆる“赤星”。それをもらって乾杯

785D787A-EF73-4C19-8E12-CCBC65A55D81.jpg

38DC8499-DEAF-49DA-96D4-FA7963A5EF08.jpg

9504B234-DFAE-408B-B97B-CBCCECB06B8E.jpg


<そばの実かけ水菜とベーコンサラダ>、

CBB56B7C-5577-4194-92E8-2EA342EE6A62.jpg

52C685DF-10A6-43D6-BDE4-945D8D33D1D2.jpg


<馬肉ユッケ>、

A15A4FF5-6221-4D40-B75E-0B7740756E3D.jpg

6A8B4AD9-5EB3-44A0-84B8-E496B4242027.jpg


<みそかけメンチカツ>、

C89B08F7-2DFB-48B5-8F87-9FF10D1B7637.jpg


<みそ焼きテッポー>、

0BBF4615-D2B5-4457-9976-01ACF1315CB2.jpg


<うなぎ蒲焼>

0C279D0A-B015-498D-9B77-1C39B53B581C.jpg

ちょっと前に貸切での宴会でも利用したが、

その時と同じ秀逸な定番メニューにも再会


この辺りはやっぱり間違いのないおいしさ

ちゃんと丑の日のうなぎも食せてよかった


ビールの後はレモン、タンサン、ホッピー、

バイスとキンミヤの割りものを順に堪能

甘みのあるキンミヤのおいしさを改めて実感

AF0BEE34-CCC9-406F-9E71-14E21DD64571.jpg

FB583DFF-8CF8-4E19-B9C8-76FC080D2B59.jpg

64C04414-99FD-4485-81E2-9C3458A2299D.jpg

BA692E0F-F26C-43B6-89A4-6FFB5B0C6F8C.jpg

788C7837-9BA9-44B7-B1C7-996A865F37BA.jpg


今回、この店で新たな発見だったのが、

うなぎや肉類だけでなく魚の刺身も旨いこと

8556CBD8-1F77-4777-A740-A5B62F420018.jpg


<刺し盛り>で供されたネタは、

生シラス、タコ刺、カンパチ、イカ、ウニ、

なめろう、サーモン、いやぁ全部ネタがいい

なめろうのみそとネギの和え具合も絶妙だ

73302D6A-0BC9-49FF-A9AD-4EC1133F0BB0.jpg


もう一つの看板素材の“フグ”メニューも登場

<フグの唐揚げ>は旨みがとってもふくよか

33C5FB4F-48C0-4F77-9257-2A64F1901B8B.jpg

12個ずつだったが、もっと食べたぁい


〆の麺は、サッパリと<つけめん>

あさひや製麺所製の手もみ風の麺がモチっと

いい食感で添えられた野菜と共に

どこかサラダチックにサッパリと〆られた

5066BAE5-E5DD-433F-9E0D-2FDFB8DA2772.jpg


メニュー札を見ていると食べたいものは

まだまだたくさんある。今度は少人数で

アラカルト注文で楽しんでみようかな

1FADC36A-ED97-401B-9724-1830AEB9E8E5.jpg

98C31E59-30C4-400C-84C4-D4D0C07C0666.jpg

D9DC94CA-BAEE-4ED0-9688-C8CCF046F789.jpg

posted by ノムさん at 05:00| 東京 ☀| Comment(0) | 大井町・大森・蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

味の磯平 @ 大井町

★★★★☆

ゼロ次会で“ふぐの薄造り”!だって390

安くてもやわらかな甘みがちゃんとあって◎

巾着スタイルの“モツ煮込み”もおもしろいし、

14時〜の営業も昼呑みシーンにありがたい

ここを知ると大井町呑みが深くなる大衆酒場

3009287A-C4CB-4D03-AF48-68A1F7CCB33E.jpg


大井町でゼロ次会

18:30の本会前、16:30に呑み友たちと

待ち合わせたのは、この界隈に造詣が深い

呑み友が教えてくれたこちらのお店

FCB7F0E1-E1C1-433A-BD51-1A454EF17707.png


一足先に着いた自分はテーブル席を確保

とりあえず<生ビール・350円>を注文

銘柄はアサヒスーパードライ

A62BF2F7-3390-4132-8F2F-FB5DBC6E3577.jpg


メニューに“磯平の掟”なるものがあって

“とりあえず牛もつ煮込みから食べるべし”と

あるので素直な自分はそれに従う

70E125D6-FAC6-4217-A7B1-C87D7724C923.jpg


具の内容によって平社員〜会長の

バリエーションがある中から選んだのは

<係長(牛もつ+卵)・350円>

A84CA81F-919E-4D3A-8A6F-81657E4B8005.jpg


モツは油揚げに巾着スタイルで入れられて

いるのがおもしろく、デミグラスソースで

煮込まれて洋風テイストに仕上がってる

AEC85655-6EF2-4DE0-BC27-E59A93F03E8D.jpg

629EF615-2E55-447A-9C5B-41F9E589371E.jpg


遅れて来た呑み仲間2人は

<社長(全部入れ)・500円>を注文した

73B61870-436D-4A51-8AC0-1720B21D374F.jpg


“肉刺し?魚刺し?どちらか食べるべし”が

次の掟。本会は肉系なので魚にしよう

そして注文した名物の破格の一品は、

<ふぐ薄造り・390円>

36676414-E0AE-48FB-A80D-8E56CCB20070.jpg

FC4083E8-EDD3-4D2B-A45A-576D12229D22.jpg

やさしい甘みがあってコスパ抜群だ


豆乳好きな自分の目に止まった酒、

Soi酎・350円>に切り替えてみる

豆乳な風味はそのままだが結構焼酎が濃い

160E8A71-6A8C-472F-9E32-B6668CDAAD0E.jpg


もう1品魚の刺身をもらおうと

<王道!美味い鮪刺し・390円>を追加

これも脂のノリが良くておいしかったな

DC4441BE-E64A-4799-BEE2-C9D9CAB93F66.jpg


まだまだ安くて気になるメニューは

いろいろあったが、今日はここまで

1人あたり1,700円くらい支払って

本会を目指した

AA09593F-4ABF-4ABB-994E-88B11CDD5B65.jpg

#居酒屋

posted by ノムさん at 05:49| 東京 ☔| Comment(0) | 大井町・大森・蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

葉月 @ 青物横丁

★★★★★

やわらかくて甘みのある濃厚な味わいの

“牛すじ煮込み”はここでは必須

〆にたのんだ“昔のナポリタン”はその量に!!

ホッピーのナカ焼酎の量にもまたまた‼︎

酒場放浪記にも登場の気のいい大衆酒場

49003824-F331-4861-A13F-AC58952FB974.jpg


青物横丁呑み

仕事を終えた同僚たちと一杯やっていこうと

お気に入りのこちらの酒場へご案内

A76E5E61-60AE-4CC7-8C86-F5AEF0C8CE3F.jpg

運よく小上がりの4人の座卓が空いてた


サッポロのジョッキで供される

<生ビール(中)・550円>で4人で乾杯

027B589D-CE37-4A82-A54C-267CA15CAD74.jpg

F77CB7EA-32ED-4F68-99D5-25C96ABBC0DA.jpg

粒々マスタードを纏った“鴨の燻製”から美味


前回ひとりで訪問した時に気に入った

<牛すじ煮込み・550円>は忘れず注文

0396A5F8-2FE9-4CE0-944F-1891EE669CE0.jpg

9A7D37DA-56A3-4DF6-8147-08F91FADE4E8.jpg

よく煮込まれた牛すじのやわらかさと

コクのある旨みと脂身の甘みがすごい


黒板メニューから選んだのは、

<ゴーヤチャンプル・630円>と

<刺盛り・850円>  



7D6AE83C-3FB7-4224-8724-D81EF00B5CD2.jpg

16C43D3A-5C04-4773-9081-BE8864BED1EA.jpg

この日の刺盛りは

“かんぱち”、“たこ”、“やりいか”で

特にかんぱちの素材の深い旨みに驚く


<ホッピー(セット)・420円>を

たのんでみれば“焼酎”はグラスの78

<ナカ・170円>を4度おかわりして

ホッピー1本で5杯飲んでベロンベロンだ

1E93D7FA-ADB3-4A19-B252-FBAA0476B888.jpg


酒場放浪記で類さんがたのんでた裏メニュー

<スペシャルオムレツ・650円?>も注文

A4750783-5373-43CE-9D8C-DC41613B08F4.jpg

D93B6209-A490-4668-953A-2F825BC8FFBC.jpg

千切りのキャベツに絡むチーズが具で

シャキッとした食感も含んだ一品だった


オムレツもそうだが、ピザ、パスタみたいな

洋なメニューから〆に選んだのが

<昔のナポリタン・800円>

A179FBFA-BE07-46BE-8F3E-D0D4F0135D6A.jpg


まさに“昔ながら”な味だけど、驚いたのは量

1人前で34人分くらいある

85662806-9982-4B1A-8794-A3DD694C948F.jpg

メニューに“ハーフサイズあり”と書いてある

理由がわかるなぁなんて話しながら

それでも男4人で出されたものは食べ切った


お店の方の接客もとっても馴染みやすいし

この辺りで仕事終わったらまた寄っちゃうな

B0AC992F-1956-4F47-95B7-6C8A75288800.jpg

#居酒屋 #大衆酒場 #類さん酒場


posted by ノムさん at 11:12| 東京 ☀| Comment(0) | 大井町・大森・蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

餃子とワイン屋 @ 大森

★★★★☆

トマト、チーズ、セロリ、イタリアンカラーの

3つの素材が上手に溶け合う個性派餃子は、

濃密でピザチックな風味の一品

イタリアのスプマンテをもらって仲間と乾杯

カジュアルに餃子とワインを楽しむお店

ACC926EB-2F7B-42B0-8B6F-E3150B7214C6.heic


大森で3次会

2次会の“餃子とビール屋”で目にした

姉妹店の貼り紙に興味を惹かれ

呑み仲間たちと540円かけてタクシー移動

階段を降りた店内はラフな感じの空間

47163FFB-6CDA-455F-ADEF-59F7FA30844B.heic


女性陣の希望でスパークリングをボトルで

もらってこの日3度目の乾杯

銘柄は<VALMOLONE BRUT>で

2,000円ちょっとだったかな

7F4B5A90-AB4C-4A6C-85CF-7C98ED8FF034.jpg

ちなみにこの店も生ビールは200円だ


定番の餃子は前のお店で食べてきたから

<イタリアン餃子(5個)・280円>を注文

皮の中の具は、トマトとチーズとセロリなど

その風味は餃子とはまた別の料理みたい

0C842DDF-DDE5-4703-9900-4DFBB09BF753.jpg


サッパリとしたものも欲しいなと

<自家製ピックルス・130円>をいただく

A2131702-0C52-4645-84BA-37DFFADFF296.jpg


クリスピータイプのおつまみピザから

<モッツァレラのマルゲリータ・360円>と

もうひとつ別のピザをもらい、さらに

<ポテトフライ・230円>あたりもいただく

BC5B761F-4859-44D0-9235-2345365726AF.jpg

A0CAC066-8504-44DB-B0AF-42937C89E40A.jpg

C61C6C2C-2D0F-420F-8436-B9B06D5AA9A9.jpg


3軒目のこの辺りになるともう記憶も斑ら

ただまた気軽に仲間と楽しめる店を

知ることができた

804654DF-7C15-4086-BAC1-D8D2CC2E0AF6.jpg

posted by ノムさん at 09:04| 東京 ☔| Comment(0) | 大井町・大森・蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餃子とビール屋 @ 立会川

★★★★☆

10360円の餃子と200円の生ビールを

店名通りにもらって激安酒場で乾杯

安いからって劣悪な餃子なんかではなく

個性も感じるおいしさでコスパの良さ◎

ドリンクもアテも激安な嬉しい餃子酒場

22E7C245-68A1-4781-94E9-3B84343CDDFF.heic


立会川で2次会

呑み仲間5人で鳥勝を満喫した後、

もう1件安呑みしようとこちらへテクテク

かなり混んではいたがカウンターに座れた

3758158A-D264-43FE-B9AE-AD0604B7A15C.heic


<生ビール・200円>をもらい改めて乾杯

安いけれどちゃんとアサヒスーパードライだ

BF59BB62-DC21-49D6-9077-58757D25337C.jpg


もちろん看板メニューの餃子ももらう

<手作り餃子(10個)・360円>を2

80540714-AB35-429D-A946-0DEA904CD20C.jpg


粗挽きな肉の食感が特徴の餃子は

ジューシーに肉の旨みが舌に広がる

383930C0-3D13-4580-9C3B-7AB9A9DA0869.jpg


<シュウマイ(3個)・280円>も注文

これは初めていただいたメニューだが

手作りシュウマイもジュワッと旨みたっぷり

4AB96130-A55C-4DD3-A39E-0FF6846F5137.jpg


店内に貼り出された“姉妹店の案内”を見て

ここにも行ってみようと1人数百円を支払って

姉妹店の“餃子とワイン”へタクシーで向かう

0286CDF3-03F9-47BA-B5F3-CC8395B65B95.jpg

posted by ノムさん at 08:55| 東京 ☔| Comment(0) | 大井町・大森・蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする