2018年02月07日

亀印食堂 @ 月島

★★★☆☆

“肉野菜炒め”と“餃子”をアテにして同僚と2

ビールを注ぎ合い年季の入った店内で一杯

最後は懐かし系の“オムライス”をもらって

シェアして半分食べたらお腹いっぱい

外観からいいアジ出してる老舗うどん食堂

56939405-6BE4-411B-A7F6-703874CEA9F9.jpg


月島で仕事帰りに一杯

同僚と食堂呑みしようと大衆感溢れる店へ

夕方営業が開店したばかりで他に客はなし

相撲の初場所がオンエアされてる店内の

年季の入ったテーブル席へ腰掛ける

717390A6-0933-4EA3-9B1E-B29CF4D97971.jpg


<ビール(大瓶)・600円>を注ぎ合い乾杯

銘柄は、キリンラガー

61A01AD6-692B-42DC-8644-6541716C18F3.jpg


<お通し・無料サービス>に漬物が供された

02FB663F-6F16-48C6-B317-A1330D186192.jpg


ワンオペのお母さんに注文したアテは

<肉野菜炒め・650円>と<餃子・400円>

何の飾りっ気もない素朴なおいしさだが

ボリュームもそこそこありいい具合に摘める

4CCD1047-A23B-480B-B4D9-25FF9CD0E9A7.jpg

78E1730A-FC35-477E-AC97-23C1DC95FF97.jpg

4A2D8621-A022-4A5A-BA58-41CE279E96A9.jpg


ビールをもう1本追加したところでTVでは

横綱が欠場した初場所で鶴竜が勝ってた

8425FEC6-C846-4731-91E8-A8E5F1CE43E9.jpg

今日はサクッとということで〆へ

選んだのはうどん食堂なのに目を引かれた

<オムライス・650円>


こんもりとしたオムライスは懐かしい味

中華スープは2人分サービスしてくれた

07E5B57A-C6DC-44DE-9B74-FFB60B7FE228.jpg

6ED2EA97-6329-400E-8240-D4EFCC1BC0C2.jpg

6A5277F0-3E16-41E5-A4AF-E880B03A3594.jpg


うどん食堂というより町中華的なメニューで

ランチに立ち寄ってもほっこり良さそう

2FCDFEA0-C974-4B20-B71F-6A2C6EC88F98.jpg

#うどん #大衆食堂 #オムライス

posted by ノムさん at 06:21| 東京 ☀| Comment(0) | 銀座・有楽町・築地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

月島焼き肉 まんてん @ 月島

★★★★☆

基本1人前1500円の肉類は素材も優良で

立食いだとその旨みを一層繊細に感じられる

白玉焼酎ベースのホッピー割の杯を重ね

焼肉、ホルモンから冷麺の〆までを堪能した

“サクッと焼肉呑み”が正解の立食い焼肉店

9E97C844-2A4C-4FF9-B044-2A526F64E4D9.jpg


月島で一杯

昨年(2017年)開店した店に行ってみようと

こちらの立食い焼肉を同僚と2人で初訪問

ロースターが4つ並んだテーブル1つの店内

その周りにMAX12人ほど泊まれるとのこと

3F1FE892-F911-4967-BC72-74DBBEED46D7.jpg


<ホッピーセット(白)・400円>で乾杯

1本で<ナカ・200円>を3度おかわりできる

4杯飲んで1,000円の計算だ

2D60177B-0D6B-4A54-B1A4-B4E7EFCBCC22.jpg

BAA6D949-E2A6-4433-A0DB-B9C765DC8DE9.jpg

77E6AEE5-37B1-410E-AA7B-CC133E93D541.jpg


<キムチ盛合せ(3種盛)・300円>と共に

<ホルモンミックス(シングル)・500円>

<中落ちカルビ・500円>をまずはもらう

肉、ホルモン類は基本1500円の設定

620952B6-122A-4A69-9B88-C68BBF63AE9D.jpg

C3C4A33E-36AA-4A52-B6FF-7C94461B500B.jpg


ホルモンミックスは量も値段の割に十分で

下処理もしっかりとされて嫌な臭みもなく、

タレの旨みが素材とマッチしてる

9BCD17A8-B634-47A9-A842-36D30BEE69DC.jpg


中落ちカルビも5枚あってなかなかのコスパ

いい具合にサシが入り肉の甘みと旨みが光る

3791EF14-F74C-4858-9ED9-6644D87F0607.jpg

C4C298F2-8C3F-41D6-9A56-993D6F5B1EF5.jpg


ホッピーのソトを飲み干して更に1本追加

因みにナカの“白玉焼酎”は気に入ってる銘柄

4DA59F3F-6E02-4EEC-8B3E-FF11B79D0274.jpg


肉は希少部位の<サンカク・500円>と

ホルモンから<マルチョウ・500円>を焼き

さらに刺物から<ミノ刺・500円>を

チョイスしてツマミにした

B7BC0DE7-A377-45AB-AA47-A1BBD59A95BB.jpg

2348DB23-E03B-47D9-8334-C7143B5E979D.jpg

2F77E869-6A52-49FB-8352-11E000D717D0.jpg

254B801C-7753-4AB6-8D59-47FA2835ECC5.jpg

5A110828-5ECB-4C79-99C0-F77EC8ADB37F.jpg


そして最後は、常連さんにススメられ、

<冷麺・800円>を〆にたのんだ

2BCBAD71-C4EC-4A03-9AF6-D6A2D53C9B06.jpg

41CD7C0F-B04E-4F2F-BBB5-852893230491.jpg

思いの外、ガッチリ飲み食いしてしまって

〆てみれば1人約5,000


いくらおいしくて楽しいからって

立呑みでこの値段は調子に乗り過ぎ

次回は、ホッピー1本と肉類23品くらいで

絶対サクッと呑ることを心に誓った

2B73733E-D53B-451C-A76C-D73B90B30AEB.jpg

5F63BAA4-79ED-4BC4-9CBD-6D782C64318F.jpg


#立呑み #焼肉

posted by ノムさん at 10:04| 東京 ☀| Comment(0) | 銀座・有楽町・築地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

奴 @ 月島

★★★★☆

普通に民家な玄関を入ってリビングへ

おばあちゃんにウーロンハイをお願いして

終電までの時間を歌って過ごす

お通しの“きんぴらごぼう”にいい味沁みてた

入るのに躊躇する秘密のカラオケラウンジ

7D8025DD-A25C-4331-9440-5E5B08B6A503.jpg

月島ではしご酒

大衆酒場での同僚とふたりの飲みの席、

こちらのお店の話になり、

ちょっと寄ってみようかと久々の訪問


路地から路地へ進んだ場所

普通に民家の玄関をあけ、

おばあちゃんにご挨拶して入店

家で言えば、リビングのソファに腰をおろし

<ウーロンハイ>をもらうことにした

674D7F83-E07B-4BD1-A7D8-0078A06911E0.jpg


時間も遅かったし、お腹もいっぱいで

お通しの<きんぴらごぼう>だけもらう

他に客のない空間、同僚と順番に歌を入れ

何の気兼ねもなしに気持ちよく歌った

41BDFFB4-2989-42E6-A57E-FA8FD415A5CD.jpg

そろそろ終電

2人で1,500円をお支払いして駅に急ぐ

一時カラダを壊していたというおばあちゃん

超絶隠れ家なこのお店、長く続けてほしいなぁ


#カラオケ

posted by ノムさん at 07:17| 東京 🌁| Comment(0) | 銀座・有楽町・築地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

月島 串虎 @ 月島

★★★☆☆

キンミヤグラスをホッピーで満たしたら

“もつやき”、“ポテサラ”、“とり皮ポン酢”

大衆酒場らしい料理で同僚との会話を楽しむ

常連たちがひっそり通うキンミヤ大衆酒場

AFE77AE8-0008-460E-A965-C75D902AB894.jpg


月島で同僚と一献

月島でキンミヤホッピーというと

ついつい大島やで立ち飲んでしまう自分だが

今回はこちらの座れるキンミヤ酒場を初訪問

煌々と灯る“煮込み”の赤提灯がいいね

2C3F9A01-95A1-4964-943C-E9A8B73E13F1.jpg


同僚と2人<ホッピー・420円>をもらい乾杯

キンミヤ焼酎は業務用キューブから注がれる

店内の置物を見る限りご主人は阪神ファン

908B0F47-7730-42E4-AA1E-06F30C660877.jpg


赤提灯メニューの“煮込み”をもらおう

豆腐入りの<もつ煮込み・480円>は

オーソドックスながら安定感があるおいしさ

88FB4781-086A-4D3E-BDA3-EB50B034822C.jpg

0E8861A9-DB53-457D-9A12-3106FE508901.jpg

値段設定がちょっと高めに感じるが量も多め


<手作りポテトサラダ・530円>ももらうと

ジャガイモは粗挽きな感じで素材感がある

09182302-E35A-4058-9387-7A624F2ADF70.jpg

83B48949-FE30-47E4-9E54-B3721474BE33.jpg

これも値段設定高めだけどボリュームもある


<大串もつ焼き・4480円>は、

4本単位とのことで“レバー”と“シロ”を

2本ずつ焼いてもらって同僚と分けた

01FC3F30-4A5C-412F-9268-FF52F595DE76.jpg


後半のいいツマミになったのが

チビチビ摘める<とり皮ポン酢・430円>と

サッパリとした<自家製ぬか漬け・480円>

279E466C-6D3F-4E4C-9990-0B37965BB281.jpg

FEDEC889-FB44-447D-BBD2-1143AC8CDF96.jpg

794DA7E8-F730-4B1F-95C0-762E2FD53599.jpg


ホッピーの後は<ウーロンハイ・380円>や

<ハイサワー(レモン)・380円>を

飲みながら隣のお客さんとの会話も楽しんだ

F8C7F098-0D4E-4405-B4BA-E138E1CBBFB6.jpg


〆て13,800円くらい

サクッとのつもりがちょっと長居したな

料理は量が多くて単価が高いから

複数人で軽く呑みに立ち寄るのが良さそう

DC3E140A-EE27-4752-846A-CFD3A4AA7D87.jpg

35B69D22-54BA-48ED-9D9B-2F99D855D182.jpg

66AE6EF9-E945-4468-B6CD-8C52CAE8BE00.jpg

#大衆酒場 #居酒屋 #キンミヤ

posted by ノムさん at 08:28| 東京 ☀| Comment(0) | 銀座・有楽町・築地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

鮨 くらみ @ 勝どき

★★★★★

殻を剝かれて内子と外子を添えられた

旬の“セイコ蟹”は品のある甘みと旨みが素敵

“クエの水炊き”をはじめとした一品料理から

〆の“にぎり鮨”までどこを切り取っても美味

魅惑の素材と職人の腕が光るコスパ◎な鮨処

FF9F9FD1-6152-44D3-9324-B003839B3A75.jpg


勝どきで会食

忘年会を兼ねてこじんまりと5人での会食に

セッティングしたのがこちらの和食&鮨処

暖簾で仕切られた半個室風の席が用意された

BECFC837-6EAA-4AEE-A3D7-28D405834B30.jpg


少し遅刻したことを詫びながら

とりあえず<生ビール>をもらって

一年間のおつきあいに感謝の乾杯

0505AB3F-4D2E-4DF1-BE91-CF1D495695BC.jpg


突き出しの<魚のつみれ団子>からいい風味

CF7FBB2E-1AC0-4AA5-83F0-3166EC7BDE5E.jpg


到着前に注文されていた品がちょうど届く

食感の心地いい<子持ち昆布>、

BD4DD7E4-DC0F-45B2-BE2A-B43CD695497C.jpg


<ばくらい>は、ホヤとこのわたの塩辛

3C4AB43F-2A3E-4025-8141-E1784FB30CA4.jpg


そして見た目もキレイな<冷しガリトマト>

9FDE79F6-2AF1-46AE-BB32-D297DE616F2B.jpg


“ばくらい”は、あわせの日本酒を欲する味で

生ビールをおかわりした後は、皆で日本酒へ

十九、開運などの銘柄を4種ほどいただいた

65FFD014-47C5-4861-B2E3-31DCEF3BC71F.jpg


魅力的な海鮮の和食が並ぶメニューから

鮮度高く臭み皆無の<たら白子の天ぷら>、

A48F166E-4DBB-4AC5-9F8C-68B2ACCC2495.jpg


濃厚な固有の旨みのある<あん肝>、

2B18CEDB-B8D8-4BE2-ABBC-46DE4223DFA2.jpg


そして、幻の高級魚<クエの鍋>も追加

E94DF606-E350-42D6-8AFF-193E6EE1459E.jpg

どれも素材の良さが引き出された料理だ


終盤には〆がてら鮨をもらおうと

14貫ずつおまかせで握ってもらうことに

エビ、アジ、タイ、ウニ、

18C45A02-2A35-4CC3-AC31-20BF47BCA30B.jpg

2CA62521-1C62-46A2-9496-D286E6DF2717.jpg

03028242-6F5B-4A8A-9DD6-C4AE1EF54B14.jpg

87B520DD-B197-4301-ACF2-C2831263DC0B.jpg

パラっと具合よく握られた小ぶりのシャリの

にぎり鮨のさすがの味わいに気分も高揚する


加えて、にぎりの途中にいただいた

名物の“海老焼き玉子”はまさに“カステラ”の味

その食感と甘みは女性に特にウケそう

4B2F7204-E22D-4DC6-A7FF-7A6EC22B9E21.jpg


〆てみれば食べて飲んで1人あたり9,000円強

この内容で10,000円いかないのは、

思いっきりコスパ良くないかな

職人さんにご挨拶して気持ちよく退店

また、ちょっと特別な会食に利用しよう

55B93A6A-F10E-4BB5-AF8B-B4E3CA411656.jpg

#和食 #すし #日本料理

posted by ノムさん at 06:07| 東京 ☀| Comment(0) | 銀座・有楽町・築地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする