2017年10月11日

伊勢元 @ 大塚

★★★★★

舌におくとダシの旨みがジワっと溶け出す

“煮こごり”の一切れひと切れを愉しみながら

うすはりグラスの中でロマンチックに炭酸が

立ち上がる下町ハイボールをかたむける。

居心地良すぎて素通りできない大衆酒場。

6C4947CD-7981-4A1E-B382-89542769988A.jpg

 

大塚でひとり酒。

名店の蕎麦を堪能した後の駅への帰り途には

魅力的な酒場がいくつもある。そんな中、

この店の名を目にしてしまったら耐えられず

吸い込まれてしまった。

7E18CBB0-190A-46F0-BB5E-878A30DB4177.jpg


カウンターの常連さんの間に入れてもらって

<ハイサワー レモン・380円>をたのむ。

4EA71740-A9B1-4ED9-8560-3A6E30A80FAE.jpg

02403703-768E-4CBF-BEB5-127B6FC07E6B.jpg

お通し(サービス)の竹輪からおいしい。


短冊メニューから選んだ大好きなアテは、

<煮こごり・400円>と

<マカロニサラダ・300円>。

A234CF35-C6B9-4BD9-8469-09B5DF78B42F.jpg


どちらもオーソドックスな中に

期待を裏切らないおいしさを備えてる。

7144E4CA-FBF6-4E30-B04A-639D36BCBE76.jpg

F7AEA333-7AEA-4D7B-B658-638E3F6AD3D9.jpg


串焼きも欲しくなって焼いてもらったのは

<豚バラアスパラ串・160円>。

レモンが添えられてサッパリとして美味。

D7E8A1F6-A3FE-41C7-BB40-1F2FA9CA85CD.jpg


目が悪くて気が付かなかったが、なんと

カウンターの遠目の席に呑み仲間がいて

じっくり観察されてた。ハジュカチ。

659B6783-970B-4B7D-A107-F613866E4A9C.jpg


この店名物の<焼酎ハイボール・380円>を

もらって呑み仲間と並んで改めてカンパイ。

炭酸が立ち上がるシャンパンゴールドの

特製“下町ハイボール“がヤバいおいしさ。

5EB0740C-68CE-4D2D-9915-06AE67D06021.jpg

よく見たらカウンターの客は全員これ。


〆て1,620円。

ご夫婦で切り盛りされているこちらのお店。

女将さんのやわらかな笑顔の接客もまた

素晴らしい酒場だった。

BB0EFE17-9A09-40F5-9757-636B429CF6E4.jpg

posted by ノムさん at 18:36| 東京 🌁| Comment(0) | 池袋・巣鴨・駒込 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

蔵八 @ 池袋

★★☆☆☆

8品のコース料理に3時間飲み放題が付いて

1人税込2,980円。料理や飲み放題ドリンクの

内容にこだわらなければとりあえず安い。

半個室な感じで、話したい席にはいいね。

とりあえず安くは呑めるチェーン居酒屋。

1FCB50F5-E452-423A-9534-B3597491E9A9.jpg


池袋で幼なじみと一杯。

15年以上ぶりに会う友人とドンキ前で

待ち合わせ、友人が気を利かせて予約して

おいてくれたビルの上の居酒屋へ。

5351F95F-E82E-44DB-9BC9-3B6486194861.jpg


友人がコースで予約してくれていたので

料理は勝手に出てくる。3時間のノミホも

付いてるのでドリンクメニューから

<生ビール>をもらって懐かしい友人と乾杯。

4903BC5A-F7C2-45B5-B8AA-5390CB865182.jpg


野菜サラダ、カルパッチョ、豚の岩塩焼き、

唐揚げ、フライドポテト、冷しうどん、

デザート。出てくるコース料理は、

お世辞にもおいしいとは言えないレベル。

こういう店ってもちょっと魂入らないかなぁ。

FB2F9D76-63B1-4204-8019-334932682F6B.jpg


2人用のテーブル席には、通路と隔てる

引戸が付いていて友人とつもる話をするには

ちょうどよかった。生ビールの後は、

銘柄不明の芋焼酎をロックでもらって

昔話や近況報告の会話を交わして過ごした。

70988B63-F575-48F8-9D73-EC025A5E0E09.jpg

posted by ノムさん at 05:07| 東京 ☀| Comment(0) | 池袋・巣鴨・駒込 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

四國屋 @ 池袋

★★★★☆
この店の何が魅力かと問われると少し困るが
“場末な狭小酒場”での“女将との語らい”かな。
あっ!うどん屋だけにうどんが旨いらしい。
今回も食べるの忘れたけど……。
年輩のお母さんがひとり営むディープな酒場。
F4B52DF3-8B6E-4311-9E48-9830830AD023.jpg

池袋ではしご酒。
呑み仲間たちと角打ちを3軒はしごした後、
その内のひとりを誘ってもう1軒向かったのは
知らないとちょっと入り辛い、外観から
ディープなこちら。5人で満席の狭小店だ。

タイミングよくほかに客はなく、お母さんは
相変わらずお元気そう。久しぶりの訪問で
まずはお母さんにごあいさつ。

呑み友とふたり3つしかないカウンター席に
腰をおろして<カップ酒・300円>。
B9CEB522-27B8-49C9-A6AE-B2F3508E2170.jpg
銘柄は“白鶴まる 辛口”。

お通しに<漬け物>が供された。
5E12B6AD-416F-469D-A4B9-49F999A1FDEF.jpg

何の脈絡もなくお母さんが「明日までが
賞味期限だけどパンあげる」とレジ袋に
いっぱい入ったパンを差し出してくれた。
ありがたくふたり一つずつお持ち帰りに。
8F653993-C24A-4961-A8D8-48928963F5F7.jpg

2杯目のドリンクは<缶緑茶割り>。
“宝焼酎のやわらかお茶割り”である。
35D39367-072D-4DC4-B422-BFB248ADB7D9.jpg
お母さんと3人で話しながら呑んでたら
常連さんが1人やってきて話に加わる。
何の話してたかは覚えてないけど…。

料理は<白身魚のフライ>に<磯部巻き>を
いただいた。このあたり注文したか
してないのか自分では定かでなかったのだが、
呑み友曰く注文したらしい。
D6E34AA2-D580-480D-9B50-F65BE179FA1C.jpg

ただ、大きな海苔の<磯部巻き>、
素朴ながらすごくおいしかったなぁ。
D17B1016-CD36-45A2-8FE5-3DFBCD5D0453.jpg

そろそろ帰らなきゃというわけでお勘定。
「釣りはいらないよっ」と
1,000円札を1枚置いてった気がする。
あっ!最後に食べようと言ってた“素うどん”
食べるの忘れた。

仲間たちと池袋の角打ちめぐりしたこの日、
角打ち3軒の後にこの店を足し
4軒回って使ったお金は3,000円くらい。
池袋の安呑み酒場めぐり愉しかった。
posted by ノムさん at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 池袋・巣鴨・駒込 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三兵酒店 @ 池袋

す★★★★★
レンチンで作る“ベーコンエッグ”と
この店定番の“じゃがカレー”がお気に入り。
四方に立呑みカウンターのある角打ち場で
素朴で旨い激安のアテと酒を愉しむ。
立呑みフリークが集う角打ちスクエア。
52681FFC-8D0E-4669-931C-EA08B2C694E7.png

池袋で角打ちめぐり。
FB上のグループ“東京角打ち研究所”主体の
角打ちめぐりオフ会 池袋編の3軒目。
9DD8B281-9293-44B6-B4E2-330F00CC13E0.png
桝本屋酒店を出てすぐのこちらへ大移動。
タイミングよく、8人でもスムースイン。

酒売り場とは入口自体が分けられていて
角打ち場だけを見ると
限りなく立呑み“居酒屋”といった感じ。
9F99CE18-A11E-459D-9D04-735FFFEA1BB4.png

ドリンクは<ホッピー・380円>をもらって
再度の乾杯。この店ではホッピーをたのむと
ナカのおかわりもセットで付いてくる。
1887885E-3634-4060-8E0B-5982B55C6036.jpg
このシステムは上野のカドクラもそうだが
ホント嬉しいサービスだし、とにかく安い。

ここに来るとついついたのんでしまうのが
冒頭に書いたふたつの人気メニュー。
32D420DB-C195-4949-9C78-B832ACF541DF.jpg

おそらくこの店一番人気のアテ、
<じゃがカレー・200円>は、
コクのある家庭的な甘口カレーで
これが意外とホッピーや酎ハイ類に合う。
9D150A21-4E62-427E-8CC1-BD2D025E1649.jpg

軽く溶いた卵とベーコンを皿に和えて
電子レンジに投入されるのが
<ベーコンエッグ・200円>。
A63E548E-CD8E-4069-852A-8E4FF9BA8D3F.jpg
皿で凝固した玉子とベーコンを
醤油で味付けしてアテにする。

アテはふたりで分け合ったから
こちらで支払ったのは580円かな。
F11ADF69-B468-4B46-9B25-2C85119B8002.jpg

3軒目となるとみんなハイテンションで
ほかの客も交えて超盛り上がった。
3FCAE402-F872-49FC-861B-C48422879A7B.jpg
posted by ノムさん at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 池袋・巣鴨・駒込 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

桝本屋酒店 @ 池袋

★★★★☆
年季の入った角打ちらしい空気の中、
にごり酒をもらって仲間たちと立ち呑む。
ツマミも角打ちらしくベビーチーズや
市販のスナック菓子あたりがちょうどいい。
駅近繁華街の中に息づく老舗角打ち。
B5EE4EE7-B277-481C-BBC7-CE83DD223175.jpg

池袋で角打ちめぐり。
FB上のグループ“東京角打ち研究所”主体の
角打ちめぐりオフ会 池袋編の2軒目。
8B038F45-A4B2-4C52-955B-E80C9266807D.jpg
三河酒店からテクテク7人で歩いて到着し
後からの呑み友たちともまた合流した。

ここで呑みたくなる酒は、
<にごり酒・280円>。
5231A558-956B-45A5-8788-5270C3ED6F26.jpg
キャッシュオンで支払って仲間たちと乾杯。
白濁した酒はドッシリと重い飲み口と風味。

ここは正統派の角打ちらしくアテは
基本的に乾きものになる。
自分は、にごり酒に合うんじゃないかと
<チーズ・60円>をもらった。“毎日骨太”の
ベビーチーズだったが特にヘルシー感はない。
E60FB713-6B5E-47D2-BF72-F16B6374982F.jpg
にごり酒の後はスッキリしたものを所望し
店内で陳列されているのに気がついた
<ハイリキレモン(350ml)・290円>を
お願いした。なんだか最近、ハイリキに
よく出会う気がするのは気のせいかな。

後は10人に膨れ上がった角打ち愛好家たちと
ただただバカ話に花を咲かせて愉しんだ。
こちらでのお支払いは630円也。
posted by ノムさん at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 池袋・巣鴨・駒込 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする