2021年12月09日

やきとん きん魚 @ 江古田

★★★★☆

一串70円のやきとんは、リーズナブルな

だけでなく、ネタも焼きの具合も良好

ポテサラ、赤ウインナー、〆サバと

大衆酒場料理も注文してホッピーで呑った

東長崎の人気店やきとん とんぼの姉妹店

68558499-3A6C-4FDD-93F1-045D3BE3FCC5.jpg


江古田でひとり酒

江古田駅近くに開店して3年目のこちらは、

東長崎のやきとんの人気店とんぼ系列

8A6AF0EE-81CD-4C52-BEFD-E5CA2ADA545F.jpg


覗いてみたらコロナ対策もしっかりと

していたので夕飯がてらに入ってみた

10D96F87-CDA7-4939-B2DC-DF5F5D8B546C.jpg


ドリンクのオーダーは、

<達磨ホッピー(黒)・390円>

FE57470C-6159-45F1-B2C7-8DD11F20D86C.jpg


ナカがダルマ焼酎なので達磨

17E586CF-B9A2-450A-A1B5-1D9F6DEE03A9.jpg

因みにナカのおかわりは、200


看板メニューの<やきとん・70円>は、

レバー、たんもと、はらみ、豚バラの

4本を焼き方おまかせでお願いした

CCF29561-D54C-42DB-BAD4-2F499B736E8B.jpg


芝浦食肉市場から直送仕入れするという

素材は、リーズナブルだがしっかり旨い

7ADC20AD-3AD9-422D-BB6B-4AD68E4F80AB.jpg


いくつかメニューから追加

<ポテトサラダ・290円>は、個性的で

スイートポテト的な甘みが豊か

140BEA99-9B71-487B-A138-069B07DC5103.jpg


<金華〆サバ炙り(半分)・290円>は、

刻みネギを添えておろし生姜とワサビで

いただいてみたらワサビの方が好みだった

588B10B3-81CC-41C7-8F9A-8B1631CE44E6.jpg

9D149DE8-AAC5-4DB6-9030-E1CE73D12068.jpg


そして、<赤ウインナー・390円>

懐かし系な一品をケチャップで食す

何のことのない赤ウインナーだが

あるとついつい注文したくなってしまう

50F12DE4-2C88-40BC-9EA7-8132167025CD.jpg


やきとんから魚まで定番も日替りも

メニュー豊富で飽くことがなさそう

それもちゃんとおいしくて無休とくれば

何度も訪問してしまうこと間違いなしだ

D90EE9E1-4A72-4B39-A6A0-95935F1A7CFC.jpg

D00B437C-4FF0-4690-A4FC-283931FB10AC.jpg

3DE406F7-AF98-4AA9-838D-ADF3C883FCF7.jpg

#東長崎の人気店やきとん とんぼの姉妹店

#きん魚 #江古田 #大衆酒場

posted by ノムさん at 06:23| 東京 ☁| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月06日

千曲食堂 @ 練馬

★★★★★

昼酒のアテにおかあさんに作ってもらった

肉野菜炒め蕪とがんもと椎茸の煮物

ホッと癒される家庭的な味わいがある

いい感じに煤けた空間にどっぷり溺れそう

ずっと続いて欲しい小さな昭和大衆食堂

C9B0FEB6-F68C-42B9-A9E1-DF056DD09659.jpg


練馬で昼からひとり酒

ランチを兼ねて何年ぶりかの訪問

0BD75D3A-158D-41A9-9591-B65E90D40660.jpg


炎天下、家から30分くらい歩いて来て

もう喉がカラカラ

おかあさんに<ビール(中瓶)・500円>の

注文を伝え、自分で冷蔵庫から1本取り出す

54665F8A-CDD5-459E-B265-B86F6996D206.jpg

銘柄は、サッポロ黒ラベル


カウンター上に貼られた短冊メニューから

<ハムエッグ・350円>を作ってもらう

F11D43CE-21D8-433D-92B8-F50071A153ED.jpg

まぁ普通のハムエッグだが、

二玉でこの値段はまずまずリーズナブル


ビールの後に<清酒・300円>を常温で

注文したら一升瓶から焼酎グラスに注がれる

D7FC500A-F8D5-4E25-A3D0-3BA3DE8058E6.jpg


一升瓶のラベルをチラッと見ると

おそらく銘柄は、太平記の里 からくち

D6D1EA04-C48F-41BE-8303-A68D29290E45.jpg

スッキリとした口あたりの酒だ


ガラスケースにある作り置きの料理から

<蕪とがんもと椎茸の煮物・350円>を

温めてもらえば、どの素材にも具合良く

味が沁みて、家庭的にホッコリと味わえる

F3F32C6E-259A-4FE6-A284-1E37E1735F44.jpg


イカバターを注文するも

イカの仕入れがないとのことで

<肉野菜炒め・450円>にした

94526031-D622-459C-A78E-FFC48922352C.jpg

ピーマンとキャベツ主体の肉野菜炒めは、

中華風な濃い目の味付け

これもまたとっても家庭的な味わいだった


〆て1,950

ウォーキングに丁度いい家からの距離だから

またおかあさんの料理食べに来よう

F3BDDCD1-483B-4EFC-86E2-00793F11E131.jpg

AA6F4318-48C1-46DF-89FD-9F5D070C49C9.jpg

11B16DCC-43A8-4461-A328-4EDCF3042E63.jpg

12DC4B02-E340-4509-9DEB-C3E636423707.jpg


11AEAB01-2425-4415-A147-311008EB2177.jpg

0A8DC474-A7CB-4DE8-AA34-2468B79AEBE0.jpg

#ずっと続いて欲しい小さな昭和大衆食堂

posted by ノムさん at 22:12| 東京 ☁| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月30日

鳥藤 @ 江古田

★★★★☆

一部串打ちから始められたやきとりは、

焼きの具合がよく、深みのあるタレもいい

少しカリカリと焼かれたが中でも絶品

栄川と吉乃川を冷やでもらって愉しんだ

年輩の大将がひとりで焼くやきとり酒場

9A24469E-6A58-4EC0-A332-AE7BBF78C3B8.jpg


江古田でひとり酒

リモートワークを終えて夕飯がてらに

江古田あたりのこちらを新規開拓

232EC495-15C1-437D-B0FE-F511D248451B.jpg


早めの時間だったからか他に客はなかった

608E225E-FF48-4441-B734-246718008CB6.jpg


まずは、<生ビール・500円>で喉を潤す

ジョッキには、サッポロのマークがある

C377FE95-51B5-418D-A712-4111BA84A8DC.jpg

ここのところの猛暑でビールが一層うまい


お通しは、野菜とカニカマのサラダ

自家製かな、マヨネーズの風味が気に入った

DF08BC0F-C198-4735-9A81-9A1200D98AE6.jpg

8E6A58DD-BDA9-4BEB-80EE-4E05611102D5.jpg


<皮焼・150円>、<ネギマ焼・150円>、

<当店自慢のつくね焼・150円>、

<最高 軟骨焼・150円>の4本を

壁のメニュー札から選んでお願いすると

一部は、店主が串打ちから始めている

347160CC-C43B-4FAA-96B7-947B71769ADF.jpg


ビールの後、やきとりには日本酒かなと

<栄川 純米酒・600円>をもらう

5F4B1D92-F0F3-46EF-A6B7-283E097DD69E.jpg

常温でお願いしたが、冷やしてあったので

そのまま冷やでいただいた

やさしく爽やかな香りと旨みがある酒だ


やきとりが11本カウンター越しに供される

ネギマ焼のプルンとした食感のある素材も

いいが、焼き具合とタレの風味がまたいい

F424C68F-E7DB-427B-ADA7-C2FCE30A1C23.jpg

そのタレで焼かれた皮焼がまた絶品

少しカリカリとした焦げ具合が絶妙


これだけ塩で焼かれた軟骨焼は、

コリコリと軽く砕ける

コクと甘みの味噌も塩焼きにひと味添える


つくね焼当店自慢というだけあって

深みのあるタレを纏った野菜も練り込まれた

大きめの1本は、一食の価値がある

串は、追加で<椎茸焼・150円>をもらった

30ADB37B-A9D1-4697-9D3D-55D1FF6186F8.jpg


<お酒・1 300円>のメニュー札について

店主に銘柄を訊くと店主がおもむろに

冷蔵庫から出したのは、吉乃川 厳選辛口

これは安いだろうとそのまま注文した

8DEA4B71-2EB0-4B67-A2C9-8A4F78B038D1.jpg

実際、飲み口のキレイな吉乃川

1300円でいただけるのは、コスパ良すぎ


サッパリと<冷奴・300円>を追加

氷に置かれた半丁分の絹ごし豆腐に

添えられた生姜醤油がすこぶる合った

BC86CE43-22F8-4CD4-A44C-67B4B5F44599.jpg

79C0492F-7D92-4C94-9436-73691A1CB10A.jpg


カウンターの上には、力士のサインがあり、

演歌が流れるカウンター席だけの店内は、

どこか江古田っぽくない雰囲気がある

江古田でやきとり気分の時は、ここがいいな

0FB81D84-0295-4BE9-B95B-6BABD744AB0C.jpg

750FC3A0-29FB-4CAB-B48C-20A523D0FC7F.jpg

EA3F7D22-864E-416C-95AA-7934AA738BAE.jpg

6738731E-17F4-451E-9039-8221215305B0.jpg

88708B71-65A9-47FC-A06B-17269A5FC904.jpg

#年輩の大将がひとりで焼くやきとり酒場

#江古田でやきとりで呑むならここがいい

posted by ノムさん at 03:15| 東京 ☁| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月29日

クレバ @ 新江古田

★★★☆☆

手頃でバラエティ豊かなメニュー構成から

シーザーサラダ博多明太子焼売

そして気になった噂のトンテキで一杯

サワーの焼酎がキンミヤなのも嬉しい

ご夫婦で営む小さなダイニング居酒屋

690FC82A-3E5E-43E7-BF3F-B7A8A4D5C350.jpg


江古田でひとり酒

リモートワーク終わりに夕飯がてらの訪問

駅から67分歩いた住宅街にある

気になっていた店だ

CDE71032-15CF-48D5-A258-9267FE2378C5.jpg


入ってみると地元の主婦たちが

テーブル3つの内、2つを占拠していたが、

奥のテーブルに通してくれた

99E3D0EC-685C-4605-8A34-331DB437D5E8.jpg

C6C8454B-7FD7-4415-81B7-62FEB08C7F02.jpg


キンミヤベースのサワー群から注文は、

<キンミヤ瀬戸内レモンサワー・380円>

無料なので濃い目でお願い

スッキリとしたフルーティな甘みの一杯

A261560E-009E-48CF-A4D7-0F8D90192948.jpg


手頃な価格の黒板メニューから

<シーザーサラダ・280円>をもらうと

酸味のあるドレッシングが効いて

野菜とクルトンをサッパリ食せる

E5E26EF0-48FD-4ECB-92B3-62CCEEA2E17F.jpg

C1042ADC-C26F-491A-88C1-EA98CBB45A6F.jpg


次に選んだ料理は、

<博多明太子焼売・380円>

なめらかな舌あたりの焼売に詰められた

明太子の辛みが程よく効いてる

B28CD79A-FE4A-4B68-ADBD-A579FD8FBD9E.jpg


そしてメインディッシュにと

<噂のトンテキ・630円>を追加

CC306708-3C57-47B4-8378-D380E94B6E83.jpg


どんな噂かはわからないけれど

イメージしたよりは小ぶりな一品

脂身の甘みが口腔に広がって素材はいい

822792C6-9AD5-4EE9-A3AD-D4B48F24F3D5.jpg

どの料理にも野菜が添えられてるのは嬉しい


瀬戸内レモンサワーよりも

自然なレモンの酸味が感じられる

<キンミヤレモンサワー・380円>、

<キンミヤチューハイ・380円>と

ドリンクは、キンミヤサワーを飲みつないだ

D26EA4A7-7DB6-41DD-AC3B-5B87A559E11E.jpg

チューハイがキンミヤの旨さを

一番感じられるな


〆にちょうど良さそうな一品を発見

<白だし温玉うどん・390円>

まさにテイストも量も〆にピッタリ

C2486B3D-CBE6-44B0-ABC2-EB308412196B.jpg

DED5EEC5-9F95-4576-AA38-B62B72E48F3D.jpg

0C3091DF-9549-4D03-9AA2-DD8E4D3AF8F2.jpg

油揚げのケミカルな風味は気になったが、

この〆の一杯は悪くないね


途中、やげん堀の七味を振って軽快に完食

F421D2D3-9990-44B4-A0E2-C03140FC8CD0.jpg


〆て3,000円弱

テーブル3つ、10席の小さなダイニング

自分以外は、ご近所ピープルのグループで

今回はちょっぴり疎外感もあったけれど

また、他の料理もいただきに再訪しよう

BCFA4508-EA0B-44D0-86B0-D738FD21BCAD.jpg

115A3459-FFA5-4F18-8AB7-EEF42376CFDF.jpg

#ご夫婦で営む小さなダイニング居酒屋

posted by ノムさん at 06:09| 東京 ☀| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月18日

信濃路 @ 江古田

★★★☆☆

ビールの後には大徳利で燗酒をもらい

サクッと焼かれた大判の栃尾揚げ

身とゲソが混じるいか唐揚げで呑る

女将さんの接客もやさしくて居心地よし

定食メニューも充実している大衆酒場食堂

AF407966-53F8-4A93-8D49-4B05690A92D9.jpg


江古田で一杯

リモートワークでこの界隈で夕飯がてらに

晩酌することが増えてる昨今

今回は、駅北へ3分ほど歩いたこちらへ

A7619C44-E0FE-42B2-B14C-71F603C4B748.jpg


一見、大きめな割烹かと思う様な外観だが

奥まった入口を入ると普通の居酒屋

テーブルにはアクリル板があったりして

コロナ禍対策も完璧だ

52DAC466-BC39-4843-8E49-A273F06870C8.jpg


最初の一杯にもらったのは、

<生ビール(小 330ml)・450円>

アサヒスーパードライのグラスで供された

DC5696D0-7060-471A-A643-8DEE10D555A1.jpg


定食メニューに好物を見つけ

<ポークソテー・950円>を単品でもらう

4AD4AF4E-FE02-4E1E-A235-1EC7450E1BB5.jpg

叩かれてやわらかな豚肉を

サッパリとした醤油だれでいただいた


<日本酒(大)・700円>をぬる燗で通し、

<栃尾の油揚げ・450円>ももらった

6855DF37-1C47-4315-9665-6D6EF95F483F.jpg

大判の栃尾揚げは、コスパよし

サクッと表面を焼かれて香ばしい一品を

ねぎ、鰹節、生姜で風味付けしてアテにする



<いか唐揚げ・650円>を追加

リング状の身とゲソが混じる唐揚げは、

揚げたてであったか、とっても柔らかい

B73D64CB-A614-4A87-ADC3-201D0D327589.jpg


おそらくご夫婦で営まれるこちら

フロアを担当する女将さんの接客も

やわらかくていい感じ

全体的に料理の量は多いから

呑み利用は、複数人での訪問が良さそう

31DA730C-C3BF-4330-8E02-EDFB2BEDD8F3.jpg


今度は、充実の定食メニューを目指そうか

B57FAD7B-5843-48D9-B5F5-6EDC4815497B.jpg

#定食メニューも充実の大衆酒場食堂

posted by ノムさん at 09:33| 東京 ☀| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする