2017年12月30日

味三昧 @ 中村橋

★★★★★

脂ののったトロ鮪、真鯛、タコの刺身に

揚物、焼物・煮物・蒸物の選択肢から選ぶ

旬素材の秀逸な料理を堪能して3,000

名物セットメニュー“旬三昧”はコスパ◎だ

地元民に愛されるリーズナブルな和食処

68D2561D-07E4-4913-B154-B671730140AB.jpg

中村橋で家族ディナー

ちょっとしたハレの席に家族で外食でもと

女房が行ってみたいと選んだのがこちら

当日に電話予約して訪問してみると

予約のない客の待ちが出ていて予約は正解


靴を脱いで通されたのは掘りごたつのある

4人用の個室でゆったり食事を楽しめそう

<生ビール・550円>をもらって乾杯

80E15AAC-D59B-4452-AF40-6BA7EAC12C88.jpg

銘柄は、アサヒ スーパードライ プレミアム


骨せんべい、インゲンとササミの白和え等、

3品添えられたお通しからおいしいね

6FB10249-0F77-4B88-A3B1-D6227B674A88.jpg


幅のあるコース、セット、単品と

充実のメニューから女房は5品構成のコース

<萩・3,000円>をチョイス

サラダ、刺身、揚物、フィレステーキ、

稲庭うどんがついておいしかったらしい

116B5D52-0286-45CF-ABEA-61EF7A009244.jpg


息子は単品で<ご飯セット・640円>と

<夢かさごの煮付け・1,890円>を注文

06AC53F4-954A-42D9-8169-82AA9E6AAF60.jpg

そこそこ大きい身の〆ったかさごを

少し食べさせてもらうと

煮汁がほどよく沁みて素材の旨みが引き立つ


自分は前述の<旬三昧・3,000円>

05DF5DC2-4BE6-45F4-AACC-4CFDB3EDACDC.jpg

揚物は、“たこ唐揚と稚鮎の天ぷら”、

焼物・煮物・蒸物の選択肢からは、

“真鯛かぶと塩焼”を選んだ


まずは、3点盛りの“お刺身盛合せ”から

0F4AC6B6-1B94-48A9-9E8C-F2A3ACB316D7.jpg

ネタは前述の通りトロ鮪、真鯛、タコ

サッパリとした脂がのったマグロと

瑞々しいタコ刺しが特旨


次は“たこ唐揚と稚鮎の天ぷら”

28766E3C-DF61-401B-A1B4-0CD026567DB7.jpg

稚鮎の苦味がとってもビールに合うし、

たこ唐揚も食感も甘みも良好だ


<白ワイン(グラス)・450円>をもらう

1AD91E61-6C23-4376-93B2-CE39821EAC34.jpg

銘柄は、“アルマデン クラシックホワイト”

カリフォルニアの安いワインであるが

個人的に思い出のある銘柄でもある


最後に“真鯛かぶと塩焼”が運ばれてきた

B2F1719F-C7F8-40B1-BACE-0F1226E8B5D9.jpg

塩味の付き具合がほんのりやさしく

素材の味を上手に引き立てている


注文の品を食べ終わったところで

なんと料理長さんからのサービスの品と

秋田産の“じゅん菜わさび漬け“が供された

8352DDDF-5740-4799-B80E-1756412DF07C.jpg

わさびの風味を纏ったにゅるっとした食感の

じゅん菜はいわゆるサッパリとした珍味


〆て家族3人で12千円強

どれもおいしくてコスパよくハレの日の

家族の食事を彩れた

64714B20-710A-46F9-876A-71CF6BBF9080.jpg

#和食

posted by ノムさん at 11:23| 東京 ☀| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

ノラリクラリ @ 江古田

★★★★☆

半熟卵を崩したガレットにローストチキンと

アボカドやアンチョビキャベツをこせて

食せば、素材の味が融合したフレンチ感覚の

洒落たおいしさを愉しめる。

具材を活かしたガレットが食せるカフェ。

C2B303F5-36DC-4FEA-BE60-CADBAC897886.jpg


江古田で女房と夕食。

自分がガレットを好きだと知った女房が、

「江古田にもガレットを中心にしてる

カフェがあるよ」と連れて行ってくれた。

69480D06-42B8-4DBD-B3D8-D7F64B71757A.jpg

1階は喫煙だというので急な階段を上って

禁煙の2階へ。殺風景な感じの内装だな。


とりあえず<生ビール・380円>をもらう。

グラスではあるけどハートランド(生)が

この値段というのは安いよね。

68CE94AC-268A-4086-987D-1138E465ECC5.jpg

6744EA13-842D-42B7-8CEA-F33A85F5CC63.jpg


ガレットは2種類もらってシェア。

選んだのは、<ローストチキンとアボカド

(ハニーマスタード)・900円>と

<アンチョビキャベツとチーズ・850円>。

11BD7CE5-1918-4297-A072-DD15DE353957.jpg

EB20AE3B-3D3C-4567-9DE6-86B5EFDC6F78.jpg


焼かれたガレットの上にそれぞれの具材が

のせられて供された。結構サイズは大きい。

たっぷり具がのったビジュアルはおいしそ。

14AC3511-707A-45D3-BAE2-F392FF994D3C.jpg

C1311DFD-A4CB-47E2-A192-4F90C5222E59.jpg


具は一旦皿に移し、ガレットを4ツに切って

具をのせ直して口へ運ぶ。ちと食べにくいが

素材の味のオーケストレーションを愉しむ。

もっと蕎麦の風味があるとさらにいい。

2C6F974B-6AF9-4E00-9601-87F3700DB7F0.jpg

B3B6BA5F-CBAF-4E9D-8F37-BF6303D44177.jpg


ボリュームのあるガレットを1枚分とビールで

かなりお腹は膨れる。

〆て2,510円は思いの外コスパよかった。

787BD1D0-FC98-44E0-A97C-8EE0FD41445F.jpg

またおいしいガレットを探したくなった。

posted by ノムさん at 05:50| 東京 ☁| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月16日

ロマンス食堂 @ 江古田

★★★★☆

女子向きな小洒落たレストランかと思いきや

思いっきり鮮度抜群の魚介系大衆酒場だった。

仲卸を介して毎日築地から仕入れられる魚を

“刺し”と“焼き”でもらってレモンサワーを一杯。

鮮度もコスパも申し分ない気の利く大衆酒場。

A7BD74EB-7FE2-432C-B889-3FC60FE790D5.jpg


江古田で女房と夕飯。

タイ風立飲みの“ひょうたん”の隣に

ペパーミントグリーンのドアの小洒落た

“ロマンス食堂”と言う名の店を発見。

これまで気づかなかったのが不思議。

432626E4-F47B-4725-8420-7CB15D8065BA.jpg


店名のイメージとはギャップがあるが、

築地直送の魚介メインの小さな居酒屋で

定食もあるのでここに決めて入店。

L字カウンターと2人掛けのテーブル席2つの

店内。テーブル席に腰をおろした。

FA83A8FA-E4AC-443D-BC46-B3AA4A057A98.jpg


女房は、“焼き魚定食”カテゴリーから

<アジ開き定食・650円>。

身が厚めのアジの開きで、一口もらうと

旨みが濃くておいしい。値段も安い。

4F301504-57BB-4F7F-8A46-26135A17FA40.jpg


夕飯には白飯を食べないことにしている

自分は、<レモンサワー・390円>をもらい

アテを何品か注文することにする。

10F703C8-C7C0-4BE5-BAD2-04BAAD5A2BFD.jpg


<手作りの日替りポテサラ・290円>。

この日はポテサラでなく、パンプキンの

サラダになるとのことでそれを。

5DFB3C3E-3AE2-4AB2-A744-8723F8D54F02.jpg

パンプキンとキュウリが和えられたサラダは

甘みが強いがしつこくない仕上がり。


レギュラーとハーフがある焼き魚の中から

<あこう鯛(ハーフ)・350円>。

まずハーフがあるのが嬉しいし安い。

16559BC3-E8CE-4C69-8652-D00C313F07D5.jpg

なめらかな身の口あたりを粕漬けの風味が

やわらかく追っかけてくる。おいしい。


そして、<本日の刺身盛り・590円>。

この日のネタは、マグロ、サーモン、カツオ。

ネタによってワサビとショウガを使い分け

いただけば、どれも鮮度いい旨さがある。

6D5808F2-DFCD-4FAD-9E7A-A4BC80C5CC60.jpg

女房も<生ビール(中)・450円>を

注文したが〆て2人で3,000円足らず。


ムエタイ 元チャンピンオンの店主が

ひとりで切り盛りするこちらの酒場。

サクッと安く魚呑みしたい時にいい店だ。

近いうちに再訪しよう。

1AAB55B8-C7CD-4F85-B34D-F908CF731732.jpg

posted by ノムさん at 07:08| 東京 ☔| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月30日

立呑 福道(ひょうたん) 江古田店 @ 江古田

★★★★☆

居ながらにしてタイの酒場を体感できる。

キンミヤのキンミヤボトルが並んでる以外は。

ドリンクもアテもパクチーで攻めてみたら

青々とした香りの中で記憶が薄まっていった。

最近お気に入りのタイ風立呑みの江古田店。

73A828E4-DF7B-44D6-98C4-3C0A99C4A95D.jpg


江古田でひとり呑み。

友人と池袋で別れ西武池袋線で江古田着。

ちょっと呑み足りない気分で閃いたのが

こちらの立呑み。練馬の本店には2度ほど

お邪魔したが江古田店は未訪だった。

9D738795-D4B5-416B-95F9-1E097B4F7746.jpg


「パクチー酎ハイある?」とタイ人の

お姉さんに訊いたら、「これぇ」と指差した

メニューが<香酎ハイ・480円>。

訊いた手前、それをもらうことにする。

015EF872-6D56-42C8-88DB-C390722C2D3F.jpg


アテには練馬のお店で気に入った“冷奴”を。

と思ったら、パクチーがたっぷりのった

<パクチーのせヤッコ・500円>が供された。

「コレじゃないよ」と軽く言いながらも

そのまま「OKOK」ともらうことにする。

1405765D-5E6C-4828-9109-A62B710C4694.jpg


というわけでドリンクもアテもパクチー!

蒼い風味の冷奴は、辛味調味料で味付けし

蒼い風味の酎ハイで辛さを癒す。

パクチーは好きだけど量多くて飲みにくい。

といいながら気に入っておかわり。

FF644A25-8BA8-4A8E-8462-AA44CDFF2B0E.jpg


タイのお姉さんに1,500円くらい払って退店。

ここは歩いて来れるからまた来ちゃうな。

キンミヤボトルキープしちゃおうか。

9AA6CC98-FBB6-4CB2-9B6C-EB991CDA2DFE.jpg

DD5B4EB4-3B91-4FF9-BEC0-FA9BE7877FA9.jpg

posted by ノムさん at 07:15| 東京 ☀| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

立呑 福道(ひょうたん) 練馬店 @ 練馬

★★★★☆

この店ではラムタイプのタイのスピリッツ、

“シンハー・チャオプラヤ”がお気に入り。

タイの腸詰“ネーム”や薬味の刻み生姜が合う

“冷ヤッコ”をアテにハイボールで楽しんだ。

限りなくタイの空気を感じる立呑み酒場。

FC6A51D3-3942-4BAA-9376-BD236CD904CC.jpg


練馬でひとりゼロ。

1次会スタートまで1時間ほどあったので

駅から会場の途中にあるこちらを再訪。

98BFE108-02D9-438A-9FD0-E2ECEB96602C.png

再訪といっても前回かなり酔っていたので

初めての訪問みたいなものだが


外観からタイ感満載の店に足を踏み入れ

手前のカウンターに泊まる。見にくい壁の

メニューから選んだのは、店名を冠した

<ひょうたんハイボール・380円>。

7F9C6592-2B37-4A42-9FA8-0526D3021C0C.jpg


これ、冒頭に書いたサトウキビを原料にした

タイのスピリッツのハイボール。

ベースはコクとほのかな甘みがあり、

スッキリと飲みやすい。これはいいね。

70114908-9096-4A61-8D8B-2D84B2299EC3.jpg


おつまみは軽くタイっぽいものをと

“タイのハム”と説明書きのある

<ネーム・390円>を選んだ。

C206C83C-D154-493F-A085-AF0345796F60.jpg

ピーナッツを添えて供されたのは、

“ハム”というより“腸詰”という感じ。


気に入った“シンハー・チャオプラヤ”の

ハイボールをおかわりして、追加したのが

1番安そうだった<冷ヤッコ・280円>。

でもこれが期待を超えていく“アジ”があった。

A70AE06A-8AD5-45EB-8BED-62D18460CB1F.jpg


一見、パックの豆腐に刻みネギと刻み生姜が

のせられただけの冷ヤッコなんだけど、

たっぷりの刻み生姜がメチャ効いている。

この刻み生姜、何が和えられてるんだろ?

88844440-24DE-4CA6-95DC-C64495719E24.jpg


22品で1,430円。

今度は家から近い江古田店に行くことを

心に決めて1次会に向かった。

F753E346-2712-4AC6-9B31-6C03990890DD.jpg

2B5C1A28-89C2-4390-A591-4E8300B50529.jpg

posted by ノムさん at 08:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする