2018年05月09日

STORY'z @ 江古田

★★★★☆

毎月110112131日はスペシャルデー

生ビール、本格焼酎などが何杯でも280

お手頃な値段設定のフードメニューの

おいしさも良好でなかなか満足度高し

月替りのご当地メニューも楽しい大衆酒場

3E6146D3-8301-4FD1-90F1-19230FA6C2D2.jpg


江古田で夕飯がてらに一杯

女房と夕飯は外食しようと向かった焼肉が

待ち客が多くて駅近で見つけたこちらへ

いつのまにかできてたこちらの新店は、

ちょうど21日の訪問でスペシャルデーだ

3861AA53-835C-4CD2-836B-62D0A6477A0A.jpg


女房と2人壁際のカウンターに並んで座り、

スペシャルデーで特別価格になってた

<生ビール・280円>で乾杯

3D2B5640-805A-47E3-99E9-365AEFFFEE0F.jpg

ビールの銘柄は、キリン一番搾り生


旬の素材のおすすめメニューから

<春キャベツと桜エビの塩ダレ・320円>、

<新玉ねぎの丸ごと煮・130円>、

<山芋明太子・280円>を注文

F1E53510-1A09-4C25-88ED-E50A5EA046BB.jpg


値段も手頃で良質素材の一品がいいアテだ

“春キャベツと桜エビの塩ダレ”は風味よく

旬の素材をサッパリといただけたし、

“新玉ねぎの丸ごと煮”は思いの外、

小粒な玉ねぎではあったが出汁が沁みてた

B0C7B1C5-C0A0-45D7-8CC1-A301A2E57AA2.jpg

F19C72B2-4EDC-4BD7-B233-14F1C08C1D33.jpg

24F20142-BC08-4779-AC31-40149C81ECBA.jpg


ドリンクはスペシャルデーで特別価格の

<とりれも“極味”・280円>へ

66B00A60-A12B-499A-B670-B7B9496A394F.jpg


フリーズしたレモンが氷がわりに入った

特製のレモンサワーは、スッキリ甘酸っぱい

通常500円と考えるとお得感も抜群だな

486A0E6A-0969-4C60-B143-109613013A0A.jpg


“とりれも”の<おかわりサワー>も

通常300円がスペシャルデーは、200


今度は定番メニューから“看板”とある

<チキン南蛮フライ(ハーフ)・480円>

甘いタルタルソースがかけられていて

濃厚な味に仕上がった一品

5B3D55E4-6838-4328-9EB2-4F63452D94C8.jpg

自分にとってはちょっと甘すぎたかな


そして串焼きの中から選んだのが

<つくねチーズ串>と<ねぎま串・150円>

塩、タレ、みそから味付けを選ぶ

“ねぎま串”は、みそでもらった

8C66B2B8-555A-4CBA-B97A-BFECF50BDCB6.jpg

451B957D-5F19-4ADF-A6C4-FAF21651108F.jpg

どちらも見た目から濃厚な風味の串だ


1人ドリンク3杯と前述のフード5品で

〆て2人で3,699

スペシャルデーの虜になりそう

5B5E0B0B-6E97-47BF-86B6-8662DDF79DEC.jpg

F5EC3C9E-1326-4BB3-A972-9410D368D5C4.jpg

5BA7848F-DC2D-4B0C-BDDD-C4A12D63E8D1.jpg


因みにこちらは、野郎ラーメン江古田店の

姉妹店でランチも営ってるとのこと

D14D8849-14AE-4DE0-B0D7-96A1B5ECBA7B.jpg

#居酒屋 #大衆酒場 #スペシャルデー

posted by ノムさん at 06:09| 東京 ☔| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

味三昧 @ 中村橋

★★★★☆

良質なネタの刺し盛りに加えて選んだ料理は

“舌平目の唐揚”と“真鯛かぶと新牛蒡あら煮”

しっかりと手をかけて作られる和食料理には

上品さがあり、かつコスパよく気軽さもある

ハレの日にコスパよく使える個室和食処

3A53BD0F-CA45-427E-B332-71C0B6CF4C31.jpg


中村橋で家族めし

女房の誕生日ということで、個室でゆっくり

リーズナブルに食事できるこちらを

前日に予約して家族3人で訪問

7BF09577-B41C-43F2-A91A-29E1F468BC4C.jpg


掘りごたつ式の4人掛けのテーブルがある

個室へ通されてメニューを眺める

<サッポロ エビス(中瓶)・790円>を

とりあえずもらって女房の誕生日に乾杯

709A12AD-53B5-4300-9613-D85582A7A3BF.jpg


先付けに“サーモンマリネ” “鳥皮揚” “杏”の

3品が皿に並べられて供される

ED0EFED9-692B-4119-9766-4A414644EAB8.jpg


月替わりの料理を選んで組み合わせるセット

<旬三昧・3,000円>を自分と女房は注文

A2A03489-FCDB-435F-8204-7F0CA774F39B.jpg

1切れずつ6点盛りの刺し盛りは固定で

揚物、そして焼物or煮物or蒸物の選択肢から

一品ずつを選んでカスタマイズするもの


刺し盛りは、氷が敷かれた大皿に配されて

2人前が運ばれてきた

CC7875B0-1E88-48DA-B0E1-329EDD50AABD.jpg


大トロ、鯛の炙り、メバル、ホタテ、イカ、〆さばの6品でまずまずのクオリティだ

1F0DF4BC-E9F5-4D68-ABB9-A1E27701B1BF.jpg

B8C7EE0F-E1A0-4A01-99B1-752ECEA95418.jpg

506DF525-A25D-41A8-BC65-F40713D6BE5D.jpg

B2734CA6-0AA7-491D-9BE4-68B3502DFC67.jpg

8680D874-4F37-4D93-AE8C-3E184D231C25.jpg


女房は、揚物の選択肢から“春野菜の天ぷら”

焼煮蒸物の選択肢から“牛フィレステーキ”

AB6091B0-83FF-430A-A73E-190FA9BFAC58.jpg


少し摘ませてもらったが、春野菜の天ぷらは

それらしい素材の風味がいいね

A9113AAC-D133-43C2-B879-F63EDFEE134A.jpg


ビールの後には日本酒をもらうことにして

<雪の茅舎 純米吟醸・850円>をお願い

57212399-ED40-4CE1-9AD0-3DCA954F8921.jpg

フルーティな風味とキレの良さが

兼ね備わったバランスのいいお酒だった


自分はといえば、魚が食べたくて揚物からは

“舌平目の唐揚(ポン酢)”、

焼物・煮物・蒸物の選択肢からは、

“真鯛かぶと新牛蒡あら煮”をチョイス

E9005A12-817F-4FB7-92CF-8EC9BE211B95.jpg

797438F4-3B5E-43AF-BC5D-95384EC6451D.jpg


もともと時間がかかると書いてあった料理で

実際結構待ったが、どちらも満足度は上々で

日本酒の肴としてもマッチした

6B36FF85-2802-4D56-8EF8-E3A8BA5E019B.jpg


息子がご飯セットと共に単品で注文した

<夢かさご、新牛蒡、里いも煮付け・

1,890円>も煮汁が沁みてこれもまた美味

それも摘んで日本酒のアテにした

9B3AE345-1B63-4242-9700-EF434B62874A.jpg


前回もそうだったが、最後には店主(?)が

ご挨拶に来て“むかごしんじょう磯辺揚げ”を

サービスしてくれた

F841AF11-9620-4EFF-9E58-CF0F4E37C4FD.jpg

そんなホスピタリティの演出も悪くない


〆て3人で1万円弱

本格的な和食を個室でゆったり食べられると

考えるとコスパはいいと思う

またちょっとしたハレの日に家族で訪問しよう

753ABDEB-4F2E-4ABA-B1C2-F4204DE3CF2F.jpg

034DF4E8-1B56-4F86-A67C-6166F3F3E79E.jpg

#和食 #個室

posted by ノムさん at 07:07| 東京 ☁| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

焼肉ぜん @ 江古田

★★★☆☆

文字通り“ファミリー盛合せ”を家族で注文

黒毛和牛、豚肉、鶏肉8品を相談しながら

ロースターで焼き、ビールや酎ハイで流す

家族遣いにもピッタリでアットホーム賞だ

家族で仲間でリーズナブル焼肉できる穴場店

339D1278-5B74-4169-9972-44EAC7699785.jpg


江古田で家族焼肉

ポスティングされた10%引きクーポンを

活用して週末の夕飯に焼肉でもと家族で訪問

江古田銀座の中ほどに数年前にできた店だ

AAFEBBA8-2ADF-458A-B417-BE8A0396230A.jpg


自分と女房は<生ビール・430円>、

息子は<ウーロン茶・230円>で家族で乾杯

401F4C46-656F-4264-874A-245377BC5392.jpg


リーズナブルなこれでいいかと注文したのは

<ファミリー盛合せ・2,980円>

FA97D76A-BCF0-487A-B900-29DBCCF42777.jpg

黒毛和牛カルビ、黒毛和牛ロース、タン塩、

豚トロ、厚切り豚ロース、ウインナー、

鶏モモ、鶏セセリの8品各4-5点の盛合せだ


野菜も摂らなくちゃねってことで

<チョレギサラダ・580円>も添え、

息子には<ライス(中)・200円>を注文

E63AC242-ECDC-4A6D-8740-CAA541D9667F.jpg


ロースターに火が入り、和牛カルビや

ロースあたりから焼き始める

肉の質としては値段を考えればまずまずかな

1D3DCC7A-A470-4E95-8030-54BE4F9D05E8.jpg

C008F835-B202-4999-83D5-8A92ADAB19A3.jpg


ドリンクは<酎ハイ・290円>を追加して

3-5人前という肉の盛合せを食べきった

6E3CFF1F-E613-46E2-A68E-697D96166EA2.jpg


しっかりクーポンで10%値引いてもらって

〆て5,000円弱、週末の家族焼肉には丁度いい

9271F433-7548-4C61-8C02-90A6DE3AFDF3.jpg

BDF75B97-44D3-47FF-9916-C50D3C83398E.jpg

640976CD-4DD1-4137-B9B8-0D7884EB2BAC.jpg

#焼肉

posted by ノムさん at 08:33| 東京 ☀| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

味三昧 @ 中村橋

★★★★★

脂ののったトロ鮪、真鯛、タコの刺身に

揚物、焼物・煮物・蒸物の選択肢から選ぶ

旬素材の秀逸な料理を堪能して3,000

名物セットメニュー“旬三昧”はコスパ◎だ

地元民に愛されるリーズナブルな和食処

68D2561D-07E4-4913-B154-B671730140AB.jpg

中村橋で家族ディナー

ちょっとしたハレの席に家族で外食でもと

女房が行ってみたいと選んだのがこちら

当日に電話予約して訪問してみると

予約のない客の待ちが出ていて予約は正解


靴を脱いで通されたのは掘りごたつのある

4人用の個室でゆったり食事を楽しめそう

<生ビール・550円>をもらって乾杯

80E15AAC-D59B-4452-AF40-6BA7EAC12C88.jpg

銘柄は、アサヒ スーパードライ プレミアム


骨せんべい、インゲンとササミの白和え等、

3品添えられたお通しからおいしいね

6FB10249-0F77-4B88-A3B1-D6227B674A88.jpg


幅のあるコース、セット、単品と

充実のメニューから女房は5品構成のコース

<萩・3,000円>をチョイス

サラダ、刺身、揚物、フィレステーキ、

稲庭うどんがついておいしかったらしい

116B5D52-0286-45CF-ABEA-61EF7A009244.jpg


息子は単品で<ご飯セット・640円>と

<夢かさごの煮付け・1,890円>を注文

06AC53F4-954A-42D9-8169-82AA9E6AAF60.jpg

そこそこ大きい身の〆ったかさごを

少し食べさせてもらうと

煮汁がほどよく沁みて素材の旨みが引き立つ


自分は前述の<旬三昧・3,000円>

05DF5DC2-4BE6-45F4-AACC-4CFDB3EDACDC.jpg

揚物は、“たこ唐揚と稚鮎の天ぷら”、

焼物・煮物・蒸物の選択肢からは、

“真鯛かぶと塩焼”を選んだ


まずは、3点盛りの“お刺身盛合せ”から

0F4AC6B6-1B94-48A9-9E8C-F2A3ACB316D7.jpg

ネタは前述の通りトロ鮪、真鯛、タコ

サッパリとした脂がのったマグロと

瑞々しいタコ刺しが特旨


次は“たこ唐揚と稚鮎の天ぷら”

28766E3C-DF61-401B-A1B4-0CD026567DB7.jpg

稚鮎の苦味がとってもビールに合うし、

たこ唐揚も食感も甘みも良好だ


<白ワイン(グラス)・450円>をもらう

1AD91E61-6C23-4376-93B2-CE39821EAC34.jpg

銘柄は、“アルマデン クラシックホワイト”

カリフォルニアの安いワインであるが

個人的に思い出のある銘柄でもある


最後に“真鯛かぶと塩焼”が運ばれてきた

B2F1719F-C7F8-40B1-BACE-0F1226E8B5D9.jpg

塩味の付き具合がほんのりやさしく

素材の味を上手に引き立てている


注文の品を食べ終わったところで

なんと料理長さんからのサービスの品と

秋田産の“じゅん菜わさび漬け“が供された

8352DDDF-5740-4799-B80E-1756412DF07C.jpg

わさびの風味を纏ったにゅるっとした食感の

じゅん菜はいわゆるサッパリとした珍味


〆て家族3人で12千円強

どれもおいしくてコスパよくハレの日の

家族の食事を彩れた

64714B20-710A-46F9-876A-71CF6BBF9080.jpg

#和食

posted by ノムさん at 11:23| 東京 ☀| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

ノラリクラリ @ 江古田

★★★★☆

半熟卵を崩したガレットにローストチキンと

アボカドやアンチョビキャベツをこせて

食せば、素材の味が融合したフレンチ感覚の

洒落たおいしさを愉しめる。

具材を活かしたガレットが食せるカフェ。

C2B303F5-36DC-4FEA-BE60-CADBAC897886.jpg


江古田で女房と夕食。

自分がガレットを好きだと知った女房が、

「江古田にもガレットを中心にしてる

カフェがあるよ」と連れて行ってくれた。

69480D06-42B8-4DBD-B3D8-D7F64B71757A.jpg

1階は喫煙だというので急な階段を上って

禁煙の2階へ。殺風景な感じの内装だな。


とりあえず<生ビール・380円>をもらう。

グラスではあるけどハートランド(生)が

この値段というのは安いよね。

68CE94AC-268A-4086-987D-1138E465ECC5.jpg

6744EA13-842D-42B7-8CEA-F33A85F5CC63.jpg


ガレットは2種類もらってシェア。

選んだのは、<ローストチキンとアボカド

(ハニーマスタード)・900円>と

<アンチョビキャベツとチーズ・850円>。

11BD7CE5-1918-4297-A072-DD15DE353957.jpg

EB20AE3B-3D3C-4567-9DE6-86B5EFDC6F78.jpg


焼かれたガレットの上にそれぞれの具材が

のせられて供された。結構サイズは大きい。

たっぷり具がのったビジュアルはおいしそ。

14AC3511-707A-45D3-BAE2-F392FF994D3C.jpg

C1311DFD-A4CB-47E2-A192-4F90C5222E59.jpg


具は一旦皿に移し、ガレットを4ツに切って

具をのせ直して口へ運ぶ。ちと食べにくいが

素材の味のオーケストレーションを愉しむ。

もっと蕎麦の風味があるとさらにいい。

2C6F974B-6AF9-4E00-9601-87F3700DB7F0.jpg

B3B6BA5F-CBAF-4E9D-8F37-BF6303D44177.jpg


ボリュームのあるガレットを1枚分とビールで

かなりお腹は膨れる。

〆て2,510円は思いの外コスパよかった。

787BD1D0-FC98-44E0-A97C-8EE0FD41445F.jpg

またおいしいガレットを探したくなった。

posted by ノムさん at 05:50| 東京 ☁| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする