2017年02月26日

まるます家 @ 赤羽

★★★★★

鯉は“鯉こく”、鰻は“肝やき”で素材を愉しみ

名物の“ジャン酎(モヒートセット)で流す。

前を通る度に昼間から行列が絶えない名店は

並んで体験する価値満載の老舗だった。

大衆呑みのメッカのフラッグシップ酒場。

3DB6FB7E-D79E-488D-9605-5FC8DADCAA7D.jpg


赤羽でひとり呑み。

埼玉での休日出勤の仕事を終えた帰路、

この店のことをふと思い立ち途中下車。

行列に並ぶ覚悟で訪問して念願の入店。

40419A13-5F6C-47B9-9A28-6D2A435B0850.jpg

59FE6206-9486-4FC1-BBDB-C36342EFB8BB.png

意外と回転は早くそんなに待たずに済んだ。


ドリンクの注文は、名物でもある

<ジャンボ酎ハイ・1,100円>、

通称“ジャン酎”。新橋の某立呑みでは

“ダメ汁”と呼ばれる“ハイリキ1000ml”。

9F440093-AFCE-4CD8-8DD2-786F3604F505.jpg


やっぱりハイリキは、スッキリスムースな

飲み口。<モヒートセット・100円>の

ミントとライムをジョッキに投入。

F4234D78-4885-4622-A8DE-922F5209A020.jpg

BE3A7741-CDF9-48EF-BB70-AA455BA8A98D.jpg

爽やかな香りと味をプラスして愉しむ。


アテは何にしようかと短冊メニューを眺め

店員のお姉さんに注文したのは、

しっかり旨い<まぐろぶつ切・500円>と

野菜、豆腐もたっぷり入ってボリューミーな

<牛すじ煮込み・450円>。

290BF8CA-E1AA-433A-BC4C-9F5540671800.jpg

4BD40575-6431-4ED2-B5F4-2DFB82DDBE84.jpg


ここは鯉とうなぎが看板素材というわけで

<鯉こく・400円>をもらう。鯉こくの

“こく”は、濃漿の“こく”。鯉の輪切りの

みそ汁。プリッとした身の鯉の輪切りは、

全く臭みなくどこかホッとする味わい。

A818EC2D-14F9-4E0D-81CF-43BDE54F5AC8.jpg


タイムセール的に数量限定で

<うなぎの肝・400円>の注文が募られ

ギリギリ1本ゲット。ほのかに苦い肝は、

サッパリとしたタレと山椒で味わい深い珍味。

46ACB91B-91F8-41DB-8B12-DFE0FC46C89A.jpg


大好きな<ほや塩辛・350円>ももらって

何とかかんとか“ジャン酎”を呑み干した。

057A3776-7385-45CD-9F3B-82163C758C6B.jpg


〆て3,300円。

どのアテもいい味してたし、まだまだ

食べたいアテもいっぱい。イスとイスの

間も余裕があってゆったり呑めた。

C2CCD599-5C97-47C6-B1CD-284A7D8EC9EA.png


絶対また来たいが、一品の量も多めだから

今度は23人で訪問するのが正解だな。

0142AD1A-0A4F-41FB-9277-607561BAE6B4.png

posted by ノムさん at 08:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 板橋・成増・赤羽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

八起 @ 赤羽

★★★☆☆

名物のチャーメンにやきとんをタレでもらい

大衆呑みのメッカで酎ハイで流す。

OK横丁のこちらはカウンター席が多く、

混んではいるがひとり呑みには入りやすい。

威勢のいい漢たちによる活気溢れる酒場。

9F975636-7252-4B5E-A78B-8BEEA51027DD.jpg


赤羽でひとり呑み。

仕事で埼玉の方に行った帰り“赤羽”の文字を

見たら一杯呑りたくなって途中下車。

ブラっとOK横丁のこちらへ迷い込んだ。

DF9DD033-1E4B-44DE-B877-6962B4FC6E0F.jpg

A2786B4C-E9EB-4E07-9D80-FE5BC0578C89.jpg


飲み物は<ハイボール・380円>をもらう。

焼酎メニューの並びにあるから

“焼酎ハイボール”だと勘違いしてしまったが

これは“ウイスキーハイボール”だ。

CB6D4A9D-D5CC-4EA3-B7C4-E39ED3C884D0.jpg


八起特製の<チャーメン・400円>をもらう。

こんもりチャーハンっぽく盛られた

モヤシとニラと卵の炒め物で“炒麺”とは別物。

3E772C7D-5D55-44B5-97EE-EF6F6C0F7D95.jpg


“特製肉入りモヤシ炒め”ということだけど

供されたモノに肉の姿はなし。

E2494D2A-DA1B-4ED9-96A6-DB67F79D5E88.jpg


1人前5本縛りのやきとんメニューからは

<盛り合わせ・400円>をタレで注文。

6E09E457-CD1C-41DB-AC9B-6C9CEB2AE4FF.jpg

シロ、ハツ、タン、ナンコツ、カシラで

カシラとタンがやわらかくておいし目。

タレはアッサリ薄味なタレなんだね。


今度は間違えないようにおかわりは

<酎ハイ・350円>。

C4979895-7D54-430D-ACEE-1B84E23AE209.jpg

DB32C37D-4147-467B-8CCC-431E0798CBA6.jpg

やっぱりやきとんには酎ハイがいい。

posted by ノムさん at 11:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 板橋・成増・赤羽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

喜多屋 @ 赤羽

★★★★☆
ここも赤羽を代表する激安立呑みのひとつ。
大衆呑みらしい雑多な空気感の中、
ナポリタンをアテにして生ビールを1杯。
仕事帰りの乾いた喉をサクッと潤した。
朝からやってる路地に息づく立呑み処。
4EE1354C-F303-4D35-A166-F4A26EA48FCB.jpg

赤羽で立ち呑む。
休日出勤の仕事帰り、赤羽を通ったらダメ。
軽く飲んで帰りたくなり途中下車。
何度も来ている赤羽だけど、訪問したことの
なかった超駅近のこちらで1杯呑ることにした。
BADB8F57-6F2D-4BB2-8C3C-35E65D0FC827.jpg

厨房を挟んで2列のカウンターへは
それぞれに入口が別々にあり、
比較的空いていそうな方を選んで入店。
7A22B780-2D93-4DAA-884C-A98B3DCBE5CE.jpg

店員のお姉さんに“お代は後払い”を確認して
<樽生(中)・380円>をたのむ。
0A4C8627-A99A-4F57-AD19-53BD6A2B453C.jpg
この大衆感溢れる空間での最初のビールは
格別に腹に沁み入るな。

“スパサラ”をたのんだらヤマとのことで
正確には替わりとは言えないが
<ナポリタン・160円>をもらうことに。
推して測るべしな味のナポリタンだけど
この安っぽい味もこの場ではなかなかいい。
BECE3734-CA43-4D0D-9A45-033C7B695875.jpg
この時はちょっと病み上がりで
本調子でなかったこともあり
〆て540円を払って帰宅することにした。
でも、やっぱり赤羽の酒場っていいなぁ。
posted by ノムさん at 06:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 板橋・成増・赤羽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

赤羽魚友 @ 赤羽

★★★☆☆
イカワタのタレでいただく“烏賊の丸焼き”も
脂がのりにのった“ホッケ焼き”も
最高旨くていいアテになる。
結果、キンミヤもすすんで酒席は最高潮。
名の通り魚料理がウリの大箱居酒屋。
45591B34-94FE-4A05-B7F4-9FE8FF8DBCC2.jpg

赤羽で呑み友とハシゴ酒。
こちらは何度か大人数で訪問してるが
この日も3人で呑んでたらさらに2人
合流することになり大箱で肴の旨いこちらへ。
D73FAAFE-E238-47CB-BE75-9B2F58B33548.jpg
呑み友のひとりがキープしてあった
キンミヤの一升瓶を提供してくれて
ありがたくごちそうになった。

アテの注文は呑み友たちにおまかせして
定評のある魚料理を中心にいただいた。
ただ、刺身はヤマとのこと。残念。

薄切りの大根にまかれた
サッパリとした酸味のある味わいの
<鯖のへしこ>。
CAF542C4-355B-4C52-8237-7C3C59E1FEB5.jpg

皮が飴色に焦げ、脂がのって旨み抜群の
<ホッケ焼き>。
A6A27CA6-8ADD-40F1-BDCA-9977F6442879.jpg

これもいい酒の肴にはテッパンの
<ししゃも>。
9AC251AF-C539-43C1-A7CD-E3E1344D4840.jpg

魚じゃないけどこれもちゃんとおいしい
<鶏の唐揚げ>。
06FBF7CD-95CE-44E9-8B1B-2794DED0DB83.jpg

この日いちばん気に入った
コクと旨みのイカワタのタレで食べる
<烏賊の丸焼き>。
87ED3E8B-3DEA-489C-90B1-9BB27EFF60B3.jpg

酒席終盤のつまみにぴったりな
<エイヒレ>。
0094CB6D-FC8D-4322-8BBF-1D782334A49D.jpg

何度かきてる店だがここまでちゃんと
料理を味わったの初めてかも。
魚好きにはうれしい酒場だなぁ。
というわけで酒がすすみ
ダメ人間が5人できあがった…笑。
posted by ノムさん at 01:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 板橋・成増・赤羽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

やきとん大王 @ 赤羽

★★★☆☆
呑み助には嬉しい1,300円で2時間飲み放題。
もつ焼き、鳥のから揚げ、牛タン野菜巻きと
平らげながら元を取ろうと呑みに呑んだ。
赤羽小学校の校門脇で賑わうやきとん。
D325C44E-CA62-4FDB-8CA8-F8ED4B99AE72.jpg

赤羽で呑み友とハシゴ酒。
どこで安く呑もうかと呑み屋街を散策し、
もうひとり合流するというので
こちらの2階の4人席に陣を構えた。
D0515F49-D88A-422B-9CF1-C18113837005.jpg

これくらいは呑んじゃうだろうと
<2時間飲み放題・1,300円>にして
とりあえずビールで乾杯。
B6F71CF0-B2E2-41C2-A025-E4F51706438F.jpg

ここからビールをおかわり、
ホッピーに替えてナカの杯数を重ね、
最後は日本酒をぬる燗でもらった。
あっという間に元とれた…笑。
6E05F4BD-2D63-4729-B935-D0D8C205C14E.jpg
BC7D797C-346A-4A40-8809-770053295005.jpg

アテの注文は、呑み友におまかせ。
価格帯は80円〜380円とリーズナブルだ。

<大王サラダ・380円>
4C205B66-69AC-4A9A-B538-DE325CF80123.jpg
値段以上にボリューミーな
野菜とキノコのサラダ。

<鶏の唐揚げ・380円>
13DD30B6-0044-426A-AC29-94EAA89060A9.jpg
まぁ普通に腹満たしにはいいアテ。

やきとんの店なので串やきももらおう。
全部1本80円の串やきメニューには
“お任せ串盛り合わせ”というのがある。
F2A1689D-015A-440E-9C11-917AF67286FA.jpg
3本240円、5本400円、8本640円…って
安くなってないじゃん…笑

なんてツッコミを入れながらも
<お任せ串盛り合わせ(8本)・640円>を
3人でシェアした。
96D48C79-BB14-4D2A-8B63-A491556E5ACE.jpg

そしてここで一番おいしいと思ったのが
大王名物とある
<牛タン野菜巻き・1本140円>。
5131C86A-732D-445E-94BE-9A2CDC6C57AE.jpg

火を通したエノキを束ねて牛タンで巻き
それを2つ串に刺したこの串は、
エノキと牛タンのコンビネーションが絶妙な
ジューシーでボリュームある一品だ。
942326C3-54D1-4E6B-9A86-B49A2924F599.jpg
この“牛タン野菜巻き”がおいしそうという
言葉をキッカケに隣の席の家族と
一緒に盛り上がってさらに呑みに呑んだ。

そして飲み放題もタイムアウト。
当然のように次の店を探し
3人は赤羽の呑み屋街へ呑みこまれた。
posted by ノムさん at 16:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 板橋・成増・赤羽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする