2017年10月15日

ワニダ2 @ 赤羽

★★★★☆

噂には聞いていたが、確かにこれは

ファンキー・モンキー・ベイベーな店だ

野性味あふれる店主ワニダの歯に衣着せぬ

傍若無人な立ち居振る舞いにある意味感動

どこまでも店主が主役のディープな酒場


赤羽で4次会

電車で帰れぬことが決定し、同僚とふたり

どこで朝を迎えようかと考えたところで

ふと「そうだワニダに行ってみよう」と

思い立ち、一見だけどダメ元で訪問してみた

2BEBB96D-6613-4055-9E54-8E3A93ACBFBB.png

知らなきゃ開ける勇気さえ出なさそうな

扉を開けるとワニダが相対する

「もう、食べ物何もないよ!」

「飲み物だけでOK!OK!そんな会話の末

なんとかワニダを説き伏せ店内へ


何を呑もうかと壁のメニュー札を見れば

“ち◯ぽさわー”、“ま◯こ汁わり”(実際は

文字は伏せてないが一応伏せてみた)が

ピンク色の札で一際目を引く

37747D14-38CB-43F4-AE78-506ECC77E883.jpg


結局、<ち◯ぽさわー・500円>を注文

何のことはない、“カルピスサワー”だ

いや、何のことがあっては困るが

2F853C52-46A4-45E4-A36D-EAA97DF7FB51.jpg


食べ物はないとワニダが言ってはいたが

お通し(?)にタイ風の煮込みが供された

パクチーの香りが効いていていいね

4AE6ED25-EAD2-49A8-8C98-DBE368A457FF.jpg


この後、<ウコン>も出してくれたらしいが

ワニダとの会話のインパクトの方が強くて

飲み物の記憶はかなり薄い

94921EA5-836A-4516-9F1A-5FD8579435EC.jpg

朝方、店を閉めるというのでワニダと共に

駅前の立ち食いで蕎麦を食べたのもいい思い出


またワニダに毒されに行きたいな

posted by ノムさん at 11:38| 東京 🌁| Comment(0) | 板橋・成増・赤羽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

赤羽霊園 @ 赤羽

★★★☆☆

死装束の天冠(頭に着ける三角のやつ)を

店員に手渡されたらしっかり頭に着けたら

デンモクからお好みの唄を選んでただ歌う

でも歌った曲はすっかり覚えていない

黄泉の国テイストな演出のカラオケ酒場


赤羽で3次会

いつの間にかなぜか赤羽で飲み直し

もう酒も食べ物もいらない感じだったから

以前呑み友だちと行ったこちらを訪問した


壁は一面、ドクロの顔で覆われた店内

テーブル席に仲間と2人腰を下ろして

ドリンク(何を呑んだか覚えてない)を

たのむと供されたお通しは、“柿の種”だ

EAFA4F45-5860-4ED5-B657-7E11FD0C345B.jpg

あとは曲を選んで歌いまくったっぽい

どれくらいいたのだろう電車では帰れず

朝まで居られる店を探して赤羽の街へ


posted by ノムさん at 11:29| 東京 🌁| Comment(0) | 板橋・成増・赤羽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

まるよし @ 赤羽

★★★★☆

店舗リニューアル後、待望の初まるよし

駅前すぐに店を構える人気の店だ

名物(?)の“キャベ玉”あたりをもらって

“赤羽モヒート”ってヤツを転がしてみた

リニューアル前は酒場放浪記登場の大衆酒場

EA292CAF-5C47-4ADC-825E-03251B178009.jpg


赤羽で友と呑む

“まるよし”がリニューアルしてから

お互い訪問できていないという話になり

そのリニューアル具合を観ようと訪問

E854E84A-5A7F-4642-BB18-1A5C2DF6C005.jpg


すでに2.5件くらい飲んできてるので

ビールはパスして目に付いたドリンク

<赤羽モヒート・400円>をもらう

7DC6657E-97E8-4D4A-81EE-0927C5EEA8A8.jpg

バカルディベースの梅紫蘇のカクテル

濃いわバイスといった感じ。女子にウケそう


リニューアル前から好きだった

<ウインナー・160円>と共に

看板にある<キャベ玉・350円>を

1E052DAC-3723-4C4A-A720-30CAC676FD45.jpg

DCB29072-EC59-4E3B-86F0-483A3A59A3AC.jpg

どちらも大衆酒場らしい素朴なおいしさ


もう1杯<レモンハイ・400 >をもらう

022CDB16-76A8-42F6-B70E-95DDD3B285DD.jpg


リニューアルしてどうなったかというと

正直なところ典型的な老舗大衆酒場感が

なくなってしまったのは、ちと残念だし

おばちゃんの愛のある塩接客がよかったのに

この時の慌ただしくて横柄な接客は残念

379862A1-718A-4C5C-81E1-5D739C22E63A.png


リニューアルって良し悪しだね

でも〆て2人で1,990円は、

さすが大衆呑みのメッカの人気店

E6E2E969-8000-44E5-B409-FDB8630B8411.jpg

posted by ノムさん at 11:36| 東京 ☀| Comment(0) | 板橋・成増・赤羽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まるますや @ 赤羽

★★★★★

ライムとミントの“モヒートセット”を

ひとつずつもらって“ジャン酎”1本をシェア

アテに注文した“ナマズの唐揚げ”は、

サッパリ、やわらかな鶏の唐揚げの様

大衆呑みのメッカで歴史を刻む名酒場

1B13E06B-B990-454E-A584-2CADE5139481.jpg


赤羽で友呑み

リニューアルしたまるよしに向かうも

開店1時間前でちょうどいいんじゃないかと

こちらの行列に並んでサクッと呑むことに

8133EB1F-B4B6-467A-B0E4-D9265D233D48.jpg

ホント昼から客待ちが絶えない人気店だな


30分ほど待ってカウンター席に通された

ドリンクは<ジャン酎モヒート・1,100円>に

決めている

22417875-7CCB-4749-958D-7178A42A34FF.png


氷の入ったタンブラーにジャン酎を注ぎ合い

ライムとミントを加えて乾杯

20DAFBE3-7935-452C-B032-C34F3265C1A3.jpg


アテは1品、呑み友オススメの

<なまずの唐揚げ・600円>を注文

DE4BE45B-67B4-4CB0-9EA4-327FA08791B2.jpg

イメージと違って臭みは全くなくて

やわらかな鳥の唐揚げみたい

もみじおろしポン酢でサッパリといただいた


気がつけばお目当の店の開店時間を過ぎてる

11,000円弱をお支払いして次のお店へ

AFE69201-4B66-4F4C-9537-CCD39BA592BC.png

AE962445-23FF-4CA7-8E12-F21C556983AA.png


posted by ノムさん at 11:17| 東京 ☀| Comment(0) | 板橋・成増・赤羽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

まるます家 @ 赤羽

★★★★★

鯉は“鯉こく”、鰻は“肝やき”で素材を愉しみ

名物の“ジャン酎(モヒートセット)で流す。

前を通る度に昼間から行列が絶えない名店は

並んで体験する価値満載の老舗だった。

大衆呑みのメッカのフラッグシップ酒場。

3DB6FB7E-D79E-488D-9605-5FC8DADCAA7D.jpg


赤羽でひとり呑み。

埼玉での休日出勤の仕事を終えた帰路、

この店のことをふと思い立ち途中下車。

行列に並ぶ覚悟で訪問して念願の入店。

40419A13-5F6C-47B9-9A28-6D2A435B0850.jpg

59FE6206-9486-4FC1-BBDB-C36342EFB8BB.png

意外と回転は早くそんなに待たずに済んだ。


ドリンクの注文は、名物でもある

<ジャンボ酎ハイ・1,100円>、

通称“ジャン酎”。新橋の某立呑みでは

“ダメ汁”と呼ばれる“ハイリキ1000ml”。

9F440093-AFCE-4CD8-8DD2-786F3604F505.jpg


やっぱりハイリキは、スッキリスムースな

飲み口。<モヒートセット・100円>の

ミントとライムをジョッキに投入。

F4234D78-4885-4622-A8DE-922F5209A020.jpg

BE3A7741-CDF9-48EF-BB70-AA455BA8A98D.jpg

爽やかな香りと味をプラスして愉しむ。


アテは何にしようかと短冊メニューを眺め

店員のお姉さんに注文したのは、

しっかり旨い<まぐろぶつ切・500円>と

野菜、豆腐もたっぷり入ってボリューミーな

<牛すじ煮込み・450円>。

290BF8CA-E1AA-433A-BC4C-9F5540671800.jpg

4BD40575-6431-4ED2-B5F4-2DFB82DDBE84.jpg


ここは鯉とうなぎが看板素材というわけで

<鯉こく・400円>をもらう。鯉こくの

“こく”は、濃漿の“こく”。鯉の輪切りの

みそ汁。プリッとした身の鯉の輪切りは、

全く臭みなくどこかホッとする味わい。

A818EC2D-14F9-4E0D-81CF-43BDE54F5AC8.jpg


タイムセール的に数量限定で

<うなぎの肝・400円>の注文が募られ

ギリギリ1本ゲット。ほのかに苦い肝は、

サッパリとしたタレと山椒で味わい深い珍味。

46ACB91B-91F8-41DB-8B12-DFE0FC46C89A.jpg


大好きな<ほや塩辛・350円>ももらって

何とかかんとか“ジャン酎”を呑み干した。

057A3776-7385-45CD-9F3B-82163C758C6B.jpg


〆て3,300円。

どのアテもいい味してたし、まだまだ

食べたいアテもいっぱい。イスとイスの

間も余裕があってゆったり呑めた。

C2CCD599-5C97-47C6-B1CD-284A7D8EC9EA.png


絶対また来たいが、一品の量も多めだから

今度は23人で訪問するのが正解だな。

0142AD1A-0A4F-41FB-9277-607561BAE6B4.png

posted by ノムさん at 08:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 板橋・成増・赤羽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする