2018年01月22日

そば居酒屋 太閤 @ 高田馬場

★★★★☆

十四代、新政、飛露喜、花陽浴、田酒・・・

日本酒の人気銘柄の揃えの良さは圧巻

そば前にコスパのいい銘柄をもらって呑み、

適度に気分良くなったら“もりそば”で〆る

充実の日本酒でそば前を楽しむそば居酒屋

74D32B83-FC51-4219-92FD-DDECB2141C6B.jpg


高田馬場で一杯

この店のアプリをダウンロードしたら

日本酒150円の特価日がわかるようになって

休日出勤の帰りにフラッと寄ってみた

2E238FC1-A297-4BB3-A583-D9A58A60C4EC.jpg


壁際のカウンター席に腰をおろして

まずはアプリでゲットした350円以下の

日本酒無料クーポンを示して

<亀泉 純米吟醸酒・350円>をロハで

EADD22CE-9840-403E-B6AD-5E4BFDB095BA.jpg

フルーティに香り、甘口ながらキレはいい


一緒に<ポテトサラダ・330円>をもらう

普通だがジャガイモの味が素朴に感じられる

6E7DB01E-DFD1-4977-A58C-D7C6D8AE27A9.jpg

0A223E9C-6937-4062-8C2F-7A29741AE74B.jpg


そしてお目当ての【本日の150円】の酒へ

鍋島、結、来福からランダムに提供される

F551D08D-001A-4CA3-8512-18F1B6FD2C1F.jpg


まず供された銘柄は<鍋島 特別本醸造>

201CA60E-6BB0-41DC-B9AA-2999A4F5D9FD.jpg

木の香りを纏ったコクのある口あたりの酒

70mlとはいえこの辺りが150円は安い


<まぐろのなめろう・450円>を追加

3D621D35-2560-402D-A7F3-7086E99C2FB9.jpg

66D318EB-BEF0-49C5-A05B-553B4990F6C3.jpg

味噌の風味を纏ったネギトロは

そのマッチングがよく、いいアテになる


さらに【本日の150円】をもう1杯所望

今度は、<結 特別醸造酒>

F0365FBF-BC32-49BF-A29B-56B8C4176910.jpg

結は新進気鋭の自身お気に入りの銘柄で

こらも150円でいただけるなんて神だな


この後にそばをもらおうと酒は

<神亀 純米 搾りたて生酒・350円>へ

C81D87E3-FAB0-4C27-A667-151791BDD80F.jpg

行き届いたコクの辛口はさすが神亀


〆には<もりそば・450円>をもらい

サッパリと腹を満たしてごちそうさま

5D3290D4-95D5-472F-B95D-8B0ECC470554.jpg

E6658E2F-B676-4866-A7B6-2C05EB11D6AB.jpg

F7B7522B-82B1-4553-95A1-69A9C2E2E095.jpg


またアプリをチェックしてお得な情報を

ゲットしたら足繁く再訪しよう

8B9525CE-54EC-4686-BFC4-A301C638E129.jpg

2383B246-40A5-4197-B0A2-5437AE66D320.jpg

#そば #日本酒 #そば前

posted by ノムさん at 22:42| 東京 ☁| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

升本小沢商店 @ 早稲田

★★★★★

クーラーに並んだ銘酒のラインナップから

この日選んだのは、“雁木”と“農口”

“和風サーディン”の缶つまをアテに

それぞれに違うキレイな飲み口に触れる

日本酒を気軽に味わう穴場な角打ち処

64DB141A-B9E2-4B8F-AA70-6C76D5A89AF1.jpg


早稲田でひとり呑み

仕事帰りにサクッと角打ちでもと

チェックしていたこちらを訪問してみた

店に入るとすぐに立呑みスペースが目に入る

422C6D07-0CB2-4445-BE3F-1A4F5EA6B15D.jpg


輸入ビールのラインナップも気になったが

こちらの主体は日本酒というわけで

<雁木 純米吟醸・350/5勺>を選んだ

黄味がかった一杯は、フルーティでキレがある

914DB664-2818-4CDC-A4BF-A862BF15C87B.jpg

DDBFDE62-7212-47AE-9BDC-2950984C87FD.jpg


アテに用意されてるのは充実の缶つま

<和風サーディン・200円>を中から選ぶ

43779B52-0ECE-45DF-B770-A25B26AC0461.jpg

“和風サーディン”とは生姜煮のイワシ

しっかりと日本酒に寄り添う味わいは、

缶詰の概念を超越してる


酒の方は、もう一杯いただくことにして

<農口 農口純米・300/5勺>をもらう

これも雁木同様に黄味がかった酒で

より辛口のスッキリとした飲み口だ


675E2C61-475C-4567-B380-23D98498FF7A.jpgA77644DA-491E-4D0C-96D3-ABE3DF309F15.jpg


〆て税込1,030円と良心的な値段を後払い

7E29F962-2104-4627-A8D3-6C404EB6747C.jpg

14F8ADD2-C4A0-4EED-AF48-3B528CDD4A9C.jpg


15種ほどの日本酒ラインナップから

気になる酒を選び、充実の缶つまと楽しめる

日本酒好きにぴったりな角打ちだった

8404F4B2-473D-428B-858C-EBB96F1555AF.jpg

C19FF029-CBD1-4D2C-85E8-3C695CD50EAA.jpg

3C096FE9-0598-41A0-A125-AF5AA777D103.jpg

#角打ち

posted by ノムさん at 09:08| 東京 ☁| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

彩心 @ 新宿三丁目

★★☆☆☆

薩摩軍鶏の刺身やすきやきに地頭鶏焼きと

九州料理のコースをいただきながら

飲み放題で本格焼酎あたりを合わせて語らう

ちょっと入口がわかりにくい九州料理居酒屋

FA3CAF74-AC1A-4DE5-B728-E55A55ED192B.jpg

31F02549-B963-4EDE-8F29-3C12C31C994A.jpg

新宿三丁目で昔の仲間と忘年会

新宿あたりで店の予約を託されたものの

自分の中で候補にしてた店は全部いっぱいで

初めてだったけどこちらを予約して初訪問

少し狭めの奥のテーブル席に4人で腰掛けた


予約したのは2時間飲み放題付きの

<贅沢彩心コース・4,500円>

九州料理を中心に品数は7つ供されるもの

因みに飲み放題にビールは含まれないが

5,000円のコースだとビールも飲み放題

290A07B1-128B-47C8-ADFE-54E3F4933F0B.jpg

FC122D43-B1D2-40ED-8E89-10F13C0D1821.jpg

ビール以外で500円以下のお酒が飲み放題と

いうことで、まずは“レモンサワー”で乾杯

前菜は、あん肝や焼魚などの3


ブリなど4切ほどの<鮮魚の刺身>の後に

看板素材の<薩摩軍鶏の刺身>が供される

C4BA7341-06CF-4BDC-BC3F-123163C1A242.jpg

8DA7C80B-9C03-42EB-8BF1-BAF0195746F3.jpg

柚子胡椒でいただけばクセなくサッパリ

いただけるがまぁ普通かな


<地頭鶏焼き>も柚子胡椒が添えられる

これも普通においしいけれどなんか魅力不足

B19D5990-33C0-4BDB-B36D-DE91F77BAE6B.jpg

飲み放題の後半は芋焼酎をロックで煽る


コースのメインは3種類から選べる鍋で

<薩摩軍鶏のすきやき>を予約時にチョイス

95FF0837-A0F4-412E-A29E-491BF97DA2B9.jpg


歯ごたえの強い軍鶏肉は脂が少なくサッパリ

甘みとコクのある味付けでいただき

最後は麺を投入して腹を足した

ECB55B81-0BAA-4070-874F-B9E312B6A604.jpg

FA720E9C-56D9-48F0-9678-4973AB03FAD6.jpg


デザートの<和栗のアイス>おいしかったな

5EAD4FBC-72E7-4BD7-9130-D95ACF38D433.jpg

なんとなく今ひとつな感じだったけれど

まぁ4,500円だからこんなものか


#九州料理 #居酒屋

posted by ノムさん at 07:18| 東京 ☀| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

福臨門 @ 落合

★★★★☆

ここの酢豚かなり好き。外側をサクッと

揚げられた豚肉の酢豚は酸味と甘みが

まろやかに融合していておいしいな

小籠包ももらってビールで晩酌を楽しんだ

ちょっと外観は怪しいが味は◎な町中華

E482DCF7-D197-4E98-BDEC-591E73AEAB5D.jpg


落合で女房と夕飯

サクッと外食して帰ろうと路地裏にあった

怪しい外観の中華料理店に惹かれ、

気乗りしてない女房を口説いて入店

EAF2CC6A-B9CB-4F45-90E0-F6D4EF1258A1.jpg

9F049CF6-6097-4FE2-BB78-9A134593AAE0.jpg


リーマングループが気持ちよさげに酒を呑み

若い男性がひとり夕食を摂っている

テーブル席に座ってメニューを眺め

女房は<高菜チャーハン>を選んだ

C2C79FA6-0569-436E-8D9E-3B60E304DE03.jpg


夕飯に米を食べないことにしている自分は

<ビール(大瓶)>と<酢豚>をもらい

さらに<小籠包>をシェアすることに

先にビールが運ばれて女房と注ぎ合う

293299AF-97A9-426B-A410-FEE4278E67AF.jpg


小籠包が先に供されて箸をつまんでレンゲへ

のせる。皮に箸で穴を開けたが期待ほど

スープが出て来ない。味は悪くないが、

包まれてるスープがもう少し量あるといいな

64D55570-0425-4740-8C16-5A59E08C3998.jpg


何と言ってもおいしかったのが“酢豚”

あのパイナップルが入ってるヤツは

自分は好きでないが、これには入ってない

一度揚げられた豚肉のサクッとした外側の

食感の後、ジューシーに旨みが滲み出る

258BBAB7-E045-4732-8E0E-A7C9F729039A.jpg

901F3178-29A8-480E-BAF6-43F871937167.jpg


酢豚とビールを交互に味わいごちそうさま

男性2,980円、女性2,680円で飲み食べ放題

なんてメニューもあるが、この料理のコスパなら

個人的には、かなり有りだな

DCADFBD8-4982-46A8-9736-6AE8A4E3CE16.jpg

5B43D32D-1B43-4545-BB60-1853351F00DC.jpg


#中華

posted by ノムさん at 08:03| 東京 ☁| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

喰場の心 @ 曙橋

★★★★☆

シャンパングラスで心地よい吟醸香を感じ

フルーティで後キレのよい飲み口を愉しむ

お気に入りの“山本”と“赤武”にうっとり

400円前後がコアの価格帯も気軽さがいいね

カジュアルに楽しめる日本酒ダイニング

E86591B2-7EB4-40F5-A132-4B4C6BFB3938.jpg


曙橋で2次会

1次会からの帰り道、日本酒談義に華が咲き

もう1軒寄って行こうと日本酒好き4人で訪問

常連の仲間が直前に電話予約してくれた

DF69B135-3976-467A-8DD4-1CE218102661.jpg

D233963B-199A-47E0-AD0C-76E60DCECFE3.jpg


プレミアムな人気銘柄から、日本酒好き達が

高く評価するニッチな銘柄まで、

充実の品揃えから1杯目に選んだのは、

<山本 純米吟醸 潤黒・90ml 440円>

533707E9-03CD-4995-91D0-D4FCF702E547.jpg

ほのかな吟醸香も味もなんとも清々しい


お通しには、3匹の“ゆでエビ”が供された

0CFFDB07-190A-48E7-BBCF-930A465EABE4.jpg


酒の肴に注文したのは、<いぶりがっこの

マスカルポーネ和え・550円>

0D669B99-65B1-4BE1-8313-61AEC5584903.jpg

8C10626E-900C-4FED-9740-D2A60D46C9AE.jpg

いぶりがっこの食感とマスカルポーネの

潤沢な風味をクラッカーに添えていただく

これは日本酒に合うねぇ


店主との話の流れで旬のひやおろしを

いろいろと紹介していただいて

B21AAA9E-3BD6-4A39-BA1B-E1E517DF9D5B.jpg

3899577C-2D31-45B6-AB18-C82890048D02.jpg


もう1杯注文したのは、

AKABU 純米ひやおろし・410円>

FD556D91-C1B6-4D94-A2E8-777869D5372A.jpg

香り、甘み、酸味とバランスのいい味わい


昨年(2016年)開店したこちら、

まだまだ人気は上昇しそうな日本酒処だ

9ADFDD60-E6F9-41C2-8E11-1094C99F47CC.jpg

手頃な価格での飲み放題付きコースも

あったりするので、今度は、日本酒好きの

仲間達と1次会から来たいな


#日本酒

posted by ノムさん at 07:24| 東京 ☁| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする