2020年10月24日

鶴川 @ 青物横丁

★★★☆☆

300円台中心のフードメニューは、

立呑みの酒のアテには十分なラインナップ

壁の短冊から数品、ホワイトボードから

刺身ももらって仲間や常連との会話を愉しむ

気軽に入れて、ゆるく愉しめる立呑み処

C5956A4E-0E26-48D0-9709-4A26E3484E74.jpg

青物横丁で立ち呑む

仕事を終えて仲間たちと軽く呑もうと

手頃な感じの立呑みへ入ってみた

午後9時過ぎ、店内は、常連と思しき客で

賑わっていたが、真ん中のテーブルに着けた


まずは、<生ビール・420円>で乾杯

108A2C74-562D-4B89-8F0D-F104328A5657.jpg


壁の短冊メニューから仲間たちが注文は、

<骨センベイ・300円>

<ヤゲン軟骨唐揚げ・320円>

<山芋千切り・300円>

<チョレギキュウリ・320円>

1B29788B-EB09-43DB-9F6E-A62C9014B63D.jpg

0AD2271B-A357-434B-A811-14044993C7D2.jpg

B393B033-80C9-4A02-A176-4BACFE04D3EB.jpg

9B1EBCA1-6CDC-4268-946C-A439AA048E37.jpg

一品一品に特筆することはないが、

軽く立ち呑む酒のアテにはまったく問題ない


ホワイトボードにほ、刺身類もあり

品切れになっていなかった最高値メニュー、

<金目鯛刺・680円>をもらうことにする

6A877ACB-5BA5-4CF1-9B07-75FAFEA25FE1.jpg

218919A5-6CAE-4399-806F-63123AB2424D.jpg

鮮度も申し分なく素材の旨みもしっかりある


<玉子焼き・350円>も追加しながら

ビールの後は、破格なドリンクメニュー

<ウーロンハイ・200円>に切り替えた

うん、酒が濃くなくてヘルシー

453CA8D7-8011-4101-AFC6-B88FBEE9598B.jpg


日本代表が好調ぶりを発揮している

ラグビーW杯の話をしていたら

気のいい常連さんも話に加わり、

退店まで飽くことなくワイワイと愉しめた

2DDDE878-F722-4315-A438-629471EFE691.png

AFFDF0DF-9B58-4878-BD04-283E87AEF45F.png

FC7847EC-3794-4977-A79F-1DE44851D5D6.png

#気軽に入れて、ゆるく愉しむ立呑み処

posted by ノムさん at 15:19| 東京 ☀| Comment(0) | 大井町・大森・蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]