2017年05月20日

喜多八 西日暮里支店

★★★★☆

いかにも大衆酒場らしい雑踏感の中、

看板のもつ焼きや豚バラ焼きをもらって

バイスで仲間たちと改めて乾杯。

斑らな記憶の中、豚バラの旨さを覚えてる。

板橋が本店の正統派大衆もつ焼き酒場。

FBD6B0D5-B6AA-40FD-8A3D-B9B392F79E59.jpg

西日暮里で2次会。

1次会で日本酒をたんまり呑んだというのに

さらにもう1軒。前回、満席で入れなかった

こちらの店は、酒場放浪記で類さんも

訪問してるもつ焼き酒場だ。


<バイス・330円>をもらって乾杯。

サッパリとして2次会にもピッタリだね。

6CA93752-864C-41EB-BDA2-B940BECA2CDE.jpg


酒のアテにもらったのは、

2本以上しばりのもつ焼きから

<カシラ・120円>を1本ずつと

<豚バラ焼き・180円>、そして

<ハンペンチーズ焼き・380円>。

8DC8DAD1-AB77-4102-AA73-F18EF8085F19.jpg

234C06BA-4BDC-436C-887E-06E008FBC200.jpg


1軒目から楽しくてちょっと飲み過ぎ。

そんな中でも“豚バラ”が甘みがあって

おいしかった。せっかく注文したけれど

“ハンペンチーズ焼き”は食べた記憶すらなし。

043835DA-8512-4C00-A66A-D287D1785D7D.jpg

板橋が本店で昭和60年に展開された

こちらの支店。大将は基本こちらにいる模様。

次は記憶がちゃんとしてる時に再訪したい。

posted by ノムさん at 08:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 上野・浅草・日暮里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック