2021年10月19日

味茂 @ 落合

★★★★★

看板の灯りが消えているが店は営ってた

アンティークな振り子時計の秒を刻む空間

壁のメニューから一品料理を選んで

瓶ビールから日本酒へ繋ぐ晩酌のひと時

知らなかったら営ってると思わない大衆食堂


落合でひとり飯

乗り換えで降りたこの駅の近くで夕飯に

することにしてチェックしていたこちらへ

9B8F1742-89AD-4454-9537-D65DF4E87F8F.jpg

噂通り店の照明看板は消えていたが、

店の灯りは点いていたので思い切って入店


他に客はいなかったが営業中であることを

店主に確認してテーブル席へ腰をおろした

とりあえず<瓶ビール・630円>をたのむと

サッポロ黒ラベルの大瓶が供される


壁に貼られた短冊メニューから

一品料理をいくつかチョイス


<マカロニサラダ・330円>には

トマトとキュウリも一緒に盛られて

心持ちヘルシーな感じ

フワッと軽いマヨネーズがいいね


<ハム天ぷら・440円>は、

サクサク、フワッと軽い食感の衣が心地いい

ハムの甘みに胡椒とソースが効いた


瓶ビールの後は、<お酒・340円>を

常温でお願いすると

土佐鶴の徳利とぐい呑で運ばれてくる


酒の肴にもう一品<アサリバター・440円>

バターよりも磯の香りが印象的に立ち上がる

一粒ひと粒、酒に合わせて愉しめる

なかなか量もあってコスパも良好だ


写真も撮っていたのだが、壁に貼られた

撮影禁止マークの貼り紙に後から気づいた

料理を見せられないのが残念


BGMもなく、客は自分ひとりの店内に

振り子時計が秒を刻む音だけが響いてる

営業してない様に見えるからか

後に客はひとりも入ってこない


〆て2,180円也

お勘定の際、店員さんに一応訊いたら

やっぱり看板の電気はわざと

消してるんだそうだなんでだろ


#知らなかったら営ってると思わない大衆食堂

posted by ノムさん at 13:50| 東京 ☁| Comment(0) | 新宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする