2021年08月31日

旬の香 @ 東中野

★★★★★

フワリ軽い食感に揚がった手羽先は、

クミンが香り、鶏肉の旨みジューシー

パリッとした羽根の円盤型の焼餃子も

海老の風味が効いてスマートに舌に馴染んだ

味の良さに度々惹かれる福建家庭料理の店

C95EAB10-6FB8-4956-A313-70323802DF1C.jpg


東中野でひとりめし

乗り換え駅で夕飯がてら晩酌することにして

料理にセンスを感じてるこちらの中華へ

7BF75602-6476-4A48-9904-999181014EB3.jpg


「ひとり」を告げてカウンターへ通される

1D5C5C03-0A94-492F-A421-7C19FAB0E841.jpg

05B7F538-AE72-4EC0-ACE9-D11BAE0E0039.jpg


<生ビール(中ジョッキ)・490円>は、

アサヒスーパードライ

連日猛暑が続くと晩酌のビールはうまくなる

F4A6A9AD-5C74-4130-8672-5A78C8DB73C6.jpg


料理は<羽根付き焼き餃子・420円>と

<揚げ手羽先のクミンかけ・480円>の

2品を選んだ

0DA2B549-A5EA-4108-AFBE-54E7B3941482.jpg

2628F01D-B5C0-4B8B-A0E5-0CF5AA80B3CE.jpg


皮から手作りの円盤型の羽根付き餃子は、

パリッとした羽根が香ばしい

F129DFEC-563B-4284-BB3B-A35136E19AD7.jpg

クセのない舌あたりの粗挽きな具には、

プルンとした海老の食感とその旨みが混ざる


大好きなクミンが香る揚げ手羽先は、

軽い食感に揚げられ、骨から肉を千切ると

鶏の旨みがジューシーに滲み出る

3681ADE2-B944-4A23-B244-727E79358260.jpg


ビールの後には、<酎ハイ・380円>

スッキリドライな飲み口がいい

4D8BDD6E-48C6-45C6-BE5E-937610DDC013.jpg


過去何度か来ているが、リーズナブルだし、

何を食べてもその食味は、自分によく合う

できたら複数人でいろんな料理を楽しみたい

65848C70-F839-4314-9C17-35A8C360625F.jpg

B8D27AEA-7C9E-46CB-AD2F-1B3A05882CDB.jpg

350077C3-5678-4C8D-89E3-4E2DDC4AD391.jpg

#人気もつ焼き丸松の隣の魅惑の中華

#味の良さに度々惹かれる福建家庭料理の店

posted by ノムさん at 05:30| 東京 ☁| Comment(0) | 中野・吉祥寺・三鷹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月30日

鳥藤 @ 江古田

★★★★☆

一部串打ちから始められたやきとりは、

焼きの具合がよく、深みのあるタレもいい

少しカリカリと焼かれたが中でも絶品

栄川と吉乃川を冷やでもらって愉しんだ

年輩の大将がひとりで焼くやきとり酒場

9A24469E-6A58-4EC0-A332-AE7BBF78C3B8.jpg


江古田でひとり酒

リモートワークを終えて夕飯がてらに

江古田あたりのこちらを新規開拓

232EC495-15C1-437D-B0FE-F511D248451B.jpg


早めの時間だったからか他に客はなかった

608E225E-FF48-4441-B734-246718008CB6.jpg


まずは、<生ビール・500円>で喉を潤す

ジョッキには、サッポロのマークがある

C377FE95-51B5-418D-A712-4111BA84A8DC.jpg

ここのところの猛暑でビールが一層うまい


お通しは、野菜とカニカマのサラダ

自家製かな、マヨネーズの風味が気に入った

DF08BC0F-C198-4735-9A81-9A1200D98AE6.jpg

8E6A58DD-BDA9-4BEB-80EE-4E05611102D5.jpg


<皮焼・150円>、<ネギマ焼・150円>、

<当店自慢のつくね焼・150円>、

<最高 軟骨焼・150円>の4本を

壁のメニュー札から選んでお願いすると

一部は、店主が串打ちから始めている

347160CC-C43B-4FAA-96B7-947B71769ADF.jpg


ビールの後、やきとりには日本酒かなと

<栄川 純米酒・600円>をもらう

5F4B1D92-F0F3-46EF-A6B7-283E097DD69E.jpg

常温でお願いしたが、冷やしてあったので

そのまま冷やでいただいた

やさしく爽やかな香りと旨みがある酒だ


やきとりが11本カウンター越しに供される

ネギマ焼のプルンとした食感のある素材も

いいが、焼き具合とタレの風味がまたいい

F424C68F-E7DB-427B-ADA7-C2FCE30A1C23.jpg

そのタレで焼かれた皮焼がまた絶品

少しカリカリとした焦げ具合が絶妙


これだけ塩で焼かれた軟骨焼は、

コリコリと軽く砕ける

コクと甘みの味噌も塩焼きにひと味添える


つくね焼当店自慢というだけあって

深みのあるタレを纏った野菜も練り込まれた

大きめの1本は、一食の価値がある

串は、追加で<椎茸焼・150円>をもらった

30ADB37B-A9D1-4697-9D3D-55D1FF6186F8.jpg


<お酒・1 300円>のメニュー札について

店主に銘柄を訊くと店主がおもむろに

冷蔵庫から出したのは、吉乃川 厳選辛口

これは安いだろうとそのまま注文した

8DEA4B71-2EB0-4B67-A2C9-8A4F78B038D1.jpg

実際、飲み口のキレイな吉乃川

1300円でいただけるのは、コスパ良すぎ


サッパリと<冷奴・300円>を追加

氷に置かれた半丁分の絹ごし豆腐に

添えられた生姜醤油がすこぶる合った

BC86CE43-22F8-4CD4-A44C-67B4B5F44599.jpg

79C0492F-7D92-4C94-9436-73691A1CB10A.jpg


カウンターの上には、力士のサインがあり、

演歌が流れるカウンター席だけの店内は、

どこか江古田っぽくない雰囲気がある

江古田でやきとり気分の時は、ここがいいな

0FB81D84-0295-4BE9-B95B-6BABD744AB0C.jpg

750FC3A0-29FB-4CAB-B48C-20A523D0FC7F.jpg

EA3F7D22-864E-416C-95AA-7934AA738BAE.jpg

6738731E-17F4-451E-9039-8221215305B0.jpg

88708B71-65A9-47FC-A06B-17269A5FC904.jpg

#年輩の大将がひとりで焼くやきとり酒場

#江古田でやきとりで呑むならここがいい

posted by ノムさん at 03:15| 東京 ☁| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月29日

クレバ @ 新江古田

★★★☆☆

手頃でバラエティ豊かなメニュー構成から

シーザーサラダ博多明太子焼売

そして気になった噂のトンテキで一杯

サワーの焼酎がキンミヤなのも嬉しい

ご夫婦で営む小さなダイニング居酒屋

690FC82A-3E5E-43E7-BF3F-B7A8A4D5C350.jpg


江古田でひとり酒

リモートワーク終わりに夕飯がてらの訪問

駅から67分歩いた住宅街にある

気になっていた店だ

CDE71032-15CF-48D5-A258-9267FE2378C5.jpg


入ってみると地元の主婦たちが

テーブル3つの内、2つを占拠していたが、

奥のテーブルに通してくれた

99E3D0EC-685C-4605-8A34-331DB437D5E8.jpg

C6C8454B-7FD7-4415-81B7-62FEB08C7F02.jpg


キンミヤベースのサワー群から注文は、

<キンミヤ瀬戸内レモンサワー・380円>

無料なので濃い目でお願い

スッキリとしたフルーティな甘みの一杯

A261560E-009E-48CF-A4D7-0F8D90192948.jpg


手頃な価格の黒板メニューから

<シーザーサラダ・280円>をもらうと

酸味のあるドレッシングが効いて

野菜とクルトンをサッパリ食せる

E5E26EF0-48FD-4ECB-92B3-62CCEEA2E17F.jpg

C1042ADC-C26F-491A-88C1-EA98CBB45A6F.jpg


次に選んだ料理は、

<博多明太子焼売・380円>

なめらかな舌あたりの焼売に詰められた

明太子の辛みが程よく効いてる

B28CD79A-FE4A-4B68-ADBD-A579FD8FBD9E.jpg


そしてメインディッシュにと

<噂のトンテキ・630円>を追加

CC306708-3C57-47B4-8378-D380E94B6E83.jpg


どんな噂かはわからないけれど

イメージしたよりは小ぶりな一品

脂身の甘みが口腔に広がって素材はいい

822792C6-9AD5-4EE9-A3AD-D4B48F24F3D5.jpg

どの料理にも野菜が添えられてるのは嬉しい


瀬戸内レモンサワーよりも

自然なレモンの酸味が感じられる

<キンミヤレモンサワー・380円>、

<キンミヤチューハイ・380円>と

ドリンクは、キンミヤサワーを飲みつないだ

D26EA4A7-7DB6-41DD-AC3B-5B87A559E11E.jpg

チューハイがキンミヤの旨さを

一番感じられるな


〆にちょうど良さそうな一品を発見

<白だし温玉うどん・390円>

まさにテイストも量も〆にピッタリ

C2486B3D-CBE6-44B0-ABC2-EB308412196B.jpg

DED5EEC5-9F95-4576-AA38-B62B72E48F3D.jpg

0C3091DF-9549-4D03-9AA2-DD8E4D3AF8F2.jpg

油揚げのケミカルな風味は気になったが、

この〆の一杯は悪くないね


途中、やげん堀の七味を振って軽快に完食

F421D2D3-9990-44B4-A0E2-C03140FC8CD0.jpg


〆て3,000円弱

テーブル3つ、10席の小さなダイニング

自分以外は、ご近所ピープルのグループで

今回はちょっぴり疎外感もあったけれど

また、他の料理もいただきに再訪しよう

BCFA4508-EA0B-44D0-86B0-D738FD21BCAD.jpg

115A3459-FFA5-4F18-8AB7-EEF42376CFDF.jpg

#ご夫婦で営む小さなダイニング居酒屋

posted by ノムさん at 06:09| 東京 ☀| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月19日

ペルテ @ 稲毛

★★★★★

噂の日本一のマルゲリータは評判に違わず

生地の上で絶妙な焼き具合で火が通された

トマトとチーズが舌あたりまろやかで旨っ

もう1枚追加しながら白ワインでピザを堪能

歩いて行けて嬉しい珠玉のピッツァリア

3F692D93-2425-46D2-84DA-72B3FA971E3F.jpg


稲毛ディナー

引っ越して来た新居から歩いて数分に

ナポリピッツァ選手権で日本一に輝いた店が

あると知り、女房を誘って予約しての訪問

AA97A573-25BE-49B2-95DF-B3AD3939EFB4.jpg


住宅街にこじんまりとあるこちらのお店、

緊急事態宣言下の夜は20時までの営業で

18時に訪問すると既に予約で満席の模様

BDAF1B3C-011C-4470-99C5-F31DB45ED655.jpg

テイクアウトでの来店客も結構多い


メニューの説明を受けて注文したピザは、

やっぱり日本一に輝いた

<マルゲリータ5002,400円>

これが聞きしに勝る逸品だった

4929E64D-7D5F-4898-8877-91E5B08A5633.jpg


ピザ職人の店主により、窯で焼かれた

直径30cm大のマルゲリータは、

生地の香ばしさ、ジューシーで甘みのある

トマトソースとチーズのまろやかな風味が

一体となってスムースに口に滑り込む

4D903023-9F44-41D3-8379-918588BB663C.jpg


添えたハムと野菜の上にペコリーノチーズが

削られて供される<サラダ・1,200円>にも

店主の素材へのこだわりがうかがえる

B70FD00B-A943-4B9F-B8B4-99D13B904D3F.jpg

ACCE1558-B94F-4674-8DC1-F456EA98E8E0.jpg


こうなってくると他のピザも食べたくなる

嬉しいことにハーフ&ハーフでもOKとのこと

そこでハーフ&ハーフでもらったのが、

日替りのマリナーラ“D.O.C”

AAC58C1E-7DF5-443E-B654-1382ED8370BE.jpg

お値段は、2,500円也


モッツァレラチーズにチェリートマトが

散りばめられた本格な“D.O.C”

ツブ貝とシラスの活きた日替りの

マリナーラも間違いのない絶品だった

CB08EF4F-4B48-4781-9D54-939684A30572.jpg

<グラスワイン(白)・700円>を

おかわりしながら

〆て1人あたり5,000円弱


2人では食べきれなかったハーフ&ハーフの

ピザは、半分持ち帰りにしてもらって退店

オーブントースターで温め直して

翌日のランチにも愉しめた


#日本一に輝いた稲毛の至宝ピザ

#稲毛 #千葉グルメ #ペルテ #マルゲリータ

#ノムろぐ #ピザ

posted by ノムさん at 15:28| 東京 ☀| Comment(0) | 千葉市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月10日

串屋横丁 月島店 @ 月島

★★★★★

串は、やきとりとチキンエッグをもらい、

サッパリとしたオニオンスライスを添える

濃密な味噌ダレを纏ったモツも追加したら

生ビールからキンミヤホッピーへ移行

精肉工場直営のもつ焼き酒場の月島店

CB5C9EEA-6EB5-4D2E-9C7F-BCD88F6B3591.jpg


月島でひとり呑み

最近、何度か仕事帰りに立ち寄ってるこちら

今回は、夕飯がてらのソロ呑みで伺った

串屋横丁でのソロ呑みは、これが初めてだな

9667E29E-2ED4-4B0D-97FB-CF6F1A957692.jpg


ドリンクパスポートを提示し、

無料サービスで<生ビール>をもらえば

<お通し味噌キャベツ・180円>が

いつも同様に出される

FD992865-06B6-4839-9CB5-FB03B215CBAC.jpg

0601025D-5559-4E02-8850-3A9F687AD061.jpg

おかわり無料の嬉しいお通しでもある


サッパリ風味のドレッシングで

一層サッパリいただける

<オニオンサラダ・380円>、

串焼きからは、<やきとり・130円>と

<チキンエッグ・130円>を注文

A5DC6AC7-1441-4687-AF5D-A2F3584BCAB6.jpg

965D4CFC-1409-4E96-8BA1-ED5E959BD145.jpg


大串で130円も納得の串は素材の鮮度がよく

焦げの風味がマッチする焼き具合も

9383741B-B676-420F-8970-42584C55B0F0.jpg

1B5382C9-C3BD-40B0-9819-5E6CF60EA9EB.jpg


チキンエッグの肩書は義理の親子串だが、

「違うと思うぞ」と自分の中でツッこんだ

7DB5A401-B629-43F0-991B-D4EB0E7D96BE.jpg


 生ビールの後には、キープしてある

前回の残りのキンミヤボトルを所望して

<ホッピー(黒・ソト)・300円>で割った

D4360EAC-7399-4CFD-91CC-935C986D5610.jpg


もう1品<味噌焼きホルモン・480円>を追加

濃密な旨みのタレで焼かれたモツは、

ジワジワと素材の旨みが滲み出る

BB571885-57E2-45BD-8706-36B30BB012C1.jpg

玉ねぎの甘み、青のりの風味も良いハーモニー

お初のメニューだったが、いい酒のツマミだ


料理2品、串焼き2本にドリンク4杯飲呑んで

〆て税込1,760円の明朗会計

キンミヤボトルが残ってるとまた安くあがるな

33C3C277-E695-4BA7-93AC-91DBD8FE9297.jpg

7E619E17-4DA1-4FF0-A4BD-019F7E12AB73.jpg

52BC21D0-3BA6-4DD7-BFE0-6EFA803FF2A0.jpg

#高品質&高コスパな酒場でひとり酒

posted by ノムさん at 18:12| 東京 ☀| Comment(0) | 銀座・有楽町・築地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする