2021年06月13日

せ・ぼん @ 豊洲

麹の風味のを秘めたにしんの切り込み

つまみにお気に入りの日本酒を啜る

この日選んだ銘柄は、飛露喜田酒

そんな銘酒を気軽に味わえるのがいい

門前仲町の角打ちの出張所みたいなお店

4D051073-0E05-4CCD-B712-15F3C3B44D03.jpeg


豊洲で一杯

コロナ禍でずっと営業していなかったこちら

会社帰りに久々に営ってるのを見て

同僚とちょっと立ち寄った

自信がこちらに立ち寄るのは5年ぶりだ


F09AE6DE-C934-4A9D-95B9-6D1C711B53F5.jpeg

9B4B2698-8BE9-4106-9EAF-B968DAD9E3DB.jpeg

余裕のある配置のテーブル席に腰をおろし

<瓶ビール(大)・570円>を注ぎ合い乾杯

瓶ビールは、サイズで銘柄が異なっていて

大瓶がアサヒスーパードライ、中瓶が

サッポロラガー、小瓶がキリン一番搾り


おつまみメニューからもらったのは、

<塩らっきょ・170円>と

<自家製 イカの塩辛・270円>

3E3D9BA6-0341-43A5-A11D-1E42A7FC175B.jpeg

B93DC4B4-7E3B-4B7A-A9C9-6729BB0E8CAA.jpeg

手頃なお値段でサクッと飲むのにピッタリ


ビールの瓶をサラッと空けた後は日本酒へ

同僚は、<雪の茅舎 山廃純米・420円>

自分が選んだのは、大好きな銘柄の

<飛露喜 特別純米・570円>

爽やかな風味とキレの良さは飲み心地がいい

BC688784-653D-4C5E-9608-829055299891.jpeg


日本酒が後を引いてしまい、もう一杯は、

<田酒 特別純米酒・520円>

上品でスッキリとした飲み口が田酒らしい

459A630A-4953-4E72-B597-087E7727C158.jpeg


青森の酒には、青森海鮮珍味ってことで

<にしんの切り込み・270円>を添えた

麹の甘みのある一品は、辛口の酒によく合う

5173D8F4-B298-4E4B-A280-EE863451C2E9.jpeg


5年前に訪問した時と比較すると

お酒は100円強お値段が上がってしまったが

仕事帰りにサクッと銘酒を愉しめるのはいい

EACBC28E-7E31-4087-B77F-1998373315AC.jpeg

10CEEA79-3534-4BF3-A066-1B47194FD18D.jpeg

#門前仲町の角打ちの出張所みたいなお店

posted by ノムさん at 05:52| 東京 ☁| Comment(0) | 豊洲・お台場・湾岸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする