2017年07月26日

大島や @ 月島

★★★★☆

ホッピーの白と黒を2人で1本ずつたのんで

ハーフ&ハーフのシャリキンをつくる。

ホワイトボードの日替りメニューから選んだ

この店らしい気の利いたモノをアテにする。

一見にもやさしい常連に愛される立呑み処。 

AF0D87B6-0211-42D2-A31F-DE5D1FA55EE4.jpg


月島で2次会。

1次会から仲のいい同僚と2人で抜け出し

お気に入りのこちらの立呑みへ移動。

D74D442F-A27C-4A4B-B5E1-50C5B6CACB9A.jpg


<ホッピー・440円>を白黒1本ずつ注文。

同時に2本をシャリキンスタイルの

ジョッキに注ぐ。“ナカ”もメニューにあるが

1本使い切るからたのんだことはない。

09787819-9767-4A90-9367-E0008CC8E16C.jpg


ホワイトボードの日替りから選んだのは、

<絹 焼き厚揚げ九条ねぎ・300円>と

<鶏わさ・300円>。2次会には丁度いい。

37A906B2-2502-4FDD-8BD1-1CD2221D1247.jpg

AB49D412-C0D0-49DD-896A-4F83EB26E02D.jpg


ホッピーをおかわりしながら、軽くつまめる

モノをと<いぶりがっこチーズ・250円>と

<柿ピー・100円>を追加した。

919A286A-C466-4C2A-B9E3-64995C6ADF5F.jpg

51E9320E-5279-452E-9211-8AC456E41A30.jpg

ここはいつも気のいい常連さんで溢れてる。

大将に名前で呼んでもらったから

やっと自分も常連に近づいたかな。

posted by ノムさん at 17:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀座・有楽町・築地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

カドクラ @ 上野

★★★★☆

上野あたりの激アツな立呑みシーンに疎い

同僚たちを連れて行ったのはカドクラ

道に突き出た立呑みテーブルに4人で泊まり

アタリメあたりをアテにホッピーで乾杯

初心者も馴染みやすい上野立呑みの代表格

CEF4FB82-DED7-45EF-A1DC-F82F00AC25F2.png


上野で2次会

同僚たちと4人で中華呑みを楽しんだ後、

もう1軒軽く立呑もうと誘って店を出た

目指した“ふぶき”は定休で確実なところで

上野大衆呑みの中心地にあるこちらへ

042B9B45-2D05-4911-9FC6-C175B27E87CB.png


立呑み経験の浅いメンバーと共に

<ホッピー>をもらって乾杯

前の店でかなり満腹な我々は

<アタリメ>をツマミに談笑してこの日を〆た

8984166B-A246-46D6-8BD0-B1C64FD7C38D.jpg

posted by ノムさん at 08:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 上野・浅草・日暮里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

サルバトーレ クオモ 豊洲店 @ 豊洲

★★★☆☆

いくらHAPPY HOURで半額だからって

ボトルワイン4本も飲んだら支払い変わらん

ピザも何枚も食べてむしろ高いくらいだぞ

でもおいしく楽しく仲間と呑めたからいいか

19時までだとワイン半額のピッツァリア

54D4DFDB-B3BE-4A82-978D-F43ABB91070C.jpg


豊洲で同僚たちと一杯

19時までのHAPPY HOURでビール飲もうと

誘われ、「じゃホント1杯だけ」と同行

そもそもつきあったのが間違いだったが

51D55546-898B-418D-9F4A-5E1D8B9BBCB8.jpg


樽をテーブルにした席について

HAPPY HOURで特別価格になってる

<生ビール(ジョッキ)・390円>で乾杯

2E13B605-6B62-48BF-9173-9B13E56C878C.jpg

こう暑いとホント最初の一口がうまい


アンティパストのメニューからアテに

<フライドポテト・300円>と

<濃厚白レバーパテ・500円>をもらう

F481D19D-E809-445B-A044-00EB0DDC6CD9.jpg


シーズニングが効いたフライドポテトは

クセになってついつい手がのびるし、

白レバーパテもなめらか食感で旨み豊か

FFEFC9A9-AC74-4225-99E1-53528BC43672.jpg

09EC91B3-9EA4-4028-ACB8-36D35876EEAD.jpg


この辺りで素直に帰っておけばよかったが

もう1人仲間が合流し、

半額だからとボトルワインを飲むことに

C3A3E182-6502-4B21-ACE4-E41A3E51374F.jpg

選んだのは、<LOVETIA TEMPRANILLO

通常2,500円がこの時間1,250円だから

確かにお得感はある

軽い飲み口で幅広い食事に合いそう


ピザも食べることになって

<ロマーナ・M 1,950円>をオーダー

アンチョビの風味が効いたピザは酒に合う

8840BC24-B2F9-40BE-98BC-A9710588784D.jpg


赤ワインはあっという間に飲みきって

半額だからと今度は白ワインを追加

SARTORI SOAVE 2016

これも1,250でも2本飲んだら一緒じゃん

3D5488E5-6DF7-4E22-ACED-C1A9D5DEFE2F.jpg


さらに同僚が2人合流して

ピザの<ロマーナ>をもう1枚追加チーン

C142B632-F1EC-4B49-BD84-29A0982BB10B.jpg


呑みたい輩の勢いはもう止まらない

19時のHAPPY HOUR終了間際になんと

注文した赤と白のワインを一気に

もう1本ずつ追加したのにはビックリ


さらにこの後、ピザを2枚注文し、

酒のアテにと<彩り野菜のピクルス>と

<シラスとグラナチーズのパリパリ焼き>も

追加してもう普通にただの飲み会状態

58D512AF-09BC-404C-9BB3-41ED179066A9.jpg

5DD66713-5240-447F-AEA4-0362974C0904.jpg

1A66146A-CED0-40FA-B0D5-D6B24239EAE5.jpg

DE40C491-9ABF-4F9A-9589-33B5151524E6.jpg


楽しく呑めたのはよかったが

ちょっと1杯のつもりが4,000円くらい使った

さらに夕飯は家で食べると伝えてあったから

家では“神”の怒りが待っているのだった

5459AF01-3E33-4F94-8167-B6EEA19A0BF1.jpg

posted by ノムさん at 09:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 豊洲・お台場・湾岸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

駿 @ 新橋

★★★★★

なんとワンコインの平日17:00-19:00限定

サマータイムセットがとっても魅力

2種類のセットから“とりびー”を選べば

甘旨な鶏天と生ビールは相性いいね

鶏料理とラーメンが秀逸な大衆居酒屋

692221CD-39ED-464F-9181-E2EA31E97FB0.jpg


新橋でゼロ次会

呑み友と落ち合って本会前にもう一軒

こちらのサマータイムセットが

お得だと言うので、それはいいと訪問

BFF64D5B-4C0D-42AD-BBB8-6E764434C9C6.jpg


<サマータイムセット・500円>は2種類あり

鶏天ハーフ+生ビールの“とりびー”と

ハイボール+鶏唐ハーフの“ハイカラ”

ビールが飲みたかったので“とりびー”を注文

4474875D-301F-4607-BD0B-04137FC89162.jpg

先に供されたエビスの“生ビール”で乾杯

この季節の一口目のビールの喉越しは堪らん


“鶏天ハーフ”は、コクと甘みのソースが

鶏天の旨みと重なって甘旨テイスティ

それをスッキリと生ビールで流す

7C7B87E7-696E-4620-8523-DC01B0859D01.jpg


ドリンクは<レモンサワー・340円>に

5B5D7E01-D2A5-4290-8C89-2AC70A6F57F4.jpg


サマータイムセットの他に料理は

最低もう1品注文がルールというわけで

本会を控える我々は

<もやしナムル・380円>と

<冷やしトマト・480円>を注文

EC920D9D-DD2E-4103-BE80-20CC6964F574.jpg

9D28E3A2-3EAA-4AC9-A8E0-40F6BF315BA1.jpg

イメージを裏切り温かな“もやしナムル”は

これが意外と胃にやさしいおいしさ

細かく刻まれた“冷やしトマト”も

フルーティでサッパリと舌を喜ばせた


久しぶりに訪問の駿

今は2階は団体席になったそうで

呑み仲間を集って格安コースを楽しもう

posted by ノムさん at 13:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロックフィッシュ @ 新橋

★★★★☆

ロマンチックに泡が立ち上る金色の

氷なしのハイボールに口をつける

濃いめの角ハイボールはまろやかな味わい

ドライフルーツをツマんで立ち飲んだ

訪問客が次々これを注文するハイボールの名店

DC4C70EA-7403-438A-B21F-58CAFE1A6F0E.jpg


内幸町でひとりゼロ

比較的早い時間、久々に軽くハイボールを

いただきにこちらへ。もう10年ぶり位かも

53FBB4BB-C252-44CD-8045-00A143845994.jpg


奥にテーブル席、手前に立呑みカウンターの

店内、ひとりなのでカウンターについて

やっぱりこれ、<ハイボール>をもらう

EBD919C5-9BE8-4F61-936A-2E39CC046776.jpg

キンキンに冷えた角がメジャーカップで

グラスに注がれ、ウィルキンソン タンサンで

グラスが満たされる。レモンピールが搾られ

ステアもせずに金色のハイボールが供された


氷なしの濃いめの角ハイボールは

風味がクリアで口あたりいたってまろやか

カウンターにいくつかある乾き物から

落花生をツマんだりしてアテにする

3CE3261E-43DD-403E-84E2-870FB19FDB4A.jpg


何かフードメニューをお願いしようと

<ドライフルーツ盛合せ>を店主にお願い

イチジク、キウイフルーツ、枝つきレーズン、

あとは、クランベリーだったかな?

F77A9DEF-31F6-4977-BFED-EE9CE0B8A28E.jpg

この日はゼロ次会ということでお勘定

〆て2,220円也

何がいくらかよくわからない

でもここの角ハイボールはやっぱり美味

posted by ノムさん at 12:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする