2017年04月29日

ババ ガンプ シュリンプ @ 豊洲

★★★☆☆

東京湾の夜景がキレイに見渡せる空間で

ソフトシュリンプやボイルしたクラブを

つまみながら同僚たちとライトに語らう。

映画『フォレストガンプ』がテーマらしい

洒落たアメリカ南部料理のレストラン。

3391E5C1-3696-44CD-8FCF-EC72633ECCA6.jpg


豊洲で数十人規模の大宴会。

会場に設定されたのは、ららぽーと豊洲の

上階にあるこちらのレストラン。

2D0A5B3A-9068-4EF6-A27D-6171375D31E6.jpg

夜景がキレイでポップな感じは

ファミリーでの利用にも良さそうだね。


飲み放題付きのパーティコースの模様。

そういえば、ここでの宴会は2度目だな。

まずは<生ビール>をもらってカンパーイ。

117529D9-C63E-4938-A60E-064FC0794EF6.jpg


サッと揚げたソフトシュリンプや

ボイルしたカニの足、シーザーサラダ辺りが

4人分くらいずつザクッと提供される。

DDC465AE-0834-4DEB-B386-A6A7FCCBEF97.jpg

4A860C06-FD61-4CB3-94F2-4417A186FEB2.jpg

02737FA4-E7B5-46A0-95C0-CB8D58AB6327.jpg

食べにくくはあるが、味は悪くない。


ドリンクはカクテルメニューから

<ジンバック>をおかわりして仲間と会話。

DB8C6090-C1B1-4661-8E3F-776B6410DBFD.jpg


終盤に出てきた肉料理は、

<ディキシー風 ベイビーバックリブ>。

豚のあばら骨の背中側の部位を焼いたもの。

これも難なくおいしかった。

B5556308-65D6-4B80-8C90-F52FD936F318.jpg


夜景もキレイだし、雰囲気も楽しい。

料理も酒も特徴あって愉しめるから

グループから大人数の宴席まで

結構、使えるお店じゃないかな。

5282D97C-44DF-4E1E-A4B0-C4DA2500CF20.jpg

自分はどうも馴染めないけど苦笑。


posted by ノムさん at 07:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀座・有楽町・築地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立呑み たきおか @ 上野

★★★★☆

新しょうが、みょうがきゅうり、ポテサラ

ちょっとしたツマミでリーズナブルに

気兼ねのない呑み仲間とともに立呑む。

昼呑みにもいいがはしご酒にも財布に優しい。

上野を代表する立呑み酒場のひとつ。

ECF8E7E6-99EB-4B42-8C5E-6F85F5782D00.jpg


上野ではしご酒。

すでに1軒目を出た記憶がないのに

2軒目に呑み仲間とともに行ってる。

途中から記憶がおぼろげに復活したら

“立呑み たきおか”だった。

0DE0793B-CFF6-4605-AD82-2F75C9EEAFAF.jpg


2軒目のスタートは<レモンハイ・310円>を

もらって、呑み仲間3人で乾杯。

BC04A813-CBB1-4276-946D-11929F88631A.jpg


<みょうがきゅうり・190円>

BED4B454-DA30-488F-9B03-EE6912CC6D06.jpg


<イカ刺身・200円>

B981BC5D-99EE-4D98-AFAE-152C6EB21D53.jpg


<ポテトサラダ・160円>

01F5B7B1-AB9D-4D04-BC83-2AB750AB03CE.jpg


<赤ウインナー・190円>

74362314-40F4-42BD-AB5E-C4196C4A0F58.jpg


<新しょうが・190円>

82C7BBB9-08A8-4ADF-8B64-B5A75EDC1184.jpg


1軒目でたっぷり食べて来た3人。

壁のホワイトボードメニューから

軽いおつまみをいくつか選んだ。

ED850DD4-B144-410C-8C76-C638685B2E25.jpg


3人で楽しく呑んだ肌感はあるが

何を話したかはまったく記憶にない。

でもとりあえず“たきおか”は使い勝手いい。

……チャン、チャン。

74DB57E6-935E-4FD8-9DA5-F5CF035D5C0C.jpg

posted by ノムさん at 06:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 上野・浅草・日暮里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

ZOOT @ 大門

★★★★★

芝浦市場直送の鮮度の高い素材に火を通した

タタキ風のレバやタン、もつ焼きに煮込みは

期待以上に旨し。価格設定もリーズナブル。

アテに合わせるのはキンミヤの割ものだ。

昼はつけめんで二毛作なイケてる大衆酒場。

66604819-724D-4B96-9A46-400A884EE082.jpg


大門・浜松町で同僚と一杯。

出張帰りに羽田から浜松町に降り立ち

一杯呑って帰ろうかとキャリーバッグを

ふたり引きながら駅近路地裏のこちらへ。

C932B76E-4482-428E-80C1-93B502ED91BB.jpg


ZOOT”の店名はそれらしくないが、

メニューはどっぷりともつ焼き酒場だ。

6EC02162-9A3F-4C7E-9A53-5F0D120E75BC.jpg


お疲れの乾杯に選んだのは

<ホッピー(白)・400円>。

C26EDDC4-585F-45BE-B030-48C61162023C.jpg


食べ物は一番高いのがピザとかの500円で

ほとんどが100円から400円台とお手頃。

芝浦市場から直送されるというモツ料理を

中心にいくつかかわいい店員さんに注文。

096B7878-9651-4179-A0B4-243235E60F07.jpg


ゴマ塩ダレの<レバタタキ風・400円>に

わさび醤油ダレでいただく

<タンタタキ風・400円>。

AA81BFAD-9304-4B2D-BC43-555FA871549D.jpg

024E867E-C9E0-45BE-886B-2C591DB07C3D.jpg


臭みなく旨み豊かな<煮込・300円>。

素材も下処理もいいのだろう。

86B04CA2-1B06-4CCB-841B-8AFE9F58E719.jpg


翌日は振休をもらってたので大好きな

<エシャレット・200円>ももらった。

046DD921-AF4C-47FF-B1AF-0C8DE6BABFCB.jpg


<中・250円>を2度もらった後は、

<バイスとクエン酸・各400円>を

セットでもらい、中のおかわりで

割ものを交換して1杯ずつシェア。

CB812A81-D6F1-403D-A4C9-A88915FF107F.jpg

この辺りがあるのも嬉しいね。


1100円のもつ焼きから3本ずつ選ぶ。

<ハツモト>、<ハラミ>、<キク>を

自分は選ぶ。“キク”は“腸周脂”とのこと。

自分の腹を一瞬想う。

AFBA34FC-0954-45D2-960A-75A179363C8F.jpg

E552EFD1-2951-486C-8ACE-405B58AE1A45.jpg


最後にもらったのは、

<もつカレー(バケット付)・400円>。

よく煮込まれたもつカレー。安旨だ。

4FF20EA5-BF0A-498E-8EAB-2360029A9071.jpg


結構飲んで食べて〆て12,800円。

席料に100円かかる様だがコスパいいな。

EDAFDFA9-9C16-4E6A-853D-0B375FAF3C4E.jpg


二毛作店のこちらは昼はつけめん屋だそう。

機会があれば昼も食べてみよう。

ラーメン派な自分には機会ないかな。

0F25DDE7-6AFB-46F1-9F1F-A8D896E12A7B.jpg

posted by ノムさん at 10:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HOOK @ 御徒町

★★★★☆

“酒1杯+500円で唐揚げ食べ放題”が名物。

ガリハイボールで飲み始めたのはいいが、

激安なボトルのワインやスパークリングで

気分は昇天。追加のアテもいろいろ食べた。

外観はチープだけど中身は濃い立呑み酒場。

BD4F63FE-4128-45B0-93EE-7F9CA101C314.jpg


御徒町ではしご酒。

上野御徒町あたりで呑もうと1軒目に伺った

こちらは、コスパがいいと呑み仲間から

情報を得たお店。なんだか外観はチープ。

B601233C-D4AF-4B1E-BF64-7921C9B700E7.jpg


<ガリハイボール・300円>と

<大盛り生ハムとアボカド・600円>を

もらって始めていると呑み仲間が次々合流。

976387E7-08BC-4D23-BDD3-C3F331BA73D1.jpg

081DA420-AD9A-4BEC-947A-B1DAA56D3007.jpg

ちなみに焼酎の銘柄は、“ジャイアント”。


この店の名物のひとつは、

“酒1杯+500円で唐揚げ食べ放題”。

6EEDECAA-C251-4CE6-9A3F-375862DA0866.jpg


お得にできるのか怪しい腹の具合だったが、

みんな500円で食べ放題にした。

3BB3B7FB-0476-4A65-8A85-6AA28307485C.jpg


料理は常連の仲間がさらに追加。

<アボカド刺・300円>、<枝豆・200円>、

<えいひれ・300円>。

65ED683D-B334-4273-967D-40BC31247F05.jpg

37DCEEAE-E458-45C1-8AEF-F575A8F0F5AD.jpg

C576DE69-F81D-43EC-BFC4-2433BB59FA09.jpg


格安なボトルのワインリストを眺め

<赤ワイン(ボトル)・990円>や

<スパークリングワイン・1,990円>を

選んでみんなでワイワイ呑み進めた。

2D58532E-777D-4BE8-9F27-0EA897AFE740.jpg

022F90F7-D9CF-4FF5-9776-C4C72339C425.jpg


店を出た記憶なしチーン。

AC20B4BC-A6F6-4648-99D4-CB68F161CF4F.jpg

8739B7B8-E62C-4600-94C7-128A6FE1B27E.jpg

posted by ノムさん at 06:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 上野・浅草・日暮里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

鳥長 @ 練馬

★★★★☆

フォアグラを出汁にネギ、キノコ、鶏、

どれも上質な素材を投入して極上を満喫。

さらにシャキッと食感の水菜にその風味を

纏わせて食すのもフォアグラ鍋の醍醐味だ。

フォアグラ鍋は4月で終了の鳥料理の名店。

8EE52336-2B38-4A87-9D09-4A2851F6684D.jpg


練馬でオフ会。

主催の呑み仲間にお招きいただいたのは、

予約の取りにくいこちら。自身4度目の

訪問になるが、名物フォアグラ鍋の魅力に

惹かれ、速攻で参加表明した。

708D5EB9-A5EF-4EB5-9F26-ACE489DCB596.jpg


<生ビール(エーデルピルス)>で乾杯。

BD7AF103-404D-432F-8EE1-2A21519D8818.jpg

9EE5AA49-A361-4B86-92E1-040B5318049E.jpg

甘みのある<レタスと大根の漬物>が

毎回最初に供される。


薬味のネギとワサビで楽しむ<生つくね>、

と思ったら香ばしく焼かれた<焼つくね>、

さらには、鮮度抜群の<鶏刺し>などなど、

メインのフォアグラ鍋の前にも

絶品の鶏料理たちがコースで供される。

D08B3F98-68D5-46B4-8F7A-895F55FCE183.jpg

D37FB615-5A2D-43BB-A425-9D1B93485491.jpg

D6639DC8-FE29-4BA1-ABCA-8FBB35D9817E.jpg

BAEF3C5F-AC2D-448D-9C63-9EE464626F70.jpg

こちらのお店、ドリンクの価格設定は

お高めなので生ビールの後は、<芋焼酎>を

ロックでもらい、チビチビ呑ることにした。


レバーやムネの<串焼き>や<地頭鶏焼き>、

その後の<チキンカツ>とどの料理も

上質な鶏肉の旨みがそれぞれの食べ方で

引き出されている。

F07D42EF-CBC4-4869-B72E-EE422F2D342A.jpg

F9A0194C-9A1B-4C02-AB33-FD370E6D6BD0.jpg

043EC68A-2282-4483-A149-45EAC67D40D7.jpg

478C658A-5B62-4EA5-A606-B16EF3E76C49.jpg

B913477B-3E8E-43BD-9D2A-390D67E8D619.jpg


すき焼き鍋に質の良さそうな“ネギ”が

サークル状に並べられフォアグラ鍋が開始。

181C249D-4F8E-4A32-8462-D3BED22C9A7B.jpg

16ADD26B-82D2-4499-B268-DD9070EBD790.jpg

その中央に敷かれた“フォアグラ”から

ネギがその旨みを吸い上げていく。


焼かれたフォアグラが取り分けられ

まずはフォアグラを贅沢にいただく。

FA6D461E-8329-4813-8B5C-4FAA3377E1AE.jpg

117C9E43-4E2D-49B4-A28A-A1B646974003.jpg

頻繁に食べるものではないから大切にね。


フォアグラ鍋といってもガッツリ鍋に

フォアグラが入っているわけではなく

その出汁が、この後投入される具材たちを

抜群のおいしさに引き立てる。

2E6E0C3D-C5EF-4E39-82F9-42F58277E554.jpg

0D8D4E4F-638D-4B04-B7DF-094F6FC308FF.jpg


濃厚なフォアグラの旨みを纏った具材の

極上の味わいを愉しみ、クレソンを軽く浸して

サッパリと味わったり、4月で一旦終了する

フォアグラ鍋を仲間たちと堪能した。

EDD8165D-5E16-44BF-9E88-8B8B2601E6E3.jpg

B8C4390B-73B9-481E-82E7-9C8F0B57B971.jpg

B61DDDD3-CD7E-43C9-91A8-0B431EC3CE39.jpg


次は10月から再開らしいからまた機会が

あればぜひ訪問したいレアな鍋だった。

93A31471-28B5-40D9-BBDA-33B0F9995882.jpg

posted by ノムさん at 23:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする