2016年11月28日

からから亭 @ 渋谷

★★★★★

屋根裏の秘密の部屋で呑んでる様な錯覚を

感じながらもうひとつ深く酒に酔う。

セピア色の空気の中、素朴でいて気の利いた

アテをもらって酎ハイを傾けた。

路地裏から渋谷の街を見てきた隠れ家的酒場。

8780BB20-7D72-4DE2-891B-C6EB3EDFA145.jpg


渋谷で同僚とふたりの2次会。

細雪を出てほど近くの路地裏にある

こちらへ迷い込んだ。

F599B806-F7A5-45DA-B784-6F73922889EC.png

古き良き時代を感じさせる空間だ。


テーブル席についてたのんだ酒は

<酎ハイ・360円>。

8C9BA155-1249-49A3-BE3B-6E0137F93D24.jpg


炭酸の泡のツブツブが涼しげな一杯。

471BCA53-F549-434E-9C93-A2AA8E3BC860.jpg


卵好きな自分が目を惹かれたメニューは

<タマタマ焼き・450円>。

“玉ねぎ入り卵やき”と説明書きされている。

E4C0A810-F7BF-48C2-8813-849EFACC7EB6.jpg

なかなかボリュームのある卵焼きで

甘過ぎず玉ねぎの風味もいい。


もう一品、「これは食べとけっ」って

メニューはどれ?とおかあさんに伺って

名前が挙がった料理は

<砂ぎもの唐揚げ・400円>。

0F5A1AFB-FA40-4062-AA7B-7881DF55B7FE.jpg

コリっとした食感で酒によく合う。


酎ハイをもう一杯おかわりして

〆て11,500円くらいだったかな。

031576D0-8062-4437-BD16-28CF2648712A.jpg

10EE0E18-7A4F-4E90-B233-68FA18D6C4BC.jpg


この日はいい感じにススけた酒場を

ハシゴしてちょっと酔った。

9F23504D-23A7-4093-8D87-75FDA5C5E191.jpg

619DA354-10E2-4734-932C-4D6CD15B2AEB.jpg

posted by ノムさん at 07:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

鳥の小川 @ 錦糸町

★★★★★

親しみやすい店主ご夫婦と話しながら

ホッピーやバイスでやきとりを愉しむ。

おまかせ5本セットから始まり、店主に

提案されてナンコツ3種も食べ比べる。

手頃に気軽にやきとりで呑れる類さん酒場。

B68B93EB-CA6C-4C29-A4A5-2226A2DF04E9.jpg


錦糸町でひとり呑み。

新小岩での土曜の業務終わりにふと思い立ち

行ってみたかったやきとり大衆酒場を

目指して途中下車した。

D66BD71F-A058-4A9F-9068-D86F9BC5111D.jpg


席は入ってすぐのL字カウンターが基本だが

奥に一つテーブル席もある。

51E001D6-24A7-4A85-A7C7-CF04B20EBC52.jpg

先客は錦糸町らしく(?)同伴カップルのみ。

同伴カップルからイスを一つあけて着席。


<ホッピーセット(白)・400円>を注文。

16D1F614-A0CF-418B-87FE-491BD6E81A76.jpg

2度おかわりした<ナカ・200円>も含めて

大衆酒場らしい良心的な価格設定だ。


ちなみにナカは宝焼酎。

5E013C46-3EDB-431C-94B3-D0F7CA9DA8E0.jpg

BE8A06DE-4E7C-46AF-B36B-5675EB530EC0.jpg

お通しは、やさしい味のポテトサラダ。


メニューを眺めてたら店主から50円お得な

<おまかせ5本・550円>を提案され注文。

DA59D71D-7DE5-42B0-8566-37A54F246172.jpg


特に焼き方は訊かれなかったが

“ぼんじり”、“すきみ”はシオ、

“ムネ”、“レバー”、“正肉”はタレで供された。

1AD78062-E503-4F05-ACD1-58CEAB894E36.jpg

7B594759-DAF6-44F2-941C-94F8AA304B7C.jpg


焼き加減もよく、特に“正肉”、“すきみ”、

“ぼんじり”がいい味だったな。

E8999C69-F71A-46C4-9EA8-4DA0DEA7C33F.jpg


10本限定”の文字に惹かれて

<はらみ・150円><ささみ・200円>も。

ふっくらとした“ささみ”も“はらみ”も◯。

3852FADB-13E3-4312-AF6B-BBE4B3FA260A.jpg


店主ご夫婦との酒場放浪記の撮影裏話が

楽しくて追加したドリンクは

<バイスセット・400円>。

8EEEA3F3-7501-484B-8194-80D183F1BCBB.jpg



酒のアテはもういいかなと思ってたが

オススメ上手な店主に提案されて

<ナンコツ3本・300円>ももらった。

D6A959F3-0DA2-4323-93F5-D6E74B75709B.jpg

尾っぽの“ぼんじり”、あばらの“”やげん、

そして、ひざの“ぐり”の食べ比べを愉しむ。


バイスの<ナカ・200円>をおかわりして

〆て2,808円。。。ってことは、

お通しは無料で値段は税別なんだな。

6731B8DB-DE92-452A-856D-5C15AAA6533B.jpg


ひとりで串食べ過ぎた感もあるけど

楽しく呑めたからまた立ち寄りたいな。

3B0F627F-6160-4089-BD3F-7DE457DD2D52.jpg

089D34A2-6D45-4F15-808E-7DED932A3AC5.jpg

D5EA9E64-63C9-45DE-93D6-C30B46A54117.jpg

posted by ノムさん at 00:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 錦糸町・浅草橋・新小岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

肉山 @ 吉祥寺

★★★☆☆

噂の予約険しい“肉山”をついに初登頂!

豚、馬、牛次々と供される肉メニュー達は

ボリューミーに盛られてビジュアル満点。

合間に差し込まれる野菜メニューも◎。

絶妙な“焼き”の肉を存分に食らう超人気店。

50F022E5-28F2-4E8C-8DF2-A847EE08083B.jpg


吉祥寺でオフ会。

言わずもがな肉の超人気店と知ってはいたが

肉への執着がどうも低い自分は今回が初登頂。

食べ飲み仲間にオフ会にお誘いいただいて

どんな肉が食らえるのか楽しみに訪問。

11660318-F1BF-42DE-BEEE-2A25AD2FD997.jpg


階段を上り看板のないドアを開けば

そこは肉山というより雪山のロッヂみたい。

壁には名だたる漫画家が寄せたポスターが。

29FACE20-18DC-49DF-8C23-A96E0FC5AE64.jpg

6F0A2B6A-F81D-4438-9397-B4563807F625.jpg


テーブルには、プチトマトとキムチが

既にセットされている。

5EBBD257-A83A-48FA-9BC6-BE0E1BAD0739.jpg


今宵はドリンク別の5,000円料理コース。

ちょっぴり高め設定のドリンクメニューから

まずは<ザ プレミアム モルツ・600円>を

乾杯ドリンクにもらった。

B404F735-6417-4558-9EC2-B8628EA8A2C1.jpg

E315495E-D232-448B-BAD4-F52C7EE6D3AF.jpg



料理コースが<お肉のパテ>から始まる。

9401622D-9422-479C-A951-3A6DA4F1843E.jpg


柚子胡椒、粒マスタード、辛味噌から

粒マスタードをピタリと合わせて

サッパリ&ピリッといただいた。

519088A7-B47E-4CFA-9CBF-AEBE9F1D71A6.jpg


モチモチしてこれもスマートな旨みの

<豚ロース>の後には、

やわらかで上質素材の<アスパラ焼き>。

F9C85A10-6E15-4E04-90CE-DCA3C3553174.jpg

A6092133-2166-4D0C-8257-785919F47F16.jpg


シェイプも味わいも極太な

<牛肉ソーセージ>の後には、同じく極太な

<エリンギ焼き>。これは密度の濃い食感。

50A62C18-29DC-4104-A72D-012046D9281E.jpg

183DFE79-3F7B-42DF-BF21-2A5FEF183B4F.jpg


<牛モモ>、さらに<馬ヒレ>と

レアな部分が残る絶妙な焼き加減で供される。

6C9CDDB8-1D75-4EA7-866E-8BED0F010BDB.jpg

38DF8E32-4F89-4C30-9C95-54E1356018D4.jpg

噛むたびにそれぞれの肉の旨みが滲む。


ここで<牛カツ>。

ソースで味がつけられていて揚げても◯。

2C66C8E8-72CA-4321-8389-28E6BC53E361.jpg


合間に挟まれた甘辛なチリソースで食べる

<モロキュー>もサッパリしていい感じ。

B2EC1324-2D85-4F69-B382-39F5B89204CB.jpg


終盤の肉は<牛のウデ(前足)>、

そして<牛ランプ肉(おしり)>。

3FFE1D57-DE43-4F90-ABEB-FA47B4DB3E73.jpg

1F4D9CB2-2E93-43AB-9C4C-BD8145F7FB30.jpg

次々登場する焼く手間なしの肉たちを

仲間と談笑しながら平らげた。


ビールの後は、ボトルで3,500円と手頃で

飲みやすいフランスの赤ワインをもらった。

FDCF1B91-07FB-4BC4-8121-ACA93EDA7C08.jpg


〆にはTKGorカレーの2択から自分は

<蟹風味のカレー>をチョイス。

D887796E-DEE7-40EC-85C3-6A96A13F1DD6.jpg

8676C091-86DC-4328-B1BC-8204BAC1BF86.jpg


〆て1人あたり6,500円くらい。

おなかいっぱいになって肉の山を下山した。

6F48A97B-EB9F-4485-861C-54CDB65A2BAA.jpg

posted by ノムさん at 08:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 中野・吉祥寺・三鷹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

富士屋本店 @ 渋谷

★★★★★

この酒場は立飲みのレジェンドになる。

ホッピーと宝焼酎の360mlボトルをたのみ

安いだけじゃない個性的なアテで

この昭和なアングラ感溢れる空気も愉しむ。

再開発で来年にはなくなる大衆立呑みの名店。

CE5408C8-FD58-4601-A5DF-DED0D99DEF8D.jpg


渋谷で同僚たちと仕事終わりの一杯。

安くて最高の店があるぞと2人を引率。

DF86E637-CDED-4BE3-A2BF-009283CC4362.jpg

駅近の雑居ビルの地下へ降りて店を覗くと

一見満杯に見えたが店員さんが

壁際のカウンターに空きを見つけてくれた。


手を上げて元気よく「お願いしますね」と

注文したのは<ホッピー・200円>と

<宝焼酎360mlボトル・600円>。

885EC67A-BA50-4C02-83E6-BC6A665DCDAA.jpg

34杯は呑れるからまぁお得だろう。


アテにたのんだのは、ここに来たら外せない

<ハムキャ別・350円>キャベツの千切りに

マヨネーズを挟んで上にハムを敷いた一品。

7F8E31C8-0DFE-4E38-9F31-0E5281409A7B.jpg

これがなんともサッパリとうまい。


こんもり盛られてまぁるい味の

<ポテトサラダ・300円>もいいし

カリッとした衣の<ハムカツ・200円>も

この店の人気メニューだ。

B63DA33A-C5AD-4272-A1FE-72EBC0BE82E6.jpg

96F5077A-6DF0-4BCC-B137-5FC7ACD446E7.jpg


さらに同僚がオーダーしてシェアしたのは

<ネギナットウ・250円>、

<さつま揚げ・250円>、

<本まぐろぶつ切・350円>。

4CDC5F62-D619-48C8-9D13-D8639BE358BA.jpg

6E03BAD7-5CE9-467C-9141-139ECF6694A4.jpg

C877C9BC-AAE2-46D6-AA13-E4039269F3D2.jpg

どれを食べてもいちいち安くておいしい。


キャッシュオンで支払うが使ったのは

ひとりあたり1,500円くらいかな。

E2D02DFC-F0DA-46CE-AFFB-909EEE4498AE.png


酒屋として創業し、昭和46年に立飲みに

なったこの老舗も再開発の波に呑み込まれ

ようとしている。おそらく来年にはなくなってしまう名酒場。あと何回訪問できるだろう。

7E7977A9-76EB-40B5-A6C5-E90D950E4B7A.jpg

posted by ノムさん at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 渋谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

江戸っ子 @ 京成立石

★★★★★
大衆呑みの巡礼地にして文字通りの大衆酒場。
下処理がしっかりされ臭みのない“もつ煮”を
アテに特製焼酎ハイボールをグビッ。
きっぷのいい女性店員の接客もそれらしい。
“立石の関所”、行列必至な人気の類さん酒場。
9655C09B-5FC6-4CDF-8598-31B8DA081321.png

京成立石でひとり呑み。
この辺りでの休日の仕事を終えて
せっかく聖地に来たからとちょっと一杯。
駅から“呑んべ横丁”のゲートを越えて訪問。
F30A73FF-36D3-4391-97B4-255782431830.jpg

到着してみたら10人位並んでいて
一瞬戸惑うが回転がいいことを願って列へ。
0C0BAA7C-635B-42FF-A645-6117BB7E7BD0.png

1人ということもあって15分位で
カウンターのコの字型の部分の角に座れた。
893B7E31-EA4C-4D47-ABD2-7AB0174856BD.png

<特製ハイボール・350円>と
<煮込み・360円>をチャキチャキした
気持ちのいい接客のお姉さんに注文。
D1DDB5A6-6062-4BAC-9D0D-F96BC8B49331.png
特製ハイボールはドライな味わいの
搾ったレモンの種が入った焼酎ハイボール。

白みそ仕立ての“煮込み”にはいろんな部位の
モツが煮込まれてるがどれも下処理がよく
臭みなくおいしい。七味を振っていただいた。
19C6C7DE-7629-4217-B3C3-29CF5C1F72FE.jpg
0DA7F5DD-0464-4427-B3D7-DCFCF81DA2B4.jpg

隣の席の女性がたのんだハイッピーの
ちょっとエッチなグラスを目的に
<ハイサワー・350円>をたのんだが
ハイサワーは普通のロゴ入りグラスで残念。
E61A3897-4967-4234-ADA2-3E95E041D53A.jpg
78BC86DF-E5BB-42DE-8BEE-CF0098D2E473.jpg

<マカロニサラダ・200円>を追加すると
「ソースはかける?」と嬉しい問い。
E2873368-78E0-453E-8653-A8723F302DF8.jpg

もちろんかけてもらってマヨとソースの
ジャンクなおいしさで酒を傾けた。
12C2A779-3223-4B35-B067-F20047A4F521.jpg

串も注文しようかとひとり思案したが
結構“煮込み”もボリュームがあって満腹気味。
さらに呑み友からお誘いが入ってお勘定。
〆て1,260円でコスパにも大満足して退店。
7B59997E-CC67-468D-A3B6-2E2DC91BA5DD.jpg
002A38E8-3187-4D2F-9B3B-B321192DC045.jpg
88E8305A-50E4-49EC-8636-BD80E93B4107.jpg

立石にはたくさん訪問したい店があるけど
ここにもまたゆっくり仲間と寄りたいな。
08400476-93AB-49C7-B2AF-4CAEA67A9568.jpg
posted by ノムさん at 07:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 錦糸町・浅草橋・新小岩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする