2016年08月28日

すたんどばぁー 楽 @ 京都

★★☆☆☆
京都は宝酒造のお膝元というわけで
TaKaRaオリジナルのシンプルデザインの
タンブラーで焼酎の割りモノが供される。
アテは羽根付きの鉄板焼きギョーザにした。
駅近くで気軽に呑めるカジュアルな居酒屋。
D04138FB-6C34-4594-9FBF-1150B6DAAF97.jpg

京都駅近くでサクッとひとり呑み。
へんこつの煮込みを愉しんだ後、
新幹線の時間までもう少しあったので
近くの立飲みをもう1軒訪問することにした。
8402C3FF-3095-44E0-A0DA-2C4DF0A90984.jpg

訪問してみると立飲みスペースもあるものの
イスのあるカウンターやテーブル席も多い。
<焼酎ハイボール・380円>をたのむ。
772FE203-0D4C-4D8F-9898-C8A8B7E1EB83.jpg
タカラ焼酎ハイボールのタンブラーで
供されたドリンクは氷に沈むレモンが涼やか。

アテには“名物”とあるギョーザをもらおう。
5種類あるギョーザメニューから注文は、
<羽根付き 鉄板焼きギョーザ・380円>。
BA0E615B-DDBD-4326-A881-0665E46B98BF.jpg

羽根はおいしかったが、ギョーザ自体は
まぁ普通かな。でもチューハイはススむ。
9311228D-4C30-4628-B1C6-B6942FDA0C2E.jpg

焼酎ハイボールを飲み干してしまい、
<トマトハイ・380円>をもらう。
“純ハイ”のロゴ入りのタンブラーは
シンプルなデザインがいいね。
6E94EFB2-EC1F-442D-811A-1E06F176CCF2.jpg
色の薄いトマトハイだったが
焼酎が濃いわけでもなく。淡白な味だった。

さて、そろそろ新幹線の時間だ。
〆て1,140円をお支払いして京都を後にした。
駅前あたりは他にも立飲み酒場があるから
またの機会に立ち寄ってみよう。
D84ABBBC-5964-4568-8459-5662A9B431A3.jpg
posted by ノムさん at 09:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へんこつ @ 京都

★★★★☆
大鍋の底からすくい上げる“サルベージ”は、
じっくり味噌で煮込まれた濃密なコク。
やわらかく煮込まれ素材の旨みも溶け出して
帰京前のお疲れビールがただただ進む。
もつ煮込みが評判の京都駅駅近大衆酒場。
328AA5DC-38D1-4B20-92EA-1D4F97FBCFD0.jpg

京都駅でサクッとひとり呑み。
座席予約した新幹線まで時間があり
京都駅で時間があったら食べてみたかった
こちらの煮込みを目指して駅を出た。
6FB8E68B-4704-4BB7-B0DB-7C0D58181424.jpg
満席だったが運よく入れ替わりで席につけた。

<ビール(小)・430円>をもらう。
3100E769-EF13-42CA-9C1E-3CEC429CE1AE.jpg
確かメーカーは2つから選べて
ここはサッポロにしておいた。

フードメニューは限られていて、ティル、
筋肉、おでん、漬物のみと潔い品揃え。
筋肉がいわゆるもつ煮込みで、普通のとは
別に“サルベージ(底)”が同じ値段である。
98CDD060-DE67-4C88-A930-D9632143B6D6.jpg

煮込みを欲してきたこともあったが、
大鍋の底からすくう煮込みのイメージが
おいしそうで<サルベージ・700円>を
店主にお願いした。
51647676-09B3-4323-BBF3-F3A4B307FF96.jpg
3E787787-87BE-4C0A-82F9-0F2B7390491D.jpg

茶褐色のみそ煮込みは、見るからにコクが
深そう。限りなく“土手焼き”に近い感じで
素材にじっくりと味が沁みてる。
普通の“筋肉”を食べてないので違いは
わからないが、濃密な味わいに酒がススむ。
7F04B9DC-2B79-4681-AACF-49ACF604202D.jpg
B8818908-C1EB-4387-91DF-AE271DD26284.jpg

おでんやティルにも惹かれたがこういう店に
長っ尻は無用というわけで、それは次の
京都訪問の時のお楽しみにしておこう。
〆て1,130円。単価は安くはないが
サク呑みなら問題なく愉しめるな。
B71DE308-3306-4D3E-9D07-81D94C08C8BC.jpg
新幹線までもう少し時間があるし
この辺り立呑み処もそこそこあるから
もう1軒だけ探索してみようか。
posted by ノムさん at 09:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わたなべ横丁 @ 河原町

★★★★★
先斗町から木屋町通りを渡ったあたりの
風情の香る小径にこの酒場はある。
大衆酒場好きの注文心をくすぐるアテと
ドリンクの揃えに店主の愉快な話も極上。
京の小径で心地よく大衆呑みできる立呑み処。
D2389943-4E66-4B76-839F-CAE55440B66E.jpg

河原町あたりでひとり呑み。
駅近くの立呑み“もみじ”からはしごを
キメたのは木屋町通りの裏路地にあるこちら。
AE7BFB4C-B5FE-49F3-8DDB-7368396DA1FA.jpg
店内は常連さんでいっぱいだったが
詰めてもらえてカウンターの奥につけた。

短冊メニューを見ると関西には珍しく
ホッピーやバイスなんかもメニューにあり、
<バイスチューハイ・380円>をもらった。
D5C206DF-2001-415D-BB20-C507B0FFA8C8.jpg

前に2軒寄ってるのでアテは控えめに
<赤ウインナー・200円/2本>を
焼いてもらう。庶民的で懐かしい味わい。
6EA87572-6C27-4E40-BFCB-F4976E77081F.jpg

大阪の京橋あたりの立ち飲みもそうだったが
ここも常連さんと店主の掛け合いが愉しい。
ただ京都の方がジョークに品があるかな。
おかわりは<パインチューハイ・380円>。
48B41FFE-CDDA-4A7D-B4A0-394E7BCC7E2B.jpg

黒板メニューから懐かしい素材を見つけて
<扇ハム・350円>を追加。
ADA0EB7C-D569-44B3-8A9F-B6D39DDC1E4B.jpg
薄くスライスされた扇型ハムを酒の合間に
口へ運ぶ。そうそうこの味、懐かしい。

〆て1,310円。
CADF2A4C-3388-4FDF-B98E-7D0FF1269DCF.jpg
3FC8A232-BF77-4D3F-A6D6-ACB2E62FD4E4.jpg

常連さん御用達の店だが、一見客も決して
居心地悪いということはなく、古都京都に
お気に入りの立呑みを見つけられた。
573F4CE1-F790-4665-9347-256E57396569.jpg
9C05C3EF-A74B-449F-B639-51443C8FDA01.jpg

posted by ノムさん at 08:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もみじ @ 河原町

★★★☆☆
オススメの“本日の魚”はすべて天然モノ。
明石産のタコぶつに黒ムツをいただいた。
さすが観光都市。英語表記のメニューも
常備されて欧米系の外人客が半分を締めてる。
一見客も気軽に立ち寄れる立ち飲み酒場。
0541A267-578D-4E47-A1B7-E7FA031CCF51.jpg

河原町でひとり呑み。
京極スタンドを出て、京都の立呑みを
体験しようとまずは駅近のこちらから探訪。
7155A757-38D8-42F1-AB52-16D4E007EFAA.jpg
外のメニュー看板には“本日の魚”が記載され
すべてが天然モノとのこと。楽しみ。

カウンターについてドリンクは
<レモンハイ・350円>をもらう。
8778717F-0DAE-4CBD-8F71-64582CDD72E3.jpg

ここは天然モノの刺身をもらおう。
まずは<黒ムツ・450円>。
黒ムツは脂ののりもよく鮮度は悪くないが
旬でないからかちょっと大味め。
A1DA8762-B2F5-496F-A4B6-97928652BC63.jpg
<明石産タコぶつ・380円>。
やわらかくほどよい歯ごたえのタコは、
まったりとした旨みが豊か。

他の客は常連の地元ピープルとともに
白人、黒人のお客さんも多い。
さすが国際観光都市らしく女性店員さんが
そんな外人客を慣れた対応で捌いてる。
248E3A37-F273-4309-955E-0BFD82977DD7.jpg

〆て1,274円をお支払いして次の店へ向かう。
鮮魚メニューが特長の立呑みというわけで
魚の味が締まる旬の季節がいいかな。
5E636FA5-AF92-4E67-B38E-D505D29AA39B.jpg
posted by ノムさん at 08:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

京極スタンド @ 河原町

★★★★☆
ビアジョッキとレトロな雰囲気がイカしてる。
定食を食べてる客と晩酌してる客が
向かい合って2列に並ぶ景観も長閑だなぁ。
中ジョッキセットの素朴なアテを愉しむ。
京都に来たら行ってみたかった類さん酒場。
1FE7BBFD-DFDF-420F-9D5B-6D9B7238DE07.jpg

河原町あたりでビールを一杯。
前のりの出張でホテルの極近くのこちらへ。
いや、こちらの近くにホテルの予約をとった。
アーケード街の中に佇む異質な外観。
8E85A1BC-4293-4955-85F4-B405242BCB88.jpg
異質ではあるけど自分にとっては素敵だ。

店に入ると2列に長く向かい合う長テーブルは
ほぼ満席だったが、1席空きを見つけてくれて
ギリギリ待たずに入店できた。
9E94BB6D-49F0-4B5B-9EF6-0430D7BF3939.png

いくつかこの辺りで探訪したい酒場が
ほかにもあるので注文したのは
<中ジョッキセット・1,050円>。
82581578-8FB8-4395-B701-7FDBA675763D.jpg

キリンのマークと店名ロゴが入った
中ジョッキで提供された生ビールは
汗をいっぱいかいたカラダに極ウマ!
6E1E2DA8-BE22-40C1-853E-B3A99EA06E50.jpg
このビアジョッキ家に1個欲しいなと思い
訊いてみたが売ってはいなかった。

セットのプレートには枝豆、出し巻き玉子、
スパゲッティサラダ、メンチカツと
ビールにぴったりの4品が揃い踏み。
BFFD13FF-DFA3-4806-B77F-B156751EE9DB.jpg

特別おいしいというアイテムはないが
素朴なビールアテのセットはうれしい。
5BF6361F-92CF-429C-85AC-0356AA43B2A8.jpg
4227B7BF-C410-4F89-8CC5-11C1AE6FAA02.jpg

関西弁の会話が空気を埋める
ホールの独特な雰囲気もまた極上のアテ。
ちょっと高め設定の一品料理には手を出さず
〆て1,350円をキャッシャーで支払い
ビール1杯で次の店へ向かった。
3D6D67F8-0707-4A08-9DEC-EA32C853A4C1.jpg
A3456950-7361-41D7-81B8-1FC728D7DDA9.jpg
posted by ノムさん at 23:16| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする