2016年03月31日

串カツ田中 江古田店 @ 江古田

★★☆☆☆
あちこちにできてる串カツ田中だが
今年(2016年)ついに江古田にもやってきた。
串カツ自体は値段も味も普通だと思うが
他のアテや酒が安め設定なのはありがたい。
多店舗展開し過ぎな気がする串カツチェーン。
73DD6040-7BB7-47AC-A8E7-24AC0C42DC2A.jpg

江古田で女房と夕飯代わりに一杯。
1月下旬にオープンしたばかりのこちらへ。
都内でもあちこちに目にするようになったが
このチェーン串カツ居酒屋に入るのは初めて。
449B1381-61F8-4210-9551-6D45BEA89163.png

結構盛況な店内のカウンターについて
とりあえず<生ビール・390円>。
D06F9FE4-A171-45B5-B746-60DE3FBF9F13.jpg
300円台はたのみやすい値段設定だな。

<もろキュウリ・290円>とともに
まぁ串カツでしょうと
<串カツ5品盛り・640円>を2人分注文。
DC4914EE-E870-48BC-8F9A-52497ADFA6E0.jpg

5品盛りの内容は、アスパラ、串カツ牛、
串カツ豚、レンコン、玉ねぎ。
5A126F4C-436D-4B51-8EC2-04E4C600D044.jpg
串カツについては可もなく、不可もなく。
おいしい串カツは他にもあるな。

ビールの後はラベルに目をひかれた
<田中オリジナルワンカップ・350円>を。
D7CBBEFE-B7C1-4127-A2EC-8D02BECFE552.jpg
想定通りのワンカップなので問題はない。

卵好きの自分が串カツ以外から選んだのは
<葱まみれチー平焼き・390円>。
84E45103-713E-4F4A-9BC0-8821F88D23F8.jpg
ただこれは甘すぎて好みじゃなかった。

女房は、<クッキー&クリーム・150円>。
自分は、<うずら・120円>を追加して〆。
305044E0-14AD-4991-A3F9-479FD880CF9F.jpg

安め設定なのはいいが再訪はないかな。
25070DDE-19B1-4433-B7C7-B7A5AA0CC4C1.jpg
posted by ノムさん at 18:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

小谷酒舗 @ 赤坂(福岡)

★★★★☆
まぁるく上品な口あたりとふくよかな旨み。
それがキレイに切れていく。
燗してもらった“東一”で静かに角を打った。
升酒じゃないからその表現は違うのかな。
古き良き時代の空気感も残ってる角打ち。
AC78FF67-C9D5-41D7-8D78-1DBFE1431966.jpg

赤坂(福岡)でちょっと一杯。
出張業務をすべて終え、
九州と言ったら角打ちの起源ってわけで
出発の時間まで1軒こちらに立ち寄った。
7CCEDF19-B516-49BC-89E6-7C36370552E4.jpg

リニューアルしているのであろう、
外観は普通に小綺麗な酒屋さんという感じ。
店内に入ると立呑み用の丸テーブルが
4つ配置されて迎えてくれる。
8FDB46F3-5082-4D25-AA14-42962148B1A5.jpg
比較的早い時間でまだ他に客はいない。

壁には酒と肴のメニューが所狭しと貼られてる。
その中から九州、佐賀の大好きな銘柄
“東一”を発見し、燗でいただくことにした。
4BEAD81F-C941-47BF-94BF-B85927ADFDCE.jpg

冷やでも飲んだ時もキレイな飲み口だったが
<東一 山田錦純米酒・330円>は
燗してもらってもまろやかでふくよかな旨み。
バランスのよさが東一らしい。
E93CC321-F807-4BC1-BD67-B40836284142.jpg

壁には酒の肴も100円台からいろいろあるが
そこは角打ちらしく
<さんまの蒲焼・220円>の缶詰をアテにした。
8B63B421-DC7A-4659-9B0D-6B8041141476.jpg
6F0C654B-89B6-478C-90C0-C17EB91D1B6D.jpg

缶詰を平皿に出して提供してくれるのもいいね。
DC0761EE-7A13-4F66-9068-3EA96053D819.jpg
87ADE1FA-5A1B-424D-885E-60A9736EAA2E.jpg

ほかにも味わいたい酒や肴はいろいろあったが
帰路に着かねばならないので
550円使って後ろ髪引かれながら店を後にした。
27351F9D-7CE6-4A13-88DF-B7F59B72EE9B.jpg

九州の角打ち、機会があれば
もっと回ってみたいな。
C9C8283A-B6DE-4923-ADC8-FA0BACB24E6C.jpg
posted by ノムさん at 01:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

居酒屋やまじ @ 飯田橋

★★★★☆
場末感のハンパなさがお気に入りポイント。
250円がボリュームゾーンの料理は
まったく問題なくいい酒のアテになるし
その酒も安めだから場末感も頂点を極める。
お洒落なんてない。2階は座れる立呑み酒場。
B79E9AB9-4D30-4A42-9E18-4B5F9F89AD2E.jpg

飯田橋で同僚と仕事帰りの一杯。
サクッと立飲みでどうかと提案したら
座れるところがいいとモヤシなことを言うので
2階は座れるこちらにした。
9170B1F2-B55B-4742-AF1C-BAADE83AF1F5.jpg
東口を出て道路を渡ってすぐのロケーション。

窓際のカウンター席に座って
<生ビール・350円>でお疲れ様の乾杯。
中ジョッキでこの値段は嬉しいねぇ。
C1077BC2-E300-4E1E-9B08-42F3A081A732.jpg
キャッシュオンでお代は支払う。

刺身はヤマとのことで“本日のおすすめ”から
<あさりの玉子焼き・300円>
<ぶたロースカツ・250円>
<厚あげ焼(ふきみそ付)・250円>を注文。
FE7CE2C7-EEFE-4512-98FD-CC49E5073257.jpg
D03B87DF-F75A-4999-B393-D28C0364FAD2.jpg

あさりが一緒に焼かれた玉子焼きもいいが
蕗味噌を添えて食べる厚あげ焼。
F6163396-AB55-4888-8B09-4D37EC3F887A.jpg
8997C74C-5CDC-415B-910A-4AE8C9DFC901.jpg
厚あげ自体は普通だが蕗味噌が効いて旨い。

ドリンクは<ホッピーセット・450円>へ。
<ナカ焼酎・200円>を2度おかわりして
ちょうど3杯飲めるくらいのナカ焼酎の量。
1C36B811-447B-48D7-AF72-1E436DE18CFB.jpg

<茄子と魚肉ソーセージ炒め・250円>と
<ポテトフライ・250円>を追加して
使ったお金はひとり1,850円。
85283FDB-9FD3-4B8B-A32B-BC937BED1D15.jpg
83BEE79C-F7D3-40E5-95E0-D0B6FFF0E611.jpg
お財布にもやさしい仕事の癒しのひと時だった。

飯田橋駅にほど近い場末感あふれる酒場。
0D39C2B9-707F-4D19-9001-37FE18F7EF64.jpg
464CD564-5C79-4E21-9F4E-D1154775EBF6.jpg
この辺りにはずっとここにあってほしい
レアな雰囲気を楽しめる呑み場だな。
posted by ノムさん at 19:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道橋・飯田橋・神楽坂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

いづみや 第二支店 @ 大宮

★★★★☆
どこまでも大衆酒場たる空気の中、
昼間から酒好きたちが心の羽根を伸ばしてる。
“玉露割り”と“にこみ豆腐”をいただいて
酒場の空気の一部になるのが心地よい。
類さん訪問の絵に描いたような駅前大衆酒場。
5AC1C280-9D03-410B-9C0D-8725CA397B46.jpg

大宮でひとり呑み。
休日出勤の仕事を終えて折角大宮に来たから
行ってみたかった駅前の類さん酒場へ。
C261D58D-2FCE-4E66-A98C-1D83855972E9.jpg

本店と第二支店が並んでいるが
特段理由もなかったが支店の方へ入ってみた。
6651D75C-8833-4434-BCAA-F137DEA41D36.jpg

入ってすぐの壁際のカウンター席に座る。
日曜の昼からそこそこ混んでるな。
0B304C70-A4A4-49EB-A590-0094FA22A889.jpg

壁の短冊メニューから選んだドリンクは
<玉露割り・350円>。
0708F451-9052-4AB1-91BE-59CA40561C9B.jpg

再度短冊メニューを物色し
<にこみ豆腐・300円>をアテにもらった。
6618FE2F-78B6-4C5B-9C51-3E390E1841F4.jpg
AB657DE0-896E-4316-9149-43BD67769990.jpg

モツとこんにゃく、豆腐の白みそ煮込みだ。
0EB5EADD-1ABB-415E-883E-6A05D8759C8F.jpg

モツはよく煮込まれてやわらかく
下処理がいいのだろう。臭みが全然ない。
添えられたねりからしの風味がよく合う。
66BB3C5A-0901-40BA-91E5-5A4F4C53DD96.jpg

上野で呑み友たちが待ってるから
この日はこれくらいにしてお勘定。
レジで650円を支払って店を後にした。
46DBA609-D0B2-42E5-B4A3-E383BB3467E8.jpg

この昭和風情が残る大衆酒場の雰囲気は
ホント貴重だな。
AB6F2AC9-0234-4B12-9A61-E73C4FA277AF.jpg
posted by ノムさん at 00:11| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

バル デ カヴァ @ 飯田橋

★★★☆☆
スペインのスパークリングのお店だけれど
今回はサクッと立ち寄りビールを1杯。
ポテトや青菜を混ぜて焼かれたキッシュの様な
スペイン風卵焼きをアテに時間を過ごした。
カヴァを主体に楽しむ立飲みスペインバル。
169E78D1-CDBA-46EE-BA72-B0AE462BC182.jpg

飯田橋でサクッとゼロ次会。
土曜のこの辺りはお休みの店も多いが
こちらは土曜のチョイ飲み遣いにも重宝する。
10ADB57B-43F0-499B-BCBA-1DDD177BD50E.jpg

オレンジ色の壁の店内のテーブル席へ。
BDFF1475-B09E-41C3-B513-77BFC8730482.jpg
“立ち飲みスパークリング”を掲げているが
ハイチェアもいくつかある。

とりあえずの注文は、
<ハートランド(ジョッキ)・460円>。
9C276882-11E4-4886-941C-2725735BF912.jpg
<お通し・200円>には、
人参のマリネと小さなパンが供された。

店内には自分以外にはカップル1組のみ。
楽しそうにカヴァを楽しんでいる。
6F60A06E-7E0B-4D43-86BD-06F6863D5828.png

メニューにはアヒージョやパテカンなど
気をひく料理が並んでいるが
次もあるので軽めな1品をたのむことに。
7D1001FF-8EFB-4B0A-8A39-FDBAE35918B0.jpg

<本日のスペイン風玉子焼き・420円>。
冒頭に書いたキッシュの様な料理。
E18147E6-5B4D-440C-97DF-2E884AABD7D0.jpg
期待を超えることもハズレでもなく
普通においしかったが
ちょい飲みのアテにはちょうどよかった。

〆て1,080円。
喉もいい感じに潤ったところで1次会へ。
今度来るときはカヴァいただこう。
28F5FD39-7401-41AF-9475-04D720B38BDB.jpg
posted by ノムさん at 05:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水道橋・飯田橋・神楽坂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする