2018年05月25日

伍ばんてお @ 赤坂

★★★★☆

お値段そのままで金宮を濃くしてくれるって

言われちゃったらお願いするしかないよね

5食限定の旨み濃密な“鳥レバ刺”や

混ぜて味わう“明太子ポテサラ”と肴も◎

渋谷、新橋の“ヴァンテオ”系の立呑み最新店

E251242F-7240-4A27-9846-382E8189E089.jpg


赤坂で同僚と一杯

昨夏、新橋“4ヴァンテオ”に次ぐ新たなお店が

赤坂に開店と聞いて行ってみたかったこちら

比較的早い時間に赤坂で仕事が終わり、

ここぞとばかりに同僚を誘って待望の初訪問

6C6274C8-693E-46A4-ADE7-3A6CA1E1CB94.jpg


系列と言ってもそれぞれスタイルが違う

ヴァンテオのお店、こちらの“伍ぱんてお”は

串焼き主体の立呑み酒場だ

D0C83BA1-11E9-40CF-B4AF-0A8563DA0263.jpg


2人用の立呑みテーブルに泊まって注文は、

<ホッピーセット・450円>と

<中・220円>を1つずつもらい外をシェア

これでリーズナブルに12杯飲める

A62B6EA8-DAC7-4575-88AF-24C43A7D44F9.jpg


希望があれば、お値段そのままで焼酎を

増量してくれる“酔っぱらいサワー”なる

素敵なサービスを案内されもちろんそれで

さらに焼酎がキンミヤだから言うことなし

6AC9D0A2-7262-4A7C-BBB2-8FEF7C9BC63B.jpg

7F69B22E-CAD6-4798-B3B1-D735834E6617.jpg


5食限定”の文字にやられて注文したのが、

<甲州地鶏のレバ刺し・580円>

2DB0A620-EF4F-4FCE-832D-D85F83F1122C.jpg

ニンニクを少し添え、塩とごま油のタレに

浸けていただけば臭みなく素材の旨みが

なめらかに舌にからみつく


<酒あて3種盛り・380円>は、

“ホタルイカの沖漬け”、“イカの塩辛”、

“刻みワサビ”の盛合せで酒に合うこと

間違いなしで日本酒欲しくなっちゃう

9AC72944-FCA2-44A1-B1D8-A149182CEFFC.jpg


ホッピーを2杯ずつ飲み切った後にもう1

<キンキン生レモンサワー・380円>を

もちろん“酔っぱらいサワー”で注文

367B34A8-443D-4079-84D4-45F6DFA35C66.jpg

764ADD37-2725-47EB-9815-EC3F0A1165B1.jpg

搾った自然なレモンの風味が活きて

甘みが抑えられたレモンサワー気に入った


<明太子ポテサラ・380円>を追加したら

明太子がたっぷり目にのせられて供された

混ぜてから箸を付けるとポテトと明太子、

それぞれの風味が引き立て合ってる

C45AB2C0-B399-4DD1-AF42-EFBE8C9C6CBB.jpg

D8AF5A61-6E1D-44ED-8F12-8AFD01F74C3D.jpg


サクッと3杯飲んでお会計は11,500円強

ガレット酒場の“4ヴァンテオ”が好きだけど

ミスジ通りの最新の“ヴァンテオ”もいいね

B7427160-87F8-4D0D-B850-A4CEF8D2AF2B.jpg


次回は看板の串焼きをいただいてもみたいが

ランチ限定の“食べるラー油そば”にも興味津々

C7F1BF75-AFFD-4B5B-96EF-BE041DDC72D6.jpg

#立呑み #居酒屋 #やきとり #大衆酒場 

#キンミヤ #赤星

posted by ノムさん at 04:34| 東京 ☀| Comment(0) | 赤坂・永田町・虎ノ門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遊 @ 飯田橋

★★★★★

プルンプルンの絶品レバーから始まる

焼鳥コースと珠玉の日本酒たちを両方堪能

十四代、而今、飛露、鍋島、ロ万、新政

超人気銘柄のそれぞれの素敵な個性に酔う

変わらず酒も食も素晴らしい銘酒&串焼き処

7CBE6D7C-363E-4266-B9E0-78E59423E4F4.jpg


飯田橋でオフ会

幹事の声掛けで日本酒好き男女9人が集合

何度も伺っているこちらだが久々の訪問になる

718F8FB6-991D-477C-9B34-3B04397F0F98.jpg


4,500円から日本酒ノミホ付きのコースは

あるが、やはりここは飲む銘柄の幅が広がる

限定解除版の5,500円のコースで宴開始

3278402E-1A25-491E-961D-89EFB700CA45.jpg


乾杯酒に選んだのは、春らしい銘柄

“かすみロ万 にごり純米吟醸 生原酒”

うっすら霞む酒のやさしい甘味に安らぐ

6DC20061-98F9-4F44-BCBB-A3D07CC16E90.jpg


シャインマスカットやレバーパテなどの

3点が並んだ先付けの後、焼鳥がスタート

最初はもちろん評判の高い“レバー”だ

プルンとした食感、濃厚な旨みやっぱり美味

4F311DAE-C94F-4C50-933A-5D9784176618.jpg

011F14A3-C6DF-422E-9545-9351B6F36054.jpg


ここからは、女将の愛さんに飲みたいお酒を

告げて“うすはり”のぐい呑に注いでもらう

酒を変える度にグラスも変えてくれるのも

また心憎いホスピタリティ溢れるサービス

25573400-6F81-4741-ADF0-03BFC460AE9B.jpg


そして、酒を堪能する合間にタイミングよく

串焼きが1本、1本供されていく

“砂肝”、“つくね”、“ムネ”、“モモ”、“ハツ”、

インパクト強い“レバー”の影に隠れがちだが

どの部位も素材も焼きも絶妙で秀逸な味わい

80009DA4-2F11-41A4-8AFE-08C1A3347C22.jpg

DA068EAD-24AD-47C6-83F3-C608E05FFA78.jpg

538035CC-276E-4C7A-8D58-8F4642FB57D3.jpg

1B578864-455F-4211-BCE0-DB6E3CE2F958.jpg


この日、いただいた銘柄を振り返ると

“而今 純米吟醸 酒未来無濾過生”

1F3305E2-2134-49C7-A6AF-D2359B9F6BA0.png


“新政Colors2017 エクリュあきた酒こまち”

21CBAF57-705A-4F07-8970-7C9D0D4AA0D6.jpg


“鍋島 特別純米生原酒 三十六萬石”

F53D69C5-779E-493F-A7C2-E516037363EC.png


“十四代 純米吟醸 出羽燦々”

10D0A50D-DD33-4BCD-8DC2-EF73703CA197.jpg


“飛露喜 特別純米 生詰”

795720CE-24D7-4BBA-B482-360ED3125680.jpg


“辻善兵衛 純米吟醸 五百万石 あらばしり”

EC8B8CD8-476C-48B5-9BC1-F65210921C1C.jpg


“喜久泉 吟冠” 田酒の酒蔵の違うタイプの酒

3C5D1E0E-AEED-4192-AAA3-8BFAEE4BEA64.jpg


“七本槍 純米 搾りたて生原酒 渡船” 燗で

299FDAA6-577D-451E-A804-D430BBC95AF3.png


いやぁ、この日も人気銘柄中心に2時間

思う存分楽しめた

しかし、5,500円で焼鳥コース付きで

この銘柄がいただけちゃうのは凄いと思う

3361685D-4C0D-410D-BB27-90DBE3A7999B.jpg

0C6C9A9E-DD20-4690-8747-CE7610199FC9.jpg

定番の〆は、“焼ごはん串”

そのまま食べてもいいが、一緒に添えられる

鶏だしスープに串からほぐして投入

雑炊風にサラッといただくのが好きだ


というわけで宴もお時間

酒好きの参加者みんな大満足のオフ会だった

幹事さん、お疲れ様でした


#日本酒 #やきとり #居酒屋 #飲み放題

posted by ノムさん at 04:13| 東京 ☀| Comment(0) | 水道橋・飯田橋・神楽坂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

水炊き 駿 上野広小路店 @ 上野広小路

★★★★☆

新橋の鶏料理の人気店が上野に新店オープン

名物“ハムカツポテサラサンド”も健在だし、

鮮度のいい素材を使った秀逸な鶏料理も確認

鶏レバ刺や蒸し鶏に地酒を合わせて過ごした

201859日オープン、新橋発信の評判店

E796726C-4988-491A-8C48-4519EDAFD8B4.jpg


上野広小路でひとり酒

馴染みのある新橋の店が、御徒町に新店を

開店させるという情報を得て遅ればせながら

9日のオープン後、一拍おいての訪問

078FAACF-A769-4074-8CFC-D22F500C7E12.jpg


土曜の17時のオープン直後に訪問して

外観の写真を撮っていたら店主の本島さんが

迎い入れてくれてカウンターに腰をおろす

6D26F2A4-50DB-4D06-8CCA-1D8BBA9344A7.jpg


とりあえず<樽詰生ビール(中)・480円>

メニューを見ると銘柄は“” キリン一番搾り”

5E589DAE-FF0C-4441-8299-829877345B96.jpg

DF2BE0D7-EDEB-40A4-8140-02B7C5ACC17F.jpg


お通しには、“水菜のおひたし”が供された

35D4509B-9618-44B8-81CE-AE427DDD9195.jpg


新橋も含め、ちょっと久々の駿に来たら

<ハムカツポテトサラダサンド・540円>は

外せないだろう

7D77D7EF-CA54-43D3-87E8-056939BDE147.jpg

EDC1EF1A-7876-424A-A8A6-00B5F4E17D0A.jpg

カリッと揚がった衣とハムとポテサラの

絶妙なコンビネーションは

上野御徒町にやって来ても健在だ


駿は、日本酒の揃えも実はおもしろい

0959773A-FFD4-45A3-889C-46247C76BFC8.jpg


<雑賀 拳闘 辛口純米・750円>

C9A7CEDF-6DFD-4011-AAE3-974C6BB250A3.jpg

ワイングラスで供された辛口の酒は、

後味のキレが綺麗で料理の邪魔をしない


酒のアテにと追加したのは、

<おつまみ五点盛プレート・480円>

4C65E5CC-8906-44A5-8619-FEE6152191D6.jpg

この日は、ぜんまいのおひたし、鶏レバ刺、

煮玉子、蒸し鶏、キムチ奴の5


鶏料理の素材の良さも相変わらずだ

34317F5A-ADA7-47FC-9915-D0EB22254346.jpg

5D522CBF-D712-40DD-B0F5-ED36C7D94B95.jpg


<姿 SG 等外山田錦・600円>

E65FC9E8-8DB9-45E1-8D11-79550AC7C780.jpg

地酒メニューの中では値段設定が一番安い

普通酒に区分される酒だが、これが旨かった

爽やかでほどいいフルーティな風味が◎


3,400円ほどのお代を支払って退店

地下には16人ならゆったり貸し切れる

テーブルスペースも設置されて

新橋同様のコスパ爆発なコースメニューも

あるから、ここでオフ会でもしたいな

4C7622A7-A72E-4BC9-BADD-1A7C592D14CD.jpg

#居酒屋 #鶏料理 #らーめん

posted by ノムさん at 07:24| 東京 ☀| Comment(0) | 上野・浅草・日暮里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

うけもち @ 水道橋

★★★★☆

丸い氷の入った“レモンサワー”をもらい、

基本300円均一の酒のアテから選んだ

“ほや塩辛”と“いか納豆”でサクッと立ち呑む

先着の呑み友は、囲炉裏で小魚を炙ってる

気の利いたアテで安呑みできる立呑み酒場

A200E49C-3A48-4BB6-8189-24296D89251A.jpg


水道橋でゼロ次会

呑み友と待ち合わせたのは、水道橋で

立呑みといったら最初に思い浮かぶこちら

先に到着の呑み友は“フグの卵巣”たのんだり

小魚を囲炉裏で焼いてホッピーで呑ってた

6509ABBC-2AFA-4BAD-ABB2-EF38D00FB8EF.jpg


注文カウンターでゼロ次会の一杯に注文は

<レモンサワー・300円>

F4419A6D-061C-4782-84B1-D90CDD678130.jpg

こちらのお店酒も料理も基本的に300円均一

前述どおり、丸い氷がなんだか洒落てる


肴は定番メニューの<ホヤ塩辛・300円>と

黒板メニューから<いか納豆・300円>

どちらも日本酒が欲しくなる肴だが、

この後たんまり日本酒呑みに行くので我慢

7D1A12D9-291C-4C42-AAC0-6ACADBDFE7BF.jpg

A906214D-177A-4D47-87EC-96F123C0B319.jpg


もうひとり呑み友が合流して3人で乾杯

ほどなくして一次会に向かうお時間

サクッと切り上げ3人で飯田橋へ向かった

19D16B1D-049E-4C0C-8E14-31A19EB069DE.png

#立呑み #居酒屋 #大衆酒場

posted by ノムさん at 08:50| 東京 ☔| Comment(0) | 水道橋・飯田橋・神楽坂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

STORY'z @ 江古田

★★★★☆

毎月110112131日はスペシャルデー

生ビール、本格焼酎などが何杯でも280

お手頃な値段設定のフードメニューの

おいしさも良好でなかなか満足度高し

月替りのご当地メニューも楽しい大衆酒場

3E6146D3-8301-4FD1-90F1-19230FA6C2D2.jpg


江古田で夕飯がてらに一杯

女房と夕飯は外食しようと向かった焼肉が

待ち客が多くて駅近で見つけたこちらへ

いつのまにかできてたこちらの新店は、

ちょうど21日の訪問でスペシャルデーだ

3861AA53-835C-4CD2-836B-62D0A6477A0A.jpg


女房と2人壁際のカウンターに並んで座り、

スペシャルデーで特別価格になってた

<生ビール・280円>で乾杯

3D2B5640-805A-47E3-99E9-365AEFFFEE0F.jpg

ビールの銘柄は、キリン一番搾り生


旬の素材のおすすめメニューから

<春キャベツと桜エビの塩ダレ・320円>、

<新玉ねぎの丸ごと煮・130円>、

<山芋明太子・280円>を注文

F1E53510-1A09-4C25-88ED-E50A5EA046BB.jpg


値段も手頃で良質素材の一品がいいアテだ

“春キャベツと桜エビの塩ダレ”は風味よく

旬の素材をサッパリといただけたし、

“新玉ねぎの丸ごと煮”は思いの外、

小粒な玉ねぎではあったが出汁が沁みてた

B0C7B1C5-C0A0-45D7-8CC1-A301A2E57AA2.jpg

F19C72B2-4EDC-4BD7-B233-14F1C08C1D33.jpg

24F20142-BC08-4779-AC31-40149C81ECBA.jpg


ドリンクはスペシャルデーで特別価格の

<とりれも“極味”・280円>へ

66B00A60-A12B-499A-B670-B7B9496A394F.jpg


フリーズしたレモンが氷がわりに入った

特製のレモンサワーは、スッキリ甘酸っぱい

通常500円と考えるとお得感も抜群だな

486A0E6A-0969-4C60-B143-109613013A0A.jpg


“とりれも”の<おかわりサワー>も

通常300円がスペシャルデーは、200


今度は定番メニューから“看板”とある

<チキン南蛮フライ(ハーフ)・480円>

甘いタルタルソースがかけられていて

濃厚な味に仕上がった一品

5B3D55E4-6838-4328-9EB2-4F63452D94C8.jpg

自分にとってはちょっと甘すぎたかな


そして串焼きの中から選んだのが

<つくねチーズ串>と<ねぎま串・150円>

塩、タレ、みそから味付けを選ぶ

“ねぎま串”は、みそでもらった

8C66B2B8-555A-4CBA-B97A-BFECF50BDCB6.jpg

451B957D-5F19-4ADF-A6C4-FAF21651108F.jpg

どちらも見た目から濃厚な風味の串だ


1人ドリンク3杯と前述のフード5品で

〆て2人で3,699

スペシャルデーの虜になりそう

5B5E0B0B-6E97-47BF-86B6-8662DDF79DEC.jpg

F5EC3C9E-1326-4BB3-A972-9410D368D5C4.jpg

5BA7848F-DC2D-4B0C-BDDD-C4A12D63E8D1.jpg


因みにこちらは、野郎ラーメン江古田店の

姉妹店でランチも営ってるとのこと

D14D8849-14AE-4DE0-B0D7-96A1B5ECBA7B.jpg

#居酒屋 #大衆酒場 #スペシャルデー

posted by ノムさん at 06:09| 東京 ☔| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする