2017年11月24日

ノラリクラリ @ 江古田

★★★★☆

半熟卵を崩したガレットにローストチキンと

アボカドやアンチョビキャベツをこせて

食せば、素材の味が融合したフレンチ感覚の

洒落たおいしさを愉しめる。

具材を活かしたガレットが食せるカフェ。

C2B303F5-36DC-4FEA-BE60-CADBAC897886.jpg


江古田で女房と夕食。

自分がガレットを好きだと知った女房が、

「江古田にもガレットを中心にしてる

カフェがあるよ」と連れて行ってくれた。

69480D06-42B8-4DBD-B3D8-D7F64B71757A.jpg

1階は喫煙だというので急な階段を上って

禁煙の2階へ。殺風景な感じの内装だな。


とりあえず<生ビール・380円>をもらう。

グラスではあるけどハートランド(生)が

この値段というのは安いよね。

68CE94AC-268A-4086-987D-1138E465ECC5.jpg

6744EA13-842D-42B7-8CEA-F33A85F5CC63.jpg


ガレットは2種類もらってシェア。

選んだのは、<ローストチキンとアボカド

(ハニーマスタード)・900円>と

<アンチョビキャベツとチーズ・850円>。

11BD7CE5-1918-4297-A072-DD15DE353957.jpg

EB20AE3B-3D3C-4567-9DE6-86B5EFDC6F78.jpg


焼かれたガレットの上にそれぞれの具材が

のせられて供された。結構サイズは大きい。

たっぷり具がのったビジュアルはおいしそ。

14AC3511-707A-45D3-BAE2-F392FF994D3C.jpg

C1311DFD-A4CB-47E2-A192-4F90C5222E59.jpg


具は一旦皿に移し、ガレットを4ツに切って

具をのせ直して口へ運ぶ。ちと食べにくいが

素材の味のオーケストレーションを愉しむ。

もっと蕎麦の風味があるとさらにいい。

2C6F974B-6AF9-4E00-9601-87F3700DB7F0.jpg

B3B6BA5F-CBAF-4E9D-8F37-BF6303D44177.jpg


ボリュームのあるガレットを1枚分とビールで

かなりお腹は膨れる。

〆て2,510円は思いの外コスパよかった。

787BD1D0-FC98-44E0-A97C-8EE0FD41445F.jpg

またおいしいガレットを探したくなった。

posted by ノムさん at 05:50| 東京 ☁| Comment(0) | 練馬・江古田・田無 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

餃子とワイン屋 @ 大森

★★★★☆

トマト、チーズ、セロリ、イタリアンカラーの

3つの素材が上手に溶け合う個性派餃子は、

濃密でピザチックな風味の一品

イタリアのスプマンテをもらって仲間と乾杯

カジュアルに餃子とワインを楽しむお店

ACC926EB-2F7B-42B0-8B6F-E3150B7214C6.heic


大森で3次会

2次会の“餃子とビール屋”で目にした

姉妹店の貼り紙に興味を惹かれ

呑み仲間たちと540円かけてタクシー移動

階段を降りた店内はラフな感じの空間

47163FFB-6CDA-455F-ADEF-59F7FA30844B.heic


女性陣の希望でスパークリングをボトルで

もらってこの日3度目の乾杯

銘柄は<VALMOLONE BRUT>で

2,000円ちょっとだったかな

7F4B5A90-AB4C-4A6C-85CF-7C98ED8FF034.jpg

ちなみにこの店も生ビールは200円だ


定番の餃子は前のお店で食べてきたから

<イタリアン餃子(5個)・280円>を注文

皮の中の具は、トマトとチーズとセロリなど

その風味は餃子とはまた別の料理みたい

0C842DDF-DDE5-4703-9900-4DFBB09BF753.jpg


サッパリとしたものも欲しいなと

<自家製ピックルス・130円>をいただく

A2131702-0C52-4645-84BA-37DFFADFF296.jpg


クリスピータイプのおつまみピザから

<モッツァレラのマルゲリータ・360円>と

もうひとつ別のピザをもらい、さらに

<ポテトフライ・230円>あたりもいただく

BC5B761F-4859-44D0-9235-2345365726AF.jpg

A0CAC066-8504-44DB-B0AF-42937C89E40A.jpg

C61C6C2C-2D0F-420F-8436-B9B06D5AA9A9.jpg


3軒目のこの辺りになるともう記憶も斑ら

ただまた気軽に仲間と楽しめる店を

知ることができた

804654DF-7C15-4086-BAC1-D8D2CC2E0AF6.jpg

posted by ノムさん at 09:04| 東京 ☔| Comment(0) | 大井町・大森・蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餃子とビール屋 @ 立会川

★★★★☆

10360円の餃子と200円の生ビールを

店名通りにもらって激安酒場で乾杯

安いからって劣悪な餃子なんかではなく

個性も感じるおいしさでコスパの良さ◎

ドリンクもアテも激安な嬉しい餃子酒場

22E7C245-68A1-4781-94E9-3B84343CDDFF.heic


立会川で2次会

呑み仲間5人で鳥勝を満喫した後、

もう1件安呑みしようとこちらへテクテク

かなり混んではいたがカウンターに座れた

3758158A-D264-43FE-B9AE-AD0604B7A15C.heic


<生ビール・200円>をもらい改めて乾杯

安いけれどちゃんとアサヒスーパードライだ

BF59BB62-DC21-49D6-9077-58757D25337C.jpg


もちろん看板メニューの餃子ももらう

<手作り餃子(10個)・360円>を2

80540714-AB35-429D-A946-0DEA904CD20C.jpg


粗挽きな肉の食感が特徴の餃子は

ジューシーに肉の旨みが舌に広がる

383930C0-3D13-4580-9C3B-7AB9A9DA0869.jpg


<シュウマイ(3個)・280円>も注文

これは初めていただいたメニューだが

手作りシュウマイもジュワッと旨みたっぷり

4AB96130-A55C-4DD3-A39E-0FF6846F5137.jpg


店内に貼り出された“姉妹店の案内”を見て

ここにも行ってみようと1人数百円を支払って

姉妹店の“餃子とワイン”へタクシーで向かう

0286CDF3-03F9-47BA-B5F3-CC8395B65B95.jpg

posted by ノムさん at 08:55| 東京 ☔| Comment(0) | 大井町・大森・蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥勝 @ 立会川

★★★★★

旨味ばかりの絶品“煮込豆腐鍋”を仲間と囲み

食せば、「おいしい」の声が口からもれる

鮮度抜群の肉素材を“焼き”、“刺し”、“蒸し”で

品数多く堪能したが、お代は二千円台と爆安

セピアな空気が流れるコスパ最強の名酒場

8BC29010-7417-46A8-87A9-18839895EC2E.heic


立会川でオフ会

今回の目的はテーブル席で“煮込豆腐鍋”

呑み仲間5人でこちらの開店に並ぶことに

早めに並んで奥のテーブル席を確保できた

F19A0E4E-5E22-4969-B8EF-BB621383B3D8.heic


<ホッピー・360円>をたのんで乾杯

5FE27C5E-512B-4471-8581-EC930FCE31CB.heic


まずは野菜からというわけで

マヨネーズと謎のドレッシングが絶妙の

<生野菜ダブル・470円>をいただく

E0F4A4FD-611E-4213-BD98-A53590446DCF.jpg


そして早速、<煮込み豆腐鍋・980円>

2人前でもなかなかのボリュームがあり

取り分けて食せばまろやかな旨味がすごい

あっという間に鍋が空になった

B8044480-1541-41D9-8821-9D47AF41745D.jpg

5075E0A1-7893-44BD-84D4-92D625F0CABA.jpg


肉刺カテゴリーからは、

<ガツ、コブクロ・各240円>と

<ミノ・260円>をもらう

DF2EB7A6-3CD0-4055-89B8-26A33DBD4760.jpg

B135C399-2044-4D02-900E-51FB17F089BF.jpg

口に運べばその鮮度の良さは歴然だ


前回食べて超気に入った

<むし肉・270円>をいただくのは必須

00A89F8A-11B0-481E-B51F-DA80442CAA2C.jpg


<センマイ炒め・240円>も安美味い

7F3AD771-423A-4C72-96B4-8FE07B1557A9.jpg


<ハラミステーキ・450円>

<レバーステーキ・280円>

<牛タンステーキ・350円>

3つのステーキメニューカテゴリーは制覇

シチューのようなミルキーなおいしさが光る

AB64B78B-C375-4A97-925D-3B5163D5810D.jpg

E3693F69-40EC-4C9D-A4C7-391D90D10A7A.jpg


<生姜焼き・320円>までいただいて

おいしいものばかりで腹を満たした

32F31C0B-139E-47D0-B4B0-FB3E33118581.jpg


グループならではな品数を堪能した今回、

締めてみれば1人あたり2,000円台半ば

驚愕のコスパの高さに“鳥勝 総合優勝”

6B4923A3-E773-411D-AA27-039B99D967A9.jpg


参加メンバーも口々に「また来たい」と

再訪を誓い、早い時間だったので次の店へ

9B9F37C6-DAA3-4170-9792-4E5A907CC7DD.heic

posted by ノムさん at 08:38| 東京 ☔| Comment(0) | 大井町・大森・蒲田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

4ヴァンテオ @ 新橋

★★★★☆

ガレットはALL500円というお手頃感が◎。

比較的少し小さめで蕎麦の風味は弱いけれど

気軽にガレットで白ワインってのもいいね。

名物“フォアグラ茶碗蒸し”も濃厚なおいしさ。

気軽に手頃に楽しむガレット主体のビストロ。

C47D62E4-AD6C-466F-A436-CEA73E50186A.png


新橋で女房と軽い食事がてらの一杯。

“蕎麦と卵”、好物が2つ入った“ガレット”が

自分は好きだという話から「安くガレットを

食べられる店がある」と言ったら、女房が

行ってみたいというので新橋まで出向いた。

F3D94233-C86B-4500-964F-853428B3F7BA.jpg


新橋は水曜でもリーマン、OLたちが結構

繰り出していて入れるか少し心配だったが、

20:30までならたいう条件付きで

なんとか最後の1卓に座ることができた。

D9518D83-1B2A-47E0-9B73-8FFF5839AC33.jpg


<グラスワイン(白)・500円>をたのむ。

ワインは赤白共に2種類が用意されていて

日によって違う銘柄から選ぶかたち。

D5D3C68A-E1B2-4FCD-89B6-AC0B0C31F0E0.jpg


自分はイタリアの“トッロ”、女房はチリの

“バルコ・ヴィエホ”というワインを選んだ。

“トッロ”は、スッキリとしたタイプで

“バルコ・ヴィエホ”は、芳醇な風味がある。

6A708D9E-68C7-46D6-96F4-A0E3E722FEE1.jpg


<お通し・200円>は“くるみパン”。

しっとりとしたパンでなかなかいい。

454F45D1-D0DB-4EAC-81D9-6D7A6B519FE4.jpg


お目当の“どれでも500円のガレット”は、

2つ注文してシェアすることにした。

小さなキッチンでガレットが焼かれ供される。

CF7756E1-FFA4-44E6-A143-1C8B9E54A505.jpg


一つは、カキのスモーク、ほうれん草、卵、

グリュイエールチーズの<ユイットル>。

BB60964E-522D-49CA-8101-C467502BAB96.jpg

カキのスモークの風味の主張を

卵がまろやかにコーティングしてる。

蕎麦の風味がもっとあるとさらに嬉しいな。


もう一つは、ラタトゥイユ、ベーコン、卵、

グリュイエールチーズの<プロヴァンサル>。

A77BE461-7B7C-4AE2-B2A4-ED00F73E74E2.jpg

ラタトゥイユの野菜がガレットにとっても

合ってる。本格的ではないけれど値段を

考えればコスパのいいガレットだ。


どちらのガレットも白ワインが合って

自分も女房も同じ白をおかわり。

48BE314F-9D40-4B68-B3B3-65AAAE5BA6AE.jpg

せっかく来たから、女房に食べさせたいのが

もう一つのこの店の名物メニュー

<小鬼盛りフォアグラ茶碗蒸し・500円>。

以前の方がフォアグラが多かったが

相変わらずグッと濃厚な旨みの一品だった。


消費税が付いて〆て12,000円ちょっと。

手頃な価格で大好きなガレットを

いただけるのはホントに嬉しい。

専業主婦の女房も新橋面白かったみたい。


#ガレットはALL500

#名物“フォアグラ茶碗蒸し”も500

#消費税は別

posted by ノムさん at 08:08| 東京 ☀| Comment(0) | 新橋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする